ADMIN TITLE LIST

2010年8月7日、留萌でライブに出演した。
空は雲だらけ。
時折、小雨がぱらつく状態の中、ライブを迎えた。

詳しい話は事前に聞いていなかったが、
このライブは、開運だるま通り商店街振興組合主催の
「だるま・ふれあいフェスティバル」という、
心をくすぐるようなローカル色の強いイベントだった。

↓ライブ前の準備。左から、私、ミチ(B)、オダ氏(Dr)、TNK(G)
100807留萌2
演奏した曲は次のとおり。
1 見慣れた街を抜け出して
2 壊れたままの砂時計
3 新しいギター
4 空を見上げた昼下がり
5 洗車のブルーズ
6 さよなら電車
7 心配いらないぜ
8 あてのない旅

かなり久し振りの野外でのライブ。
しかも、念願だった留萌でのライブ。
緊張感はなく、落ち着いていたが、
静なる興奮状態にあった。

そして何より、自然と開放的な気分になった。
それが、普段のライブでは決して語ることのない、
シモネタ連発のMCにつながったかもしれない。
とはいえ、MCの内容は、曲紹介と留萌にまつわる話が中心で、
これまでのライブで最もトーク時間が長かった。

100807留萌1
演奏も、非常に楽しんでできた。
余計なことを考えることなく、
夏の真っ只中に、留萌でライブをやれている嬉しさを
かみしめながらできた。

至らない点も含め、実力どおりの出来だったのではないか。
ミスをしようが、それも呑み込んで楽しめる。
そういう意味では、この半年の間に、
バンドとしての普段力、というか、安定感が増したと思う。

100807留萌4
出番が終わり、引き続き出演したバンドのライブを観ながら、
会場で打ち上げ。
その後、飲みに出かけたのだが、
この日は、留萌の夏の最大イベントである「呑怒(どんとう)まつり」の
あんどん行列が行われており、
威勢の良いかけ声や、きらびやかな幾つもの山車に引きずられるように、
メンバーみんなで、しばらくそれを見物していた。

不思議なものだ。
身近な街で、こうした祭りの行列があっても、
まず見に行くことはないし、行ったとしてもすぐに飽きるであろう
メンバーのはずなのに、どういうわけか、
ただ何となく、流れていくあんどん行列を見ているのが心地よかった。
メンバー同士で、ほとんど会話をすることなく、ただ見ていた。
終始、小雨がぱらついていたにもかかわらずだ。

100807留萌呑濤まつり
離れた土地に来たことによる、夏の夜のマジックなのだろうか。
あんどん行列を長時間見物する自分に驚いた。
と同時に、呑怒(どんとう)まつりは、
留萌の夜が一晩だけ別物になってしまう特別なイベントなのだと
感慨深い気持ちになった。
それにしても、留萌に住んでいる時も思ったが、
祭りになると、留萌にこんなに人がいたのかと驚く。

メンバーとの飲み行為が終わり、店を出ると、
いつものように静かな夜だった。
すごく良い感じの、祭りの後の静けさだった。

留萌でライブができて、ほんとに嬉しかった。
この話をつないでくださったFMもえるに、
そして、ライブを仕切っていた金谷さんに感謝です。
ありがとうございました。

久し振りに会った方も何人かいる。
そんな方々の多くが、「おかえりなさい」と言ってくれる。
こういう地域は、私にとって留萌だけだ。
性別や年齢や職業などに関係なく、そう言ってくれる人が多い。
ある種、留萌に根づいている文化なのかとも思いつつ、
ほんとに有り難い気持ちになる。

翌朝、留萌の空は晴れていた。
海が近いことを感じさせる、すっきりとした、
留萌らしい夏の空が、とても心地よかった。
このまま帰るのがもったいないなと思った。
しかし、そんな寂しさが微妙に心地良かったりする。
良い旅だった。

スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽





絶対に、必ず…行きたかったのですが。
どうしても、こうしても、行けませんでした。
残念。。。無念。。。

あれも、急遽のことで。
私も呑涛祭り、一応参加させていただいていたのです。
本当に…留萌ってこんなに人がいるのか、と行燈の上からたくさんの方々を見ていました。

また留萌凱旋ライブをお待ちしております。
【2010/08/12 21:43】 URL | yoshimi #-[ 編集]

yoshimiさん、どうも。
そうですか、見に来られませんでしたか。
きっと次の機会があるでしょう。
留萌でのライブは念願だったので、
ライブをしながらも、打ち上げでも、翌日帰るときも、
なんともいえない感慨がありました。

留萌ライブ直前の1週間は、体調を崩さないようにだけ気をつけ、
おとなしく淡々と過ごしていたのですが、
ライブ翌日以降、予想外に疲れがあり、
心身ともに、留萌ライブに向けてエネルギーを使っていたのだと思いました。

留萌ライブの翌日に、和寒の「塩狩峠」に行きました。
8月13日の記事では、そのことを延々と書いていますが、
ブログの何が悪いのか、記事の文章と写真が
全くアップされない状態になっています。
同じ症状のブロガーがほかにもいるようです。
参りました。

タイトルしかアップされていないので、
その理由を説明する短い記事を次に載せようとしたら、
それもまた、文章が全くアップされなかったので削除しました。
困ってしまいました。

話は戻って、呑涛まつりの景色は良かったです。
率直に、正直に言うと、留萌にいた頃は、
いまひとつ魅力を感じないイベントだったのですが、
今回は、いいもんだなと、しみじみ感じました。
今度は秋にでも留萌旅をします。
【2010/08/13 17:20】 URL | クグエSW #-[ 編集]

 呑濤まつり、懐かしいですね。
 ランバード藤田が青いはっぴを着て職場のあんどんを
ひいて練り歩いていたことを思い出します。

 そこで人妻なぞかけ。
「祭り終了後のやん衆パレード参加者、とかけまして
 SEXと解く。」
「その心は。」
「どちらも“疲れ果てます(突かれ、ハテます)”。」

 夏は恋の季節、みなさん、ハテましたか。
【2010/08/18 14:31】 URL | カルパッチョ田中 #-[ 編集]

コメント遅くなりましたが、留萌ライブお疲れ様でした!

ライブのビデオですがPCが不調でDVDに焼けません!

データCDにしましたので、近日中に送ります!
【2010/08/18 20:28】 URL | D・H・T #-[ 編集]

カルパッチョさん、コメントありがとうございます。
久し振りのやん衆パレードは、当時よりも魅力的なものに目に映りました。
不思議なものです。

今回の謎かけは、ますますシャープになり、キレが増していますね。
それにしても、「突かれ」って…。
女性の立場からのストレートな文言を使用していることに感動です。
午後2時台に、こんなに素敵な謎かけを投稿していることにも、
大きな価値があります。
ありがとうございました。

D・H・Tさん、留萌ライブの際は、お世話になりました。
CDまで、ありがとうございます。

余談ですが、チューオースーパー本店のお総菜は、
私が今までに食べたスーパーのお総菜の中で、
最も美味しいと、留萌にいた頃、思っていましたが、
今回訪問し、その見解に間違いはなかったことを確認しました。

次は、自転車で行くか、登山目的で行くか、
また、よろしくお願いします。
【2010/08/19 00:57】 URL | クグエSW #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.