ADMIN TITLE LIST
5月4日、スピリチュアル・ラウンジでのライブは、
実に充実したものだった。
ゴールデンウイークのさなか、雨が降り続く夜に、
ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

セットリストは次のとおり。
1 おいら今やっと
2 スイッチ
3 家路は春の訪れ
4 孤独と絶望の日々
5 三日月の舟

1、2、4曲目は1990年代前半の作品、
3、5曲目は今年になってから取り組んだ作品である。
古い曲は、懐かしいということもなく、違和感もなく、
今現在の感覚のまま楽しんでプレイできている。
ただ、「おいら」という言葉は明らかに時代からずれている。
打ち上げでも、古くからのロック知人である赤井氏から、
「この時代に、自分のことを“おいら”と歌っている人はいない」と、
指摘を受けた。その通りだと思う。
サンハウス、ザ・ルースターズ、ザ・モッズなどの影響を
色濃く受けているからこその「おいら」だった時代の作品である。

実は、この3、4年に作った曲は、「おいら」どころか、
「オレ」も「ぼく」も、意識的に歌詞に入れていない。
なぜなら、一人称の歌詞ならば、「オレ」や「ぼく」と歌わなくても、
誰がそれをやり、誰がそう思っているのかわかるからだ。
それと、入れない方が純粋に詩に近いように思うからだ。
言葉のリズム感やメロディとのノリを考えて入れている曲はあるが、
ごくわずかである。

20120504ライブ1
ライブは、リラックスして気持ち良くできた。
広い音楽業界の中で見れば、実力はまだまだではあるが、
不測の状況における動揺が小さくなり、安定的になってきた。
多少の不備やアクシデントに関係なく、
やるべきことができるようになってきている。
以前よりも音が良く聞こえるようになった感覚もある。

ただ、トークにおける早口はいただけない。
話し始めた都合上、何かの形できちんと終わらせなければいけない
という気持ちから言葉が増え、
一方、あまり長く話すべきではないという気持ちから早口になる。

無人駅ツアーの話、原発停止に思うこと、
すぐに政治家を悪者にする風潮への批判、
札幌市民の甘え、長谷川理恵。
ある意味、ステージの上という普段にはない興奮の中で何かを話し出せば、
様々な話につながっていくのである。

20120504ライブ2
打ち上げでは、「ホテルカリフォルニア」や、
シカゴやユーリズミックスの曲が流れたことから音楽談義となり、
どういうわけかNHKの天気予報士やHTBのイチオシの話で盛り上がり、
あげく、「ミユキ野球教室」のテーマソングや番組内容に関して
議論となったせいで、最終の地下鉄に乗りそびれてしまった。
楽しい誤算の夜だった。

さて、次のライブの予定がない。
夏場は地方の小さなイベントに出演し、
秋になる頃、札幌市内でライブをできればと考えている。
それまでの間、インナーマッスルを鍛えるがごとく、
どこが変わったかわからないけど良くなった。
次のライブではそんなふうに思われるよう、
Good Time Roll
の精神で準備をしていきたい。
サンキュー・ソー・マッチ。
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽





こんばんは。今朝、お会いしましたね。
さて、「NHKの天気予報士」って、朝の方でしょうか。だとすれば、私も非常に気になってます。
【2012/05/09 00:18】 URL | 迷犬チーズ #-[ 編集]

迷犬さん、極めて早い反応ありがとうございます。
おっしゃるとおりです。
これまでラジオでは幾度となく声を聴いていた方でした。
ラジオを聴く限りでは、ほんわかとした優しい口調の
若奥さんのような印象を持っていましたが、
テレビを見てみたら想像したよりもかなり若い方でした。
この方が出演していると聞き、イチオシ派だった私は、
今週月曜日からその時刻になったらNHKを見るようになりました。
後日ゆっくり談義しましょう。
【2012/05/09 00:43】 URL | 本人 #-[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/05/10 13:20】 | #[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.