ADMIN TITLE LIST
前回は、東京へ行ったという記事を書いたのさ。
東京へ行ったというより、
東京でラーメンを食べたという記事だったね。

その日の東京は、最高気温が10度。
札幌と変わらない気温だったのさ。
けれど、札幌とは違う温かさがあった。
きーんとした震えるような寒さじゃなかったのさ。
それに、木々の緑が豊富で、桜も普通の顔して咲いていた。
全く、東京は春だったね。
吉田拓郎ぶるつもりはないが、春だったね、東京は。

予約した帰りの航空便は、羽田発19時55分だった。
仕事が終わったとき、その時刻までは多少の余裕があり、
多少、必死になれば、1本早い18時45分の便でも、
「まに合うかもしれない」という状況だった。
(吉田拓郎氏には、「まにあうかもしれない」という名曲もある)

1本早い便で帰るには、予約待ちという賭けに出なければならない。
どの程度の混み具合なのかはわからなかったが、
1時間程度早く帰ったところで、オレの未来は何も変わらないと思い、
同行していたM越(エムコシ)氏に、
「ちょっとぶらついて、予定通りの便で帰るぜ」と意志を伝えた。

それに対してM越氏は、18時45分の便にトライすることを宣言。
M越氏は、昨年も一昨年も、年に何度か東京に来ていた。
そんな彼の思いを推測すると、こんな感じだ。

「東京には、もはや俺の夢っていうか、マイ・ドリームはないんだよ。
 夢を見なけりゃ、夢は実現しない。それはわかる。
 でも、東京じゃなくても夢は見れるだろ。
 
 サッカー・ワールドカップのトロフィーが、
 世界の国々をまわって一般公開されている。
 ちょうど今、日本で公開されている。
 あれに触ることが許されているのは、
 ワールドカップの優勝チームメンバーと国家元首だけなんだよ。
 日本じゃ、鳩山総理だけってわけ。

 俺達がこれから、そのトロフィに触るチャンスを考えてみなよ。
 ワールドカップの優勝チームメンバーになるより、
 日本の総理になる方が、まだ可能性はあると思うんだ。
 ワールドカップの優勝チームメンバーになるのは、可能性ゼロだろ。
 そこには、俺の夢っていうか、マイ・ドリームはないんだよ。

 だから俺は、1本早い便で帰る。
 わかってもらえるかい?」

そういうわけで、M越氏は早い便にトライするため羽田に向かった。
私には1時間近くのフリータイムが生まれた。
1時間でできることは何だ?
吉田拓郎ぶるつもりはないが、原宿ペニーレインでバーボンを
飲んでいる余裕はない。
私は悩んだ。
ということは全くなかった。
即座に、東京タワーへ行こうと決めた。

これまで東京タワーに行ったことはなかった。
なぜなら、これまで東京タワーに行きたいと思ったことがなかったからだ。
ところが、なぜだろう。
この1、2年、東京タワーに行ってみたいと思うようになった。
次に読む予定の小説もリリー・フランキー著の「東京タワー」だった。

ただ、東京タワーまでの距離感がわからなかった。
もちろんガイドブックなど持ち合わせてはいない。
そこで、通りすがりの本屋でチェック。
浜松町駅から余裕で歩いて行ける距離にあることを確認。
小雨そぼ降る中、傘もささずに、歩いて東京タワーへ。

100423トウキョウタワー
まずは外観に感激。
これが幾多の曲や小説の題材になった東京の象徴なのかと
感慨深いものがあった。
裏通りのような坂道の途中に存在していることも刺激的だった。

早速、中へ入り、高速エレベーターに乗る。
エレベーターの中は、私以外は皆、インド人の団体客だった。
エレベーター・ガールが、カタカナ英語で
インド人と気さくに話していた。
会話の中で、「タージ・マハール」という言葉を聞き取った。
日本には、田島ハルさんという人が何人かいるだろうなと思った。

100423トウキョウタワーから
エレベータを下りると、東京の景色が目の前に。
驚いた。
ていうか、驚いたぜ、あまりに見えなくて。
雲なのか、霧なのか、かすんで、ぼやけて、どうにもならなかった。
それでも、東京タワーに登ったという事実に、
それなりの胸の高鳴りはあった。

「全くどうなってんだよ、景色が見えねえじゃねえか」と、
歯に衣を着せないことを言う気持ちにはならなかった。
「あまり景色は見えないけど、ほんとに素晴らしい。
 ワオ!TOKIO!ビバ!ホーム」などと、
歯が浮くようなことを言う気持ちにもならなかった。
「見えないっていやあ見えないけど、
 見えるっていやあ見えるかな、みたいな」などと、
奥歯にものがはさまったようなことを言う気持ちにもならなかった。

強いて言えば、治療したその日の夜に、
かぶせた歯がとれてしまったような状態だった。
つまり、二つの意味で、しかいが悪かった。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.