ADMIN TITLE LIST

まずは、次のライブのお知らせを。

■日時 201254日(金)1830スタート
■場所 スピリチュアル・ラウンジ(札幌市中央区南2西4)
■料金 前売1,500円 当日2,000円/ドリンク代別途500
■出演 快楽亭ブラック/3MOON/鹿野ケンジ/またたび/
      THE HEART OF STONE

実はチケット代が安くはないので、観に来ていただける方は、
ぜひ事前に我々に声をかけていただければ思います。
優待できます。よろしくお願いします。

今回のライブも前回と同様、古い曲(1520年前の曲)と最近の曲を
組み合わせたセットリストになるだろう。
ただし、3曲くらいは前回のライブとは別の曲を用意すると思う。

この2年くらいのライブは、ライブまでの調整や当日の状況によって、
良い面も、良くなかった面もあるが、
大きな視点で言うと、ライブをやるたびに良くはなっていると思う。
次のライブは、その前のライブよりも良いものにする。
そういう気持ちを繰り返して活動を続けているのは
悪いことじゃないだろう。
大好きなことと長く付き合っていくには、がむしゃらなだけじゃダメで、
ときに距離を置き、たまに変化させ、ちょっと無理する日々もありつつ、
楽しむことを忘れてはいけない。

そういうわけで、次のライブでは、
また少しの成長を見せられるのではないかと思っています。

よろしくお願いします。

                  ◆

さて、先日まで水泳のロンドン五輪代表選考レースが開催されていた。
それを見ていてふと考えたのが、世界で水泳競技に力を入れている国は、
それほど多くないのではないかということだ。
強豪国は米、豪、ジャパンのほか、欧州の国々であり、
アフリカ、中央エイジア、南米などの国々は、
あまり見かけないイメージがある。イメージだけかもしれないが。

プールは室内にあるが、水泳の原点はやはり海だろう。
なんとなく水泳の強豪国は、圧倒的に海がある国のように思える。
日本は面積的に小さな国かもしれないが、海に面している距離は結構長い。
世界地図を見ていると、アメリカと大して変りないように見えるし、
おそらく世界トップクラスの延長距離ではないだろうか。

ところで、水泳が夏季五輪の種目であることに誰も疑問を持たないだろう。
ただ、室内プールで競技をやるのであれば、冬だってできる。
しかし、そんなことで議論するのは時間が惜しい。
それよりマラソンだ。
マラソンは、夏季五輪の種目でほんとにいいのだろうか。
なぜ30度くらいまで気温が上がる季節にやるのか。
記録とか勝負とか以前に、身体に悪すぎる。

日本では、マラソンや駅伝の大きな大会は、
11月から3月に集中している。
なにせ、ニューイヤーになったその日に社会人の駅伝があり、
その翌日には大学生が箱根の山を登るのだ。
どう考えてもウィンタースポーツである。
ならば、冬季五輪の種目に変更してもいいのではないか。

仮にニセコ冬季五輪が開催されるとしたら、
マラソンは伊達市でやればいい。冬場でも車で2時間だ。
大豪雪地帯とほとんど雪がない地域が車で2時間とは、
北海道はやはり素敵で神秘的なところだ。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.