ADMIN TITLE LIST
8月12日の夜から、ブログの記事が表示されないという
不具合が発生した。
ブログのサーバに記事は保存されているのに表示されない。
環境設定を何度も確認したり、新たに記事を書き直してみたり、
色々と試してみたが表示されない。
タイトルは表示されるし、コメントもできるのに、
記事の本文が表示されない。


この状態が16日夜まで続いた。
ブログができなくとも、生活が壊れるわけではないし、
むしろ、ブログに束縛されるようになってはいけないという
スタンスで付き合ってきたつもりだ。
ところが、いざブログが使えなくなったら、結構なストレスを感じた。

極端に言えば、ブログを更新できないことで、
生活が止まってしまったような錯覚に陥ったし、
非日常的な感覚になった。
発信できなくなる怖さみたいなものも感じた。

気づかぬうちに日常は、ブログに支配されていたのかもしれない。
コミュニケーションを支えているのはブログであり、
ブログ以外のコミュニケーションは何なのかと考えたら、
すぐには思い浮かばなかったほどだ。
改めて人間としての幅が狭いことを痛感した次第。

そういう意味では、今回のブログ不具合騒動は、
生活を見直す機会だったともいえる。
と同時に、記事を書くのが非常に億劫な日もあるが、
一切できなくなると、失くした寂しさが募ることもわかった。
まるで、長くなあなあ状態にある夫婦関係のようだ。

こうしたブログ不具合病の中、
どこか気持ちが晴れないまま過ごした2010年の盆。

盆が来るたび思うことがある。
中高生は、盆でも部活をしなければならないものか。
そこまでする必要があることなのか。
盆の2、3日くらい部活を休みして、
盆とは何たるか、盆のあるべき過ごし方を考えさせた方が、
よっぽど教育になるのではないか。

親の実家に家族で行きたくないから、
盆に部活があることを歓迎する生徒も多くいるだろうとは思う。
その気持ちはわかる。
ただ、部活が言い訳に使われている気もする。
「部活で忙しいから」というのは、
絶対的な理由ではなく、相対的なものではないか。
つまり、墓参りよりも部活を優先させているだけの話である。
この傾向は、
間違いなく盆文化を崩壊させる。

嘆くべき状況だ。

それと、もうひとつ言っておくぜイェイ。
ここまでの私の主張は、
ブログの不具合だけで、相当に動揺し、
予想外のストレスを感じた
哀れな中年の主張だけに、
説得力も重みもないぜロック・ミー。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.