ADMIN TITLE LIST

先日、知り合いのN美(エヌミ)が、
「最近、何かで泣きましたか?」と聞いてきた。
「いや、泣いてないね。でも、心のどこかに涙がたまっていて、
何かきっかけがあったら大泣きしそう」と答えた。
するとN美は、「この前、思わず泣いちゃった話があって…」と、
次のような話を始めた。

小学校に入る前の子どもが2人いる30代の夫婦。
ある日突然、妻が急性心筋梗塞で倒れた。
それまで病気らしい病気もなく、
倒れた前日も、何も変わったところがなく、普通に生活していた。
にもかかわらず、具合が悪いと言って横になったまま意識不明となり、
その数日後、意識は戻ることなく亡くなった。

小さな子供と夫は、悲しみにくれた。
気の毒としか言いようのない、突然の不幸である。
N美は、その夫と知り合いらしく、その話を聞いて泣いた。
のかと思った。
ところが、涙の理由は、そうではなかった。

夫は、妻が亡くなり、妻の知り合いに連絡しなければと、
よく連絡を取っていた人を確認するため、
妻が使っていた携帯電話の履歴を調べた。
それもまた辛い作業である。
しかし、苦楽を共にし、連れ添った妻のためでもある。

携帯電話を開き、履歴を見る。
すると、そこに現れたのは、同じ男性の名前ばかりだった。
メールのやり取りを読んで、夫は愕然とした。
浮気確率100%の内容だったからだ。

妻が突然亡くなった。
その妻は、亡くなる直前まで不倫をしていた。
夫の絶望感と虚無感は想像に耐え難い。
心の中に押し寄せた津波が全てを飲み込んだ。
もしかしたら、亡くなった悲しみより、裏切られた悲しみの方が
勝ったかもしれない。

驚いたのは、妻の浮気相手に、妻が亡くなったことを
夫が連絡したことである。
しかも、浮気相手は葬儀に参列し、夫の前に来て、謝罪したという。

自分がこの立場だったら、どうするだろう。
きっと、どうにもできず、スルーだろう。
浮気相手には連絡しないだろう。
葬儀に来られても対応に困る。
浮気相手の立場でも、どうにもできず、スルーだろう。

亡くなる前に浮気がばれて揉めていたり、
亡くなってしばらく経ってから浮気の事実を知ったなら、
まだ何がしかの諦めがつくかもしれない。
亡くなった直後に知ったのが痛い。
妻の浮気は現在進行形だった。
それを全く知らなかった夫。
このことは、夫の今後にどう作用していくのだろう。
何の解決もできないまま、
この重たく複雑な気持ちをひきずっていくのか。
それとも、ひどい想像をさせてもらえば、
妻が亡くなったことで逆に気持ちが整理できたのか。

後で振り返って、あの時が自分の分岐点だった、
あるいは、あれが今の自分の核になっているという出来事がある。
それは、自分が輝いていた時期や楽しかった出来事かもしれない。
しかし、良かったことばかりが核になっているわけではない。
私はむしろ、大失敗や大喪失を及ぼした出来事が、
その後の自分の核になっている。

この夫にとって、妻の突然の死と生前の不貞は、
同時多発テロのごとくだっただろう。

この出来事が、彼の今後にどう影響していくのか。
いずれにしても、人生は続いていく。
弱気につけ込まれるな。強気に浮かれるな。
普通の顔して前進するだけだ。

スポンサーサイト

テーマ:不倫・浮気 - ジャンル:結婚・家庭生活





はじめまして。
たまたまテーマ新着でたどりつき記事を食い入るように拝見させて頂きました。

記事で紹介されているだんな様とは異なる立場ですが、少しだけいまの自分と重なるところがあり、そしてそれに対するクグエさまのお考えがとても興味深いものでした。

現実から逃げたい、そう思っても、
処理能力が限界で心がこわれそうだと思っても、
闇を目的なくさまよっているような下降しつづける状況であっても…
それでもまさにおっしゃるとおり「いずれにしても、人生は続いていく。」のですよね。
時間の流れに見を任せて、普通の顔をして前進したいと思います。

考えさせられたり、立ち止まりそうな背中を押して頂いたりした記事でした。
おじゃましましたv-22
【2009/08/12 01:58】 URL | Babyface #eUtCGpgM[ 編集]

babyfaceさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
babyfaceさんのブログを読みました。
(一般読者の皆様も、babyfaceさんのコメントの下の
オレンジ色のURLをクリックすると見れます)

深刻な状況、お察しします。
今の時期は、心があちらへこちらへと動き、
抱えられない重みを感じてばかりだと思います。
もうそれは仕方がないんですね。
冬から春への時期、「三寒四温」という言葉があるように、
暖かくなったかと思えば寒くなって、
それを繰り返しているうちに春がくると思いましょう。
そんな容易いことではないでしょうが。

これまでの消せないものに、いつまでも苦しんでますよ私も。
今後もずっと消せないと思ってます。
でも、新しいものも描けるなと。
かといって、新しいもので過去を消そうなどとも全く思ってません。
言いたい奴には言わせておけ、
思いたい奴には思わせておけ、という感じです。

結局は、何が一番大切か、何を一番守りたいかなので、
「いつかきっと」という気持ちを心に秘め、普通の顔して前進せよと、
日々心に言い聞かせています。
【2009/08/14 00:43】 URL | クグエSW #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.