FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST

1週間ほど前のこと、ふと気づくと、
テレビから斉藤和義の曲が聴こえてきた。
聴いたことがない曲だった。
そして、画面を見てみると、
ユニクロの「コマーシャル・メッセージ」、略して「CM」だった。

思えば、ここ1、2年のユニクロCMは、
非常にセンスのいい人選をしている。
昨年は、イッセイ尾形氏や永瀬正敏氏が起用されたり、
トータス松本氏や山崎まさよし氏が起用されたこともあった。

今、流れているのもいい。
加瀬亮をチョイスしたセンスは素晴らしい。
そして、大森南朋&麻生久美子さんバージョンは、
私のために選んだと言っても過言ではない最高の組み合わせである。
(大森南朋については10月27日のブログで飲みに行きたいと触れ、
 麻生久美子さんについては、8月26日のブログで絶賛)

大森南朋は、「この人を主演にして映画をとりたい」部門の№1である。
映画「ヴァイヴレータ」は、
寺島しのぶ氏ばかりが評価された感が否めないが、
大森南朋が素晴らしかった。
映画の中での演技なのか素なのかわからない言動は、
ストーリーも忘れさせるほど引き込まれた。

最近では、NHKの連続ドラマ「ハゲタカ」での好演が光る。
クールだが、どこか暖かみのある演技をさせたら絶品である。
ただ、この方、出演している映画作品が多く、見るのが追いつかない。
そして、出演作が多いわりに「ちょい役」が多いのだ。
けれども、そういうスタンスで仕事をしているのも好感が持てる。

そして、麻生久美子さん。
少しやせ気味である以外、女の人として申し分ない。
この方の良さを確信したのは、意外にも映画「アイデン&ティティ」である。
2003年にシアター・キノで観たのだっただろうか。
「アイデン&ティティ」は、
私の心に残る映画ベスト5にランクインするほど愛すべき映画である。
そういえば、「アイデン&ティティ」には大森南朋も出演していた。

麻生久美子

麻生久美子さんも、テレビドラマにはほとんど出演しないが、
映画出演が多い。全く見るのが追いつかない。
そのわりに、代表作というものがまだ存在しない方である。

「時効警察」におけるコミカルな演技は悪くはない。
しかしそれより、寂しさや切なさ、
そして、その中にある小悪魔的な部分を表現させたら、
非常に良さが出る方である。

そう考えると、ユニクロCMにおける大森南朋&麻生久美子さんは、
二人それぞれの最も良いところを切り取って30秒に凝縮した傑作である。
ユニクロのホームページから、
このCMが見られることを先ほど知り、もう何度も見てしまった。
このCMで流れている曲まで、いいなぁと思えてきた。

で、話は最初に戻るが、斉藤和義の曲がユニクロのCMで流れている。
ところが、大森南朋&麻生久美子さんバージョンではなく、
斉藤和義の音楽的ジャンルはフュージョンではなく、
少年隊の仮面舞踏会は「迷い込んだイリュージョン」である。

再度話は戻るが、斉藤和義の曲が流れているのは、
加瀬亮バージョンと香椎由宇バージョンである。
顔は似ていないのに、加瀬亮と西島秀俊がごっちゃになる時、
自分は年をとったと感じるが、このCMもいい。
斉藤和義の「かすみ草」という曲が流れている。
「愛に背丈があったなら 君を見上げてしまった
 今すぐ舟を漕ぎ出せば まだ間に合うって言ってほしい」
なんていうフレーズがある、センチメンタルだけど未来を見ている曲である。
CMのドラマ性に非常にマッチしている。

もともと斉藤和義の曲は、景色が見えるものが多い。
というか、景色が見える歌詞を書ける人である。
そして、景色だけではなく、季節が見え、
さらには人物を描ける人である。
改めてミュージシャンとしての斉藤和義の実力を感じる。

この「かすみ草」を含む彼のニューアルバム「I LOVE ME」が、
10月17日にリリースされた。
のど飴のCMで流れている「愛に来て」も収録されている。

I LOVE ME

斉藤和義の持つ素朴なアコースティック感と、
ざくっとしたロックテイストがバランス良く織りまぜられた
実にナチュラルなアルバムである。
全体的に70年代のアメリカのフォーク・ロック的な香りがする。

そういう意味では、非常に「らしい」作品が並んでいる。
そのため、「すげぇ」とは感じないが、「やっぱりいいねぇ」と思える。
安心感と安定感があるため、聴き心地が良く、気づくと聴き終わっている。
そんなアルバムである。

ところで、ユニクロという言葉で思い出したが、
「ユニセックス」という言葉がある。
雑誌などで目にするが、実際に喋っているのを聴いたことがない言葉である。
その意味では、「ギャフン」と言っている人を見たことがないと同じである。

店員に「これは男女どちらでも着られます」ではなく、
「これはユニセックスで着られます」と言われたらどうだろう。
思いがけず縄文時代の陶器を見つけた時のように、「ドキッ」とすると思う。
会話として使えない言葉である。

さらに熟考していくと、
ユニセックスではない場合は、「ユニセックスレス」というのか?と

強引に疑問を持ちたくなる。

また、仮に「ユニセックス」の「ユニ」の部分を「由仁」と書いたとしたら、
由仁町の人は、いい気持ちがしないだろう。
しかし、「由仁の”まちおこし”は何ですか?」と聞かれたら、
あえて、「ユニセックスです」と答えるのも悪くない。
こうした意外性や馬鹿馬鹿しさの中にこそ、
地域活性化のヒントがあり、真実がある。

いや、ない。
余談だが、由仁町にある温泉「ユンニの湯」の「ユンニ」という言葉も、
ギリギリだと思う。

話が脱線し続けそうなので、今日のタイトルを意識しつつ、
この辺で、「ぼちぼち」終わることにします。

スポンサーサイト




テーマ:CMの話題 - ジャンル:テレビ・ラジオ





後半部分にはあえて触れずに(と言っている時点で触れているのかも知れませんが…)、ユニクロのCM良いですよね。
あ。CMソング。工藤慎太郎の「君を想う」(カシミアのシリーズのときの)も良いと思いましたが、購入して聴こうとまでは思わず…
最近気になるのは、秦基博(はた・もとひろ)の「鱗(うろこ)」という曲が「いいねぇ」と思いますよ。
ロック・ミー・ベイベーな感じじゃないかもしれませんが、なかなか良いと思います。
ではでは~。
PS:悪人、読んでみます。やっぱり文庫本は手汗で本がぐにゃぐにゃになります。
PS2:退院した母は以前よりも元気です。
【2007/11/05 17:25】 URL | yoshimi #-[ 編集]

吉田修一の「悪人」は、
読み始めたらやめられなくなります。
ストーリーも、心の描写もリアルで、
ノンフィクションを読んでいるような気がしてきます。

ただ、性的描写もリアルで、
しかも、そういう箇所が意外に多く、
こんな私でも、ちょっとひきます。
まあ、そういう部分も含めて、読み応えのある作品です。

このブログを書いてから、
なぜかテレビでユニクロのCMを
ほとんど見なくなりました。
ユニクロのCMは短期間で集中的に流しているのか?
【2007/11/10 09:38】 URL | クグエSW #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.