ADMIN TITLE LIST
12月13日、半年近くに及んだレコーディングを終えた。
6月28日にスタートした第1クールで5曲、
10月上旬の第2クールで2曲、
11月下旬からの第3クールで3曲の計10曲。

自ら購入した録音機材を使い、
いつも練習に使っている「スタジオ・ミルク」にて、
自らの手によって、
まさに、オール・バイ・マイセルフの精神で取り組んだ。

隣や真下のスタジオに、他のバンドが練習に入ると、
そのバンドの音も拾ってしまう。
そのため、レコーディングは毎回、
他のスタジオにバンドが入らない朝10時から概ね14時までという、
一般的なバンドマンのイメージとは相反する完全昼型、
いや、朝型といってもいい時間帯に行った。
昼食前にボーカル録りをした日もあったくらいだ。

この後、トラック・ダウンや、CDジャケット作成など、
残された作業はあるが、とにかく音は録り終えた。
完成日は12月25日を予定。
一般リリース日は、年明けになるだろうか。
価格は近日決定。
詳しくは、おってブログでお知らせします。

年の初めから、今年はCDをリリースすると宣言した。
そのことをブログにも書いた。
それを達成できる。
ほんとうに嬉しい。
そして、ザ・ハート・オブ・ストーンのメンバーに感謝である。

メンバーそれぞれ、ずっと不安やプレッシャーがあったと思う。
レコーディングの最後の歌入れが終わると、
普段、表面的に見せる喜怒哀楽の幅が小さいベースのミチが、
「終わりましたね」と、ほっとした笑顔を見せた。
ギターのTNKタナカ氏は、
「今日は酒が思い切り飲める」と安堵の表情を見せた。
レコーディングに向けて、体調を維持し、ギターの練習をするために、
酒をセーヴしていたのだろう。
「よくやったな自分、よくやったなメンバー」。
メンバー全員そういう気持ちになれたと思う。

私も、自分のギターとボーカルの録音日に向けて、
まず最初に取り組んだのは、酒のセーヴだった。
私の場合、酒が、歌と演奏に最も悪影響を及ぼす。
酒を飲むと楽器を持たなくなるし、
二日酔いだと音楽に触れたくなくなるのだ。

さらに、喉管理のため、11月中旬からは、
職場内と自宅にいる時以外は、マスクの着用も徹底した。
これは、かなりの効果があったような気がする。

私の場合、レコーディングは、これまでの経験上、
どれだけ練習するかよりも、
心身に不安のない状態で臨めることが、
最も良い結果を生むと感じてきた。
仮に悔いが残るとすれば、練習不足や技術不足ではなく、
体調管理を怠った、あるいは失敗したことだろうと思っていた。

今回レコーディングした3曲の中で、
私が担当した「洗車のブルーズ」という曲のギター・ソロ。
これにかなりてこずった。
自宅で弾いたり、普段の練習の時はできるのだが、
レコーディングの時は、指がガチガチになってしまい、
意志どおりに動いてくれなかった。

この曲のギターソロの大半は20分程度で録音を終了した。
最後の4小節分だけが、うまくいかない。
この4小節だけのために30分以上を要した。
あまりに失敗を繰り返すため、結局、そこだけ別録音にして、
その箇所までのソロとつなげて編集するという、屈辱的な結末となった。

最後は時間切れで、弾きたいフレーズを弾けずに終わった。
弾きたいフレーズではなかったが、
ここはこういうフレーズなんだ、という
強引な理屈づけをすることにより終わらせた。
この部分は、曲の最後にフェイドアウトしていく部分なので、
音がだんだん小さくなっていき、あまり目立たないところなのだが、
ギターソロのリズムのもたつきは甚だしい、というか恥ずかしい。
ぜひ完成品を聴いて、もたつきぶりを確認していただきたい。

私は、何にしても80%の力を出せれば成功だと考えている。
レコーディングを通して、自分のプレーは概ね80%の力を出せた。
洗車のブルーズのギターソロだけは50%の力しか出せなかった。
そう思っていた。

しかし、落ち着いて考えてみると、
普段、何気なく弾くとできるのに、
レコーディングという空気の中ではできなかったというのは、
紛れもなく決定的な力不足である。
50%の力しか発揮できなかったのではない。
80%の力は出していたのだ。
自分のイメージしていた100%の力というのが、
思っていたより低かったというだけなのだ。
つまり自分の実力を見誤っていた。
そもそも実力以上のフレーズをやろうとしていたのだ。
体調管理以前の問題だった。
才能不足か、練習不足か、判断力不足か。
しかし悔いはない。
ある意味、今時点の実力は出したということだ。

そして12月16日はライブ。
もう2日後である。
レコーディング終了直後であり、
その翌日の日曜日は仕事があってノーホリデー状態。
ライブは平日夜。メンバーの長距離移動。真冬日予想。
何かと慌ただしい中でのライブとなる。
しかし、いい雰囲気でレコーディングを終え、
気負いがなく、力みがなく、
なんだかいけそうな気がする。
そう吟じてみたくなるライブ2日前だ。

エキセントリックなトークも期待してください。
ライブよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽





レコーディング終わったんですね!

お疲れ様です!!

そして発売日楽しみにしています。
【2009/12/15 17:17】 URL | D・H・T #-[ 編集]

D・H・Tさん、コメントありがとうございます。
今回のCDは、5月のシングルより、間違いなく出来は良いです。
留萌ソング「さよなら電車」も収録されています。
夕日、黄金岬、けあらし、千望台、チューオースーパーなど、
留萌を象徴するものに一切触れず、留萌を歌っています。
お楽しみに。

なお、報告が遅れましたが、辛そうで辛くないラー油を、
既に3瓶買いました。
札幌は、ピック・ハウスに置いておらず、
5km近く離れたところにある「アークス」まで行って買ってます。
というか、アークスにしか売ってるところを見ていません。
桃屋の営業不足というか、熱意不足、努力不足を感じずにはいられません。
【2009/12/15 21:41】 URL | クグエSW #-[ 編集]

すごく楽しみです!

FMもえるの定番ソングになるかもしれませんね(笑)


ラー油ですが、桃屋の予想を大幅に上回る反響で品薄状態が続いており、他の商品の製造をストップして増産体制をとっている様です!
そのため、TVCMも放送中断しているそうです。
留萌では、チューオー、ルピナス、生協、マックスバリューと市内、全スーパーに入荷しております!


明日はライブですね!
不参戦ですが、クリスマス、正月も迫り、雪も降り始めました。熱いライブを演じて下さい!!
【2009/12/16 12:46】 URL | D・H・T #-[ 編集]

留萌のラー油状況は活発ですね。
ルピナスにまで置いてあるとは凄いです。
なお私は、留萌時代、市内のスーパーの中で、
行った回数、買い上げ額とも、間違いなくルピナスが一位です。

「さよなら電車」は、留萌でこそ歌いたいですね。
電車のある景色が、ほんとに愛おしい街だと思いますよ。
【2009/12/18 01:05】 URL | クグエSW #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.