ADMIN TITLE LIST

喫茶ミルク(北20東1・前田ビル1F)にて、
新しいアルバム「雨の交差点」の販売を開始しました。
店内の目立つところにCDが置いてあるわけではないため、
バイする場合は、店の方に、
「ザ・ハート・オブ・ストーンのCDありますか?」と
問いかけてください。

さて今回は、2009・ラーメン・オブ・ザ・イア。
私が2009年中に実食したラーメン類の中から10店をランキング。

どれも素晴らしい味である。
順位を付すなどおこがましいが、
私個人の2009年の嗜好ということで、ご理解願います。
それでは、どうぞ。

第1位 佳/らーめん 650円
  (札幌市豊平区月寒西1条7丁目 水源地通沿い)
  09-01佳/らーめん

  濃厚豚骨+魚介系の、とろっとしたスープ。
  上品な旨みと豊かな深みに思わず唸ってしまう絶品の美味しさ。
  抱えている問題を、ひととき忘れさせてくれるほどのパワーがある。
  このラーメンがある時代に札幌に住めて佳かったと思える。
  つけ麺も他の追随を許さない圧倒的な美味しさだったが、
  冬が来る前に提供をやめたのは残念。
  やや縮れの麺も、チャーシューも、何も言うことはない。
  迷うことなく、悩むことなく、文句なしの2009年ナンバー1。

第2位 けせらせら/つけ麺(醤油) 750円
    (札幌市北区太平7条5丁目) 
    09-02けせらせら/つけ麺(醤油)

  濃厚豚骨+魚介系スープの、いわばオーソドックスな味ながら、
  豚ダシと魚ダシのバランスが見事で、
  完成度が高さからくる上質オーソドックスである。
  良い意味でクセは抑えめだが、そのまとまりの良さがクセになる。
  客を「お客様」として、きちんと対応してくれることでも定評がある。
  鶏ダシが利いたまろやかスープの塩ラーメンも美味。
  ほんとに良質なラーメン店だと思います。
  
第3位 綱取物語/綱取味噌 750円
  (札幌市白石区菊水3条3丁目 仲通り)
  09-03綱取物語/綱取味噌

  いわゆる、純連・すみれ系のラーメンの中で最もスパイシー。
  中途半端にスパイシーなのではない。
  鋭くスパイシーで、ドキドキするような激しいスープ。
  キレがあるのにコクもあり、それでいてまろやか。
  強烈度、ヤミツキ度はピカイチ。
  強い立ち合いの後、一気の押しで、そのまま寄り切り。
  独自性がありつつも、そうした正攻法のスープ力がある。
  炙った厚めのチャーシューも魅力的。


第4位 あらとん/味噌 800円
  (札幌市中央区北10条西21丁目 札幌場外市場食堂長屋)
  09-04あらとん/味噌 
  思いがけず味噌ラーメンが美味しかった。

  メイン・メニューである醤油味のつけ麺は、もちろん美味しいのだが、
  タマネギ風味と無骨さが強すぎて、スパークしない。
  ところが、濃厚豚骨+魚介ダシ強めスープは、
  味噌と折り合いにくいかと思いきや、
  がっちりとスクラムを組み、レベルの違う特別感があった。
  観光客も地元民も訪れる大行列店。
  対応、雰囲気は、相性がいまいちだが、作品は素晴らしい。

第5位 かわなみ食堂/正油ラーメン 500円
  (札幌市南区澄川4条2丁目)
  09-05かわなみ食堂/しょうゆ
  「これがラーメンです」としか言いようがないような、
  原点回帰というか、故郷テイストなラーメン。
  話好きな店のおばあちゃんや、レトロ的価値で語られることの多い店だが、
  そんな上辺だけで片づけることなんてできないぜ。
  あっさり豚骨で、懐かしさの甘みは絶品。
  そして、とにかく熱々なのが嬉しい。
  チャーシューは肉の歯ごたえを感じる絶妙な火加減。
  寒い心にふっと忍び込むような温かみのある傑作ラーメンである。


第6位 千寿/味そ 730円  
  (札幌市中央区大通西8丁目 ヤマダ電器近し)
  09-06千寿/味噌

  純すみ系ラーメンたる武骨さがありつつも、まろやかマイルド。
  脂の旨みと、味噌の甘みが、奇跡のバランスで融合している。
  ちぢれが強く堅い麺は、濃厚味噌スープと相性が良く、
  強めの味なのに、どんどん麺を食べさせ、スープを飲ませる。
  大通公園近くの閑散とした通りの地味なビル。
  その地下の狭い通路の奥に、ひっそりと存在しながらも、
  昼食時は13時過ぎまで行列ができる実力店。

7位 彩未/みそ 700円
  (札幌市豊平区美園10条5丁目)
  09-07彩未/味噌

  いつも店の前は、げんなりするほどの大行列。
  店内も順番待ちの人が壁を囲み、落ち着かない度は高い。
  すみれのラーメンを、あっさりソフトにしたような味わいで、
  実はインパクトが強いわけでもなく、味わい深いという感じでもない。
  ところが、食べ出すと、うんざりした順番待ちを忘れるほど夢中になり、
  なんだかわからないうちに完食している。
  半年くらい時間が経つと、また食べたいという欲求が襲う。
  大行列もやむを得ないと諦観し、納得できる味である。
  
8位 eiji/濃厚つけBUTO 800円
  (札幌市豊平区平岸3条9丁目 平岸通沿)

  09-08eiji/つけ麺
  これまた平日の夜でも行列ができる人気店。

  そばのよう色をした極太麺のインパクトは健在。
  上品な赤を基調とした店内装飾の雰囲気と相まって、
  見た目、華やかな和風ポップ感が漂う。
  スープは、パンチのある和風味ながらもソフトな後味。
  昨年1位で、今年が8位なのは、味の変化によるものではない。
  私が、このつけ麺に慣れてしまったためである。
  とはいえ、安定感と刺激が同居した丁寧な仕事ぶりは素晴らしい。

9位 山嵐/白スープ 750円
  (札幌市豊平区平岸1条9丁目 環状通沿)
  09-09山嵐/白スープ  
  べったりとした雰囲気の濃厚豚骨・白濁スープ。キレは皆無。
  あまりの濃さに飽きるかなと思いきや、
  豚骨にしては臭みがなく、ひたすらまろやかで、意外にあっさり。
  箸が進み、気づいてみると食べ終わっているような引きつけ力がある。
  それでも、胃腸のコンディションに不安があるときは、
  脂の多さに屈する可能性大なので要注意。
  また、土・日は行列必至であるのに加え、早く閉まるので要注意。

第10位 蓮海/つけ麺(醤油・300g) 800円
  (札幌市豊平区平岸5条7丁目 ラルズ近し)
  09-10蓮海/つけ麺(醤油)

  2009年秋にオープンした店。
  「鮪(マグロ)豚骨」スープということで、
  独特の魚系風味はあるものの、品良くまとめた洗練されたスープ。
  もう少しインパクトを与えるような、強さか深みがプラスされれば、
  2010年に大ブレイクしそうな予感がする。
  そんな期待も込めて10位にねじ込んだ。
  夜は居酒屋として営業しているため、ラーメン営業は昼間のみ。
  店内は間接照明の和食ダイニング的で、完全に夜仕様。

それにしてもラーメン店は多い。
新しい店も、次から次にオープンする。
メディアも相変わらず頻繁に取り上げる。
ラーメンは、既に「食事」の行きを超え、「レジャー」の要素も強くなった。

2010年も美味しいラーメンに出会いたい。
新しい店もいいが、しばらく行ってない店に行くのもいいだろう。
うさん臭いラーメン・オタクにならぬよう、
ナチュラルに、そして謙虚に向き合っていかなければいけない。
全てのラーメンにサンキューです。
熱いぜベイベー。

スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.