ADMIN TITLE LIST

ライブが直前にせまった。
今回のライブは、ゴールデンなウイークの真っ只中にやるため、
休養がとれた状態で臨むことができる。
これまでで一番の出来になるはずだ。
そういう気持ちでやらなければ、
観に来てくださる皆様に申し訳ない。

そういうわけで、改めてライブのお知らせを。
日時 201254日(金)
場所 スピリチュアル・ラウンジ(札幌市中央区南2西4)
■料金 前売1,500円 当日2,000円/ドリンク代別途500
■出演 18:30 またたび
       19:05 THE HEART OF STONE
            19:40 feigned jaster the armament
            20:15
鹿野ケンジ
            20:50
3MOON
            21:25
快楽亭ブラック


我々、THE HEART OF STONEの出番は19:05です。
雨模様となりそうですが、ご来場をお待ちしております。

             ◆

さて、4月末の連休に日高方面へ足を延ばした。
目的はJR日高本線の無人駅を訪問することだった。
何年か前から無人駅に魅力を感じ始めた。
おそらく平成18年にデジタルなカメラを初めて購入し、
当時住んでいた留萌管内のJRの駅を、
何の意図もなく闇雲に撮影したのがはじまりだと思う。
そういう意味では、無人駅歴6年ということになる。

何かの拍子に、無人駅訪問が秘かな楽しみになっている、
という話をすると、「それって、なに鉄なの?」と聞かれたりする。
私は、なに鉄にも属さない。
鉄道好きからすれば、極めて邪道である。
完全にレールをはずれている。

まず、無人駅まで、及び無人駅間の移動は、基本的に車しか使わない。
電車自体には特に思うところはなく、
有人駅に至っては訪問をとばしている状態だ。
ただ単に無人駅の風情が好きなのだ。
なぜ、ここに駅ができたのか。
なぜ、現在もここに駅があり、どんな人が利用しているのか。
そんな想像をするのが楽しいのだ。

日高本線は、苫小牧から様似までの約150kmの区間で、
29もの駅がある。
今回訪問したのは、日高門別駅よりも様似側の駅である。
静内、浦河などの有人駅を除いた無人駅は全て訪問した。
これほど海岸沿いに長く線路が敷かれている路線は珍しいだろう。
でありながら、途中、意外に内陸に入りこんでいる箇所もあり、
実に有意義な旅だった。
その中で、特に印象深かった駅について触れたい。

             ◆ 


まずは、鵜苫(うとま)駅。様似駅の二つ手前にある。
1204鵜苫駅1
国道から50mほど山側に入ったところにあり、
駅舎は中学生によるアートで彩られている。
それは取り立ててなんだということはない。
特徴的だったのは、ホーム下の線路だ。

1204鵜苫駅2
どういうわけか貝殻が多数散乱している。
こんな線路はここだけだった。
しかも、200mくらい、こういう状態だった。
意図的に置かれているとしか思えない。
なにゆえ貝殻・オン・ザ・レイルロードなのか。
地元の誰かに聞きたかったが無人だった。

             ◆

続いては、絵笛(えふえ)駅。浦河駅から一駅、静内よりにある。

まず駅名が牧歌的で実に良い。
そして駅周辺のロケーションもまた牧歌的である。

1204絵笛駅1 
駅は国道から4、5km内陸に入ったところにあり、

町道から未舗装の道路を経てたどり着く。
右側に写っているのが待合室である。

1204絵笛駅2
駅のホームに立ち、左を見るとこんな感じで、

1204絵笛駅3
右を見るとこんな感じで、まさに四方は牧草地。
馬が小さく写っている。

1204絵笛駅4
しばらくホームに座っていたくなるような、
長閑で穏やかな風が吹く駅だった。

             ◆

最後にもうひとつ。大狩部(おおかりべ)駅を欠かすことはできない。
1204大狩部駅1
これが駅である。年代ものの待合室とトンネルの重厚感は、
無人駅ならではの醍醐味と言える。

1204大狩部駅2
国道から見ると、砂利道を下った先に待合室がある。
しかし、鎖が張られ、国道からは入っていけない。
また、駅は坂道の国道の影になっており、国道からは見えない。
ここに駅があると知っていなければ気づかないロケーションである。

1204大狩部駅3
ホームから待合室側を見ると、こういう景色。
トンネルの向こうに、民家が数軒あり、
その奥にも広域分散的に民家がある。

1204大狩部駅4
待合室側からホームを見ると、こういう景色。

そう、海が目前で、木で囲って線路を守っているのだ。

1204大狩部駅5
しばし、このシチュエーションを楽しんでいたら、運良く電車がやってきた。

             ◆

2日間の日高本線の無人駅めぐりの中で、
何箇所か電車シーンに出会えたが、
どの便も10人以上乗車しており、意外に乗っているという印象を持った。

また、私のように駅巡りをしている人に4、5人会った。
皆、待合室の中まで、くまなく撮影し、
きちんと電車に乗って移動していく本物の人達だった。
一度会った人に、別の駅でも対面してしまい、
なんとなく気まずい空気になったのもオールライトだ。

無人駅は、私にとっては完全に観光地である。
道の駅よりも様々なものがそこにはある気がする。
無人駅に佇んでいると、時々何か語りかけてくる感じがする瞬間もある。

まさに無人駅はブルースだ。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用





やっと初めてライブを見ることができました。堪能しました。共感しました。
CDリリース楽しみにしてます。
別保無人駅で待ってます。
【2012/05/04 23:51】 URL | 釧路のてつ #yd6NwR0I[ 編集]

お久しぶりです。まさかの無人駅レポに感動。我が空知には廃線がたくさんあります。旧駅舎が個人で、保存会の皆さんで残されております。当然鉄道で行けず、自家用車で廻るのでピッタリかと。栗沢のおとん食堂小鳩ラーメンお勧めします。
【2012/05/06 17:59】 URL | タピオカ鈴木 #-[ 編集]

てつさん、釧路からほんとうにありがとうございました。
次は釧路でライブをできたら最高です。
そして、釧路方面の無人駅も必ずや訪問したいと思います。
ライブが実現せずとも今年は釧路に出かけようと考えています。
今後ともよろしくお願いします。

タピオカさん、コメントありがとうございます。
空知管内の無人駅は、これまで自転車で中途半端に訪問しておりまして、
その中では、森の中の駅「豊ヶ岡駅」が強烈に印象に残っています。
今年はまず浦臼・新十津川間をコンプリートしたいと思います。
空知管内は様々な路線が走ってますし、走ってましたので
奥深いものがありますね。
いい情報がありましたら、よろしくお願いします。
ちなみに恵庭のおとん食堂には4年くらい前に行きまして。
おいしい和風のラーメンでした。
【2012/05/09 00:32】 URL | 本人 #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.