ADMIN TITLE LIST

気づいてみると、ザ・ハート・オブ・ストーンのライブまで、
あと4日である。
改めて、ライブのお知らせを。

月日 2010年2月11日(木・祝日)
時間 OPEN 18:00 START 18:30
場所 スピリチュアル・ラウンジ(札幌市中央区南2西4)
出演 BLACK VELDT GONER
    BETTER

    黄金クリムゾン(帯広)
    山岸大輔
    THE CHEVY
    THE HEART OF STONE
料金 前:1,000円 当:1,500円

ザ・ハート・オブ・ストーンの出演は2番目。
出演時刻は19時予定です。
新しいアルバム「雨の交差点」から5曲を演奏します。
当日、会場において、「雨の交差点」を発売します。
チケットをご用命の方は、ぜひご連絡を。
よろしくお願いします。

さて今回は、ブック・レヴュー。
5冊を紹介。
よろしくどうぞ。

■樋口明雄「約束の地」
樋口明雄/約束の地 
私の選ぶ2009ブック・オブ・ザ・イアでは第1位を獲得した作品。
2009年の最後に読んだ作品であったことから、
個別のレヴューよりも、ブック・オブ・ザ・イアが先になってしまった。
そこで、改めてご紹介させていただく。

山梨県の八ケ岳に赴任した、環境省のキャリア官僚。
仕事は、畑などを荒らすクマやイノシシを山に返し、
人間と動物がきちんと棲み分けられる環境を作ること。
クマ等は薬殺せずに、センサーをつけて山に返し、
山のどこに棲息しているかの調査なども行う。

しかし、役所のそうした取組は、地元民に受け入れられない。
被害を受けた農家は、クマを射殺してほしいと思い、
狩猟免許を持ったハンターは趣味的に乱獲する。
それに抗議する動物愛護団体。
さらには、山にあるごみ焼却施設の環境汚染、それを隠蔽する市長、
大人同士の不和に起因する小学生同士のいじめなど、
問題が複雑に絡んでいく。

非常に面白かった。
516頁の長編ながら、ぐいぐいと引き寄せられ、全く飽きない。
環境保護と人間のエゴを描いた読み物としても面白いが、
メディアであまり語られることのないリアルな問題を、
わかりやすく表しており、勉強になるなあと。

野生動物、人間、自然の共存。
そのあり方を、役所、動物保護団体、狩猟団体という主張の違う
それぞれの視点から描いてだけではなく、
動物視点でも描いているのが、ストーリーに深みを増している。

この作品は映像化しても面白いだろう。
映画ではなく、NHK土曜夜9時枠がぴたっときそうだ。
問題は、クマやイノシシとの格闘シーンだろう。
主人公は大沢たかおで決まりという感じだ。

物語を豊かなものにしたのは、自然や動物への愛、
そして、家族愛が底流として常に存在したこと。
読後感は清々しい。

■東野圭吾「新参者」
東野圭吾/新参者 
「このミステリがすごい」第1位、「週刊文春傑作ミステリー」第1位と、
圧倒的な強さを見せた、2009年の日本のミステリ小説の代表作。
ただ、私の選ぶ2009ブック・オブ・ザ・イアでは第3位と、
惜しくも3冠を逃した。

2009年中に読まなければと、年末の押し迫った時期に
読み終えたことから、前記の「約束の地」と同様、
個別のレヴューよりも、ブック・オブ・ザ・イアが先になったことから、
改めてご紹介させていただく。

東野作品でお馴染み、加賀恭一郎刑事の事件簿的な作品。
東京・日本橋で起こった、40代女性の絞殺事件。
捜査のために、日本橋の老舗を次々と訪問。
それらの店における家庭の事情などを、人情話に料理しつつ、
次第に事件を解決していく。

ほんとによくできた作品。
削って、削って、わかりやすい文章にしたのだと感じる、
平坦ながら厚みのある文章はさすが。

構成力が素晴らしい。
異なる店での出来事がつながって、事件の全容が見えてくる。
仕掛けの配置が絶妙で、最後にはすっきりと腑に落ちる。
あまりに完成度が高く、ひっかかりがないため、
逆に心に残りにくいという、おかしな弊害も発生するほど見事。

ただ、本書は、いわゆる連作短編である。
短編が連なって、長編的な結末を迎えるのだが、
連作であっても、やはり短編なのだ。
短編ごとに気持ちがニュートラルに戻ってしまうため、
せっかくの熱気が、やや途切れがちになったのが残念。

ほんとによくできた作品。
すっきりと上手すぎて、逆に心に残りにくいという、
おかしな弊害もあるほど完成度の高い人情ミステリー。
東野作品の凄さを再認識した。
この2、3年、東野作品は、ほとんど読んでいなかったのだが、
やはり、毎年何かの作品は読んでおくべきだなと。

■大沢在昌「罪深き海辺」
         大沢在昌/罪深き海辺 
大沢在昌氏の2009年リリース作品。
東京から2時間程度のところにある海辺の小都市において、
第三セクターが運営するリゾートホテルを巡って、
大地主、市の有力者、暴力団らの利権争いを描いている。

大沢氏らしい、密度の濃い人間描写と、
過不足のない詰められた場面設定によって、
ポイントを絞り込んで、ぐいぐい引っ張られ、
どんどんと読まされてしまう。
特に、暴力団員のキャラの使い分けは、やはり巧い。

ストーリー自体は、殺人事件のタイミングや、
人のつながりのミス・リードのさせ具合などが絶妙。
誰がほんとの悪なのか、誰が騙し、誰が騙されているのかの
スリル感を楽しめ、504ページという長さを感じさせない。

真相は陰湿な内容ではある。
しかし、テンポが早いせいか、良くも悪くもライト感覚になっている。
そう、良くも悪くも、である。
読みやすいのだが、次々に起こる出来事の動機が弱いような。
また、後半、人のつながりがごちゃついたせいで、
犯人判明の際の衝撃が小さくなったのも残念。
オチも、やや強引かなと。

主役である定年間近の男性刑事が、
自分のことを「あたし」と表現していることも、
オカマっぽいイメージが拭えず、どこかしっくりこなかった。
とはいえ、安定した大沢ワールドを楽しめる佳作である。

■桐野夏生「東京島」
桐野夏生/東京島 
桐野夏生氏の2008年リリース作品。
船旅の途中、嵐に巻き込まれるなど、それぞれの事情により、
沖縄の南方、台湾あたりと思われる無人島に住みついた男31人と女1人。
そんな男女32人の無人島での数年間を描いている。

無人島という自由なのに不自由な、
開放的な空間なのに閉鎖的な人間関係の中で、
派閥ができ、争いが起こったり、理性が壊れ、野生化していく。
基本的に汚れている。
フィジカル面でもメンタル面でも汚れている。
追いつめられ、精神がずたずたになり、変貌していく様は怖い。

内容は、シリアスでグロテスクである。
しかし、肌触りは結構コミカルである。
どろどろしており、気持ち悪くもあるのだが、
全体として、あっけらかんとした感じがする。

例えば、島にある自殺の名所の「サイナラ岬」というネーミングは、
安直ながら最高。
また、空腹になって、一番に食べたいと思ったものが、
イチゴジャムを塗った山崎製パンの食パンだったりと、
妙にミニマムなリアリティがあったりする。

ただ、この物語の世界観には入りきれなかった。
途中、同じ状況を繰り返しているような停滞感があり、
このまま、ぐだぐたなまま終わったらがっかりだな、
と思ったところで、後半、一気に大展開する。
しかし、ちょっと力業っぽいかなと。

太めの女性の艶っぽさや、
「自分が一番だけど、何か間違ってる?」的な
身勝手で自意識過剰な女性を描かせたら、ほんとに上手い。
というか痛快。

■木内一裕「OUT-AND-OUT
木内一裕/out-and-out 
元ヤクザの探偵。
仕事の依頼を受け、依頼者のもとを訪れると、依頼者は射殺されていた。
驚くことに、そこに殺人犯もいた。
そして、探偵が犯人であるかのような工作をされ、犯人は逃亡。
探偵は、殺害された依頼者の身元を洗い、殺人犯を割り出す。
その殺人の裏には、大きな悪がうごめいていた。

面白い。
ハイウェイをノンストップで走り抜けたくなるような
スピード感と刺激的な場面の連続。
予期せぬ展開はいくつかあるが、
全く不自然さはなく、その後のフォローも完璧。
きちんとした技巧があっての疾走感。
最初から最後まで全く飽きさせない。

探偵は、かなり荒いし、一方的なところはあるが、
無駄なし、ブレなしで、キャラクターも展開もしっかりしている。
ちょっと古くさいB級ハードボイルドっぽい。
しかし、エンタテイメント性は高く、
映像化しても、小説での面白さをキープできるように思う。
主役は寺島進氏のイメージ。

ところどころ切なくさせるシーンもある。
さっくりとしたスピード感とのバランスも良く、
実はすごく良くまとまっている。
もっとメジャーになっていい作家である。

     ◇     ◆     ◇

ここ数日、札幌は最低気温がマイナス10度を下回る日が続いた。
そして6日は午後から大雪になり、夕方からは猛吹雪。
一日中、自宅にこもり、YOU TUBEで、
ルースターズやストリート・スライダースなど、
80年代の日本のロックを見て、自分のロックの原点を確認した。

当時は、どういうわけか男性ミュージシャンの化粧が派手だった。
化粧が派手といえば、日本の女子フィギュア・スケート選手のそれも、
いくら華やかな協議とはいえ、ちょっと過度すぎないだろうか。
塗りすぎだし、目もとを強調し過ぎだと思いマスカラ。

スポンサーサイト

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.