ADMIN TITLE LIST
9月24日のスピリチュアル・ラウンジでのライブ。
エネルギーをいい具合に注ぎ込むことができて、
充実感を味わいながら気持ち良くできた。

観に来てくださった皆さん、ほんとにどうもありがとう。
皆さんの温かい雰囲気により、
緊張感がありつつ、楽しくできたと思います。
110924ライブ1
セットリストは次のとおり。
1 夏は終わった
2 はかない季節の太陽
3 壊れたままの砂時計
4 Sweet Little Baby
5 ネオン・ボーイ

4曲目の「Sweet Little Baby」は、1992年に作った曲であり、
演奏したのもかなり久し振りである。
少なくとも21世紀になってからは初めてだった。

5曲目の「ネオン・ボーイ」は、
この日共演させていただいた花田裕之先生が所属していたバンド、
ザ・ルースターズのカバーである。
花田さん目的で会場に足を運んだ方なら、
知らないわけがないであろう曲である。
折角の機会なので演奏させていただいた。

とはいえ、花田さんは、このカバーを聴いていない。
会場にいなかったからだ。
おそらく自分の出番まで、宿泊するホテルの一室にて、
「今度はどこへ流れていこうか」などと考えながら待機をしていたはずだ。

また、「今日出演した、ザ・ハート・オブ・ストーンというバンドが、
ネオン・ボーイをカバーしてましたよ」と、
花田さんに言った人もいないものと思われる。

ましてや、ネオン・ボーイの曲紹介の際、
「ボーカルの人が、高校時代にメロンの出荷のバイトをしていて、
メロン・ボーイと呼ばれていたことをモチーフに
柴山さんが歌詞を書いたと話し、苦笑されてました」と
説明した人はいないだろう。

それでも何も問題はない。
むしろ説明された方が問題かもしれない。
どちらでもいい。
花田さんのファンの方々に聴いていただけたことと、
自分達がやりたかった曲を気持ち良くできたことでサティスファイドだ。

花田さんのライブは、相変らずクールながら、
非常にラフな感じだった。
これまで以上に原曲のメロディをくずして唄っていた。
そのせいで一緒に歌おうにも、ことごとく、ずれる状態だった。

そんなことなど、どうでもいい。
様々な状況に置かれながらも、
自分の音楽をずっと続けている方の重みと深みのある
素敵なライブだった。

ちなみに、花田さんは、リハーサル後、
ホテルに戻ったものと思われるが、
ハーモニカやシールドなど、ライブで使うものが、
楽屋に無造作に置かれたままだった。
特に、ハーモニカは、ハーモニカ・ホルダーに挟まったままだった。
そんなところも、実にラフでクールで、
ロックンロールのジプシーだと痛感した。

来年もぜひ北に流れてきてほしい。
そしてまた、あわよくば一緒に出演させていただきたいと切に思う。
110924ライブ2
今回のライブは、安心と興奮と緊張が上手く絡み、
悪かった点を含めても達成感のある出来だった。
高校時代、メロンボーイだった私も、
やっとネオンボーイになれた気がする。

虚脱感があり、次を考える余裕はないが、それはそれでいい。
焦らなくとも音楽は近くにある。
今回のライブでさらに音楽が近づいた気がした。
音楽は今もなお希望をくれる。
そう感じながら日々を過ごしていけるなら、
それは結構幸せなことだろう。
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽





昨日はありがとうございます。釧路ライブせひやりましょう!
【2011/09/29 22:53】 URL | なんくるないさーチャンプルーズてつ #3/VKSDZ2[ 編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/10/02 23:09】 | #[ 編集]

てつさん、コメントありがとうございます。
釧路にライブに行きたいですね。
メンバーのひとりが今年から釧路に住んでいることもあり、
ライブをでないものかと考えることもよくあります。
ひとりでライブに行くことになった場合は、
釧路でも「別れても好きな人」を唄います。

先日は、久し振りのてつさんの訪問のおかげで、
ふさぎがちだった気持ちが開けたような感じがしました。
ありがとうございました。

それから、非公開の方もありがとうございました。
ローゼンフェルンからここにだとり着けるんですね。
当時の人達も結構音楽を続けており、
すごくいい刺激になっています。
【2011/10/03 00:24】 URL | ksw #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.