FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
しくじった。
怠惰な冬の飼い猫のように週末を過ごしたことが原因だ。

前回の記事「青いノートとピンクのペン」に関して、
マキシさんとタピオカ鈴木氏からコメントをいただいた。
マキシさんのコメントは5月22日の夜。
タピオカ鈴木氏のコメントは5月24日の夜にいただいた。
この二つのコメントの間は、丸二日あった。
その二日間、私は自らのブログを見なかった。

二つのコメントを発見した私は、
5月25日の午前1時にコメントをお返しした。
これが、トホホな事態を招いた。
私が返したのは、このブログにおける通算1,000個目の
コメントだったのだ。

せっかくの区切りの数のコメントであったのに、
不粋なセルフ・プロデュースをしてしまったかのようである。
本来あるべき順序は、マキシさん TPOK鈴木氏であり、
TPOK鈴木氏が、1,000個目のコメンテーターに
なるのが道理だったのだ。
ハッピーバースデイ・トゥ・ミーみたいな状態になり残念だ。
私のエラーによって、勝ち投手の権利を得ていたTPOK鈴木氏の
勝ちを消してしまったような心境だ。


それはそれとして、コメントが1,000に達したのは、
実にありがたいことである。
そのうちの半分近くは私のコメントだが、それはそれでいいだろう。

さて今回はスープカレー。
よろしくどうぞ。

■ZORA/ジャークチキンカレー 950円
札幌市中央区大通西8丁目 北大通ビルB1)
zora/店
ヤマダ電器近くの、飲食店が存在するとは思えない、
いかにもビジネスチックな狭いビルの地下にある店。
ちなみに、この店の隣は、大人気ラーメン店「千寿」である。

これまで二回訪問している。
二回とも、店内はジャック・ジョンソンの曲が流れていた。

トマト+玉ネギのテイストが前に出た、ややとろみのあるスープ。
甘めながら、コクは良い意味で抑えられており、さらりとしている。
ガツーんとくるタイプではなく、スパイス感も異国感も薄い。
しかし、野菜の旨みが引き出され、柔らかい味わい。
玄米をやや炒めかのようにパリっとした感じのライスや、
地下カフェっぽい雰囲気も相俟って、
なんとなく女性ウケするのかも、と思えた。
なお、量はライスもスープも少なめ。

zora/チキン
オーダーした「ジャークチキン」とは何たるかが、わからなかったが、
メニューの一番最初にあり、「オススメ」と書かれていたのでチョイス。
私の感覚では、形も味も、大ぶりな焼き鳥に思えた。
カレーのスープに入れないで、焼き鳥として食べたい気がした。
そう、こちらのカレーは、スープカレーというより、
カレースープに具を入れたような感じである。
紫というより赤と青というか、
ライオンキングというより、ライオンと人みたいな。
このニュアンスを、なんとなくわかっていただければ幸い。
わかっていただけなくても、
誰も不幸にはならないのでオッケイオーライ。

■LEGON/パリパリチキン(880円)+辛さ7番(70円)
札幌市西区西町南18丁目
LEGON/チキン
私の味覚では、塩気の強いスープに感じました。
チキンは、ほぐれるタイプではなく、唐揚げ的でありました。
見た目も具も、まとまりがあったと思います。
ただ、今思い出すと、塩気が強かった印象がまず最初にくるのです。
塩気を凌駕する、何らかのクセが欲しい気がしました。

LEGON/店
こんなレヴューしかできず、申し訳ありません。
上の写真をご覧ください。
車の上に雪が見えます。
そう、訪問したのは2月の始め。
既に3か月以上、経過しているではありませんか。
味のメモリーが崩壊しかかっているのです。
恐縮です。


■万屋マイキー 光星店/やわらかチキンレッグ 850円
札幌市東区北11条東6丁目 東区役所裏)
万屋マイキー/店
札幌市東区役所の裏の地味な通りにある店。
目立たない通りだけに、この店は目立つ。

トマトベースのスープながら、クセがなく、すっきりしている。
それでいて奥行きがあり、ライスが進む。
スープは熱々で、量も多い方だろう。
辛さがシャープなのも嬉しい。
個人的には好きなタイプのカレーである。

万屋マイキー/チキン
チキンは、ほんのり正油味がする柔らか系。
野菜も普通に美味しく食べやすい。
ライスは少なめ。
成人男性の夕食としては足りない感じがするだろう。

見た目は、もたつきがある感じだし、強烈さもないが、
しっかりとしたキレがあるのは魅力的。

個人的には好きなタイプのカレーである。

■キッチン・ファームヤード/チキン 1,100円
由仁町西三川 JR三川駅から2kmくらい奥地)
ファームヤード/店
まず場所だ。
由仁町の南側にある小さな集落「三川」。
国道234号線から1.5kmくらい奥に入った、
周りは畑だらけのようなところにある。

そうした奥地に、ひっそりと存在していながら、
土・日は、車でいっぱいである。
店そのものよりも、車の数で、そこに店があることに気づく。

日曜日の13時頃に訪問。
席に着くまで、8組くらいの待ち客がおり、30分くらい要した。
客層は老若男女、幅広い。
知ってる人には、よく知られた店なのだと妙に感心。
とともに、カレーへの期待も高まった。

メニューは、「チキン」とは別に、「チキンスパイシー」というのがある。
チキンスパイシーの欄には、「スパイスとコクが増す」と書いてある。
価格は、スパイシーの方が100円高い。

「チキン」は正直、スパイスとコクが弱い、というより、
これはカレーなのか?と感じるほど、野菜スープに思えた。
辛さも「大辛」をオーダーしたが、ほとんど辛さを感じなかった。
迷いなく、辛さを「激辛」に変更できないかと申し出た。
すると、辛みスパイスを持ってきてくれた。
それを入れることにより辛さは増したが、
深みに乏しく、パンチ力アップとはならず。

ファームヤード/チキン
しかし、野菜が豊富である。
種類、量とも多く、また、油をあまり使っておらずヘルシー。
ライスの量も多め。
サラダもついてくる。
私は満腹になりました。

それにしても、このような場所にしては、高い集客力である。
長閑な田園風景と、落ち着きのある洋風レトロな店内。
そして、野菜の甘みのある優しいスープ。
女性ウケしそうな要素は揃っている。
ただ、
札幌市内にこの店があったら、行列ができるだろうか。
そんな私の戯言など、どうでもいいだろう。
高い集客力が、全ての答えだろう。
スポンサーサイト




テーマ:スープカレー - ジャンル:グルメ



















管理者にだけ表示を許可する



CD 邦楽【中古品】CAFE JAPAN [CD] 玉置浩二/玉置浩二 JAN 4988009330228規格番号 SRCL3302商品コード 678082 【BD】商品価格:1,280円レビュー平均:0.0 玉置浩二・青田典子と熱愛報道の日刊スポーツは玉置をつけねらってるんですか? 玉置浩二・青田典子と熱?... 話題の芸能ネタをぴっくあっぷ♪【2010/05/26 01:47】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.