ADMIN TITLE LIST

このブログにおいて、いつからか食べ物ネタが多くなった。
食べ物ネタであっても、
クグエ哲学を匂わせなければ意味がないと思いながら書いている。
しかし、食べ物ネタばかりが多くなることは、
決して望ましいことではない。
なぜなら、ロック・ミー・ベイベーさが薄れる危惧があるからだ。
一方的に勝手に批評している自分についても、
これでいいのか?と、しばしば葛藤を感じている。
そうしたことを踏まえ、食べ物ネタは、
記事3回に1回以下にしようと意識している。
それもあって、食べ物ネタの時は、複数の店が登場するのである。

ただ、食べものネタは、意外に反響がある。
「紹介してた店に行ってきた。すごく美味しかった」と
言われれば嬉しいし、
「あの店も美味しいから、一度行ってみて」と
情報をいただけるのも嬉しい。
理屈っぽく考えなくていいだろう。
イメージを過度に気にする必要はないのだろう。

そういうわけで、今回は、美味しいランチ&夕食。
それぞれの分野で、ナンバー1といってもいいものを集めてみた。
よろしくどうぞ。

■蛯天駅前店
  (札幌市中央区北4条西4丁目 札幌日興ビル地下1階)
 
蛯天/店 
とにかくこの店は、かきあげ天丼(通常850円、ランチタイム750円)。
ランチタイムで最もオーダーが多いメニューであり、
初めての訪問ならば、必ず「かきあげ天丼」にしてください。

まず、具が良い。
具は、エビ、イカ、ピーマン、三つ葉、アスパラ?。
これらが、ほぼ7mmの正方形に切られており、
たくさん入っているのが魅力的。
かき揚げのどこを食べても、必ず複数の具がインしている。
しかも、エビとイカが、ふんだんにインしている。
それって楽しいことじゃないか。
僕らの夢を形にしてくれたといってもいい。

蛯天/かきあげ丼 
タマネギ、人参、ゴボウは、決して嫌いではないが、
かき揚げに入っていると、良さが消える。
特にタマネギとゴボウは、衣の中で、味も食感も他の具を圧倒する。
かき揚げ界のパワー・ハラスメント食材として、
常々、除外してもらいたいと思っている具である。
この三悪食材がインしていない蛯天のかきあげは素晴らしい。
かき揚げとは何たるかをよくわかってらっしゃる。

かきあげは、カウンターの目の前で揚げている。
最も食べやすい厚さであり、見事な円形である。
サクサクし過ぎなほどサクサクしている。
タレが濃すぎず、甘ったるくないのも嬉しい。

それとライスが申し分ない。
つやがあり、弾力があり、きちんと一粒一粒が立っている。
米自体も素晴らしいが、炊き方が見事なのだと思う。
ライス軽視の天ぷら屋が多い中、ライスを重視している気概を感じ、
何かの形でこの店に協力したい気持ちにさせる。

これまで、これを超えるかき揚げには出会ったことがない。
ちなみに、これに次ぐかき揚げは、
西野にあるそば屋「続八条庵」の「イカと竹輪のかき揚げ」である。
それ以外、美味しかったとすぐに思い浮かぶかき揚げはない。

■盤渓そば
  (札幌市北区北7条西6丁目 チュリス札幌第2ビル1階)

盤渓そば/そば定食 
そば定食(680円)がいい。
かけそば又はもりそばに、山菜ご飯+小鉢3品くらいのセットである。
そばは黒く太め。いわゆる田舎そばである。
噛み応え十分で、かつ、香りもいい。
それより素晴らしいのが、山菜ごはんと小鉢。

山菜ごはんは、やや薄味で、まろやかな旨みが秀逸。
和風の炊き込み系のごはんは、正油っぽい味の主張が強く、
和風味のカドが出過ぎているパターンが多いが、
ここの山菜ごはんは、甘みにも似た鶏ダシ的なコクがたまらなく良い。

小鉢も、料理の上手な人が作った大衆的な味で、いつも感心する。
小鉢の種類は、日によって異なるが、はずれは一度ない。
どれも、和テイストなのだが、
ちょっとした油系の味がアクセントになっていて、旨みがよく出ている。
6,000円の和食コースで出てくる小鉢クラスのレベルにあるだろう。

盤渓そば/しょうが焼き定食 
そば定食以外にも、定食が日によって6、7種類ある(いずれも680円)。
そのなかでオススメは、しょうが焼き定食。
かけそば又はもりそばに、しょうが焼き+ライス+小鉢3品くらいの
セットである。
豚肉の薄さ加減や、甘みと旨みの加減が素晴らしい。

なお、ここのそばは、冷たいそばの方が美味しさを感じる。
温かいそばの場合、つゆに和風味の強めクセがあり、
体調が芳しくないときは、これが結構堪える。
ただ、このクセがたまらなく好きな人はいるはず。

盤渓そば/店 
近所にあったら、ヘビーローテーションの店である。
12時~12時25分の混み方は激しい。
しかし、それ以降は、かなり余裕をもって座れる。
品出しも早く、回転がいい。
もっともっと混んでいい店だと思う。
繰り返しになるが、こんなに美味しい山菜ごはんに出会ったことがない。

■焼肉やまと(当別町弥生2175番地
やまと/店 
愛すべき町・当別町の繁華街の真ん中に、目立たない感じで存在する。
車で走っていたら、見逃してしまいそうである。
当別町以外の方の知名度はかなり低いだろう。
私も、当別町のK村氏に、ここに連れて行かれるまでは、
全く知らなかった。

定食は15種類くらいあり、ほとんどが800円。
店の方に、最も注文の多い定食は何かとたずねると、
しばし迷った後、「チキンカツかなぁ」とのこと。
「では、チキンカツ定食でよろしくどうぞ」と私は即答。

まさに家庭料理的な定食。
チキンカツはけっこうなボリューム。
スーパーでセルされているお総菜とはまるで違う手作り感。
特に衣のアットホームさがいい。

やまと/チキンカツ定食 
味噌汁代わりなのか、定食には小ラーメン(塩味)がついてくる。
味は、ちょっと高めの袋入りラーメンの味で無難なのだが、
写真だとわかりにくいが、意外と量が多い。
いわゆる「半ラーメン」よりは多いだろう。

正直、昼食としては、チキンカツとラーメンで十分な量である。

そこへきて、ライスの量も多い。
確実に茶碗2杯分はあるだろう。
とにかく満腹になりたいのなら、ここへ行くべき。
なお、訪問した日は、当別ダムの工事関係者の方々と、
当別消防署の方々で座敷はほぼ満席だった。
その手のアウトドアで作業する方々にとっては、
うってつけの店ではないか。

いい意味で素朴な味で、同じ当別町の店比較でいえば、
「なんとか会館」や「マークウェイ」よりはこちらの店の方がタイプ。

■カリー軒(札幌市豊平区月寒中央通2丁目1-16 コスモビル1階)
以前は、長く豊平に店を構えていた、札幌を代表する洋食店。
店名はカリー軒だが、メニューはハンバーグとスパゲッティが中心。
もちろんカレーのメニューはあるが、
圧倒的にオーダーされるのがハンバーグである。

大人気店である。
土・日は行列ができているのをよく見かけるし、
平日でも、夜7時までに来店しないとハンバーグは品切れだろう。

カリー軒/ハンバーグ 
ハンバーグは180g。
しっかりと形が整い、分厚く、頑強な雰囲気。
ところが、ハンバーグをカットすると、肉汁警報が発令される。
肉汁の洪水が皿を襲う。
そんなに出てこなくも…、というくらい出てくる。

ハンバーグは、あっさりとした独特の風味があり、
ベーシックな味なのだが、家庭では作り出せない強さと重みがある。
外食ハンバーグのうち、自宅ハンバーグより美味しいと認めているのは、
カリー軒とびっくりドンキーだけである。
それ以外は、自分で作った方が完全に美味しい。

なお、ハンバーグの量は成人男性にとっては少ないだろう。
ライスも少なめ。
それで、ハンバーグ+ライスで1,150円。
このあたりの量と価格のバランスは微妙。
しかし、普通っぽいのに格別な美味しさは素晴らしく、
納得のできる価格といってもいいだろう。

なお私は、ハンバーグでライスがあまり進まないタイプである。
ハンバーグはおかずだが、ライスを欲する食べ物ではない。
余談だが、餃子はその傾向がもっと強く、
餃子で普通のライスは全く食べられないといってもいいほどである。
ゆえに、餃子のほかに、別のおかずがなければライスを食べられない。

店内は、いい意味での古さがあり、
温かいモダンさと癒されるクールさを醸し出している。
店内の壁は色紙だらけ。
ここの色紙には、店で撮られたその人の写真も添えられている。
ここ2、3年に登場した芸能人のものも多い。
そんな中、北海道関係者のサインが多いことに好感。

圧倒的に多いのは、チーム・ナックス関係者のもので
同じ人物のサインや写真が複数ある。
それは何の問題はない。
問題は、座った席のすぐ近くにあったのが上地雄輔のサインだったこと。
テンションが下がり、席替えを申し出たい気分だった。
しかし、ハンバーグを食べたら、そのことを忘れた。
カリー軒のハンバーグは、
下がったテンションを吹き飛ばす美味しさである。

スポンサーサイト

テーマ:おいしい店紹介 - ジャンル:グルメ





ハンバーグはサイコーですな。

美空ひばりさんの「東京キッドブルーズ」のように
気軽にポッケに入れていたいね。左のポッケにさぁ笑。

ちなみにびっくりドンキーラブ笑♪

【2009/09/08 03:07】 URL | bull #35BUUDj.[ 編集]

クグエさん、こんばんは。

私も1軒目のかき揚げと、2軒目の蕎麦は好きですね。
山菜ごはんも量たっぷり、もっちりで良い味だと思います。
(後半2軒は行ったことないです)
【2009/09/09 20:22】 URL | SH #gt3YS3lE[ 編集]

bullさん、コメントありがとうございます。
そう、今や、びっくりドンキーは関東方面でも、
幅をきかせている存在なのですね。

北海道発信のチェーン店が、こうした状況になっているのは嬉しいことです。
北海道の知事、副知事あたりも、
私費で「びっくりドンキー」に行くべきだと思えてなりません。
道民の税金は、あなたの財布ではないのです。

学生だった25年前、びっくりドンキーは、
とんでもなく豪華なご馳走でしたが、
今も、かなりご馳走気分になれます。
特に、びっくりドンキーのレギュラー・ハンバーグ・ディッシュ
に添えられている野菜の切り方は特許を申請すべきだと思うほど素晴らしいです。
あの野菜の美味しさは、マヨネーズによる部分も大きいですが、
基本は野菜の切り方によるものでしょう。

SHさん、コメントありがとうございます。
食べ歩きまくっているSHさんであれば、カリー軒は常連かなと思っていました。
それにしても、蛯天のかきあげ丼を、しっかりおさえているとは、さすがですね。

そして、盤渓そばの山菜ごはん。
おっしゃるとおり、もちもちしてますね。
もちもちしているのに、ごはんが立っていて、
かつ、良質な油的な旨みがたまりません。
「山菜ごはん定食」を作ってほしいほどです。
【2009/09/09 23:22】 URL | クグエSW #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.