FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
6月に予定していたライブが中止になったが、
運良く7月にライブをできることになった。

日時:2011年7月16日(土)18時30分スタート
場所:ホール・スピリチュアル・ラウンジ
    (札幌市中央区南2条西4丁目 ラージカントリービルB1F)
出演:JIMONO/1/2/BLACK HAIR/
       アイロニー主義/バトルエンジン/
       THE HEART OF STONE


5月下旬、左足首をくじき、靭帯がのびるケガをした。
医師からは、3週間程度は痛むだろうと診断を受けた。
ケガから12日が経過。
足首をひねってみるとまだ痛むし、腫れもなかなかひかない。
しかし、15分程度なら全く普通に歩けるようになった。
毎日少しずつながら回復しているのを実感している。

ただ、走ることはできない。
正座もできないし、胡坐もかけないので床に座れない。
長く立っていると、左足の様々なところが痛んでくる。
あと10日程度、肉体的にはおとなしく過ごさなければならない。

先週末、バンドの練習をした時は、ケガから5日しか経っておらず、
足首を曲げたり、踏み込んだりすると、激痛が走る状態だった。
しかし、ケガをしていても、音楽活動はハートを熱くする。
演奏をしているうち、ケガをしていることを忘れ、
ギター・ソロの後、いつもの感覚でエフェクターのスイッチを
踏んでしまい、激痛が走って、呼吸が乱れ、
その後まともに歌えない場面もあった。
にもかかわらず、ギターの演奏だけは無意識のうちに続けており、
身体を切断されても動き続けるヘビのようだと思った。

ケガによりアウトドアな行動が制限されている。
しかし、それによって、ギターを手にする時間が増えた。
特に目的はないが、なんとなく楽器店に行くことも増えた。
どんな音がするのだろう、自分に似合うだろうか。
そんなことを考えながら、ギターを見ていると実に癒される。
アンプやエフェクターを見ていても気持ちが落ち着く。

この程度のケガなど、大したことじゃない。
日常、もっと厄介なことがいくつもある。
しかし、音楽が助けてくれる。
音楽によって自分の周りを変えることはできないだろうが、
音楽によって自分は変わったし、変わらずにいられる。
音楽に対する気力が充実している。
いいライブになるはずだ。
スポンサーサイト




テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.