ADMIN TITLE LIST
プロ野球パ・リーグのクライマックス・シリーズ第3戦は、
7対0で日ハムがロッテに勝利した。
グリン投手の好投、稲田選手、工藤選手の
気持ちの入ったプレーには胸がうたれた。
ただ、やはり攻撃が“がさつ”な感じがして気になるが…。

ロッテの渡辺俊介投手は、
レギュラー・シーズンの時から味方打線の援護に恵まれない。
彼は、私が最も好きな雰囲気のプロ野球選手である。
生真面目で、けれん味がなく、クールでいい。
それだけに、相手チームながら、少し可愛そうな気持ちで見てしまった。

とはいえ、日ハムが勝って安心した。
明日のロッテの髪を洗う投手、つまり、「先発」投手は小野投手だとか。
今年、パ・リーグのチーム相手に
一度も敗戦を喫しなかった成瀬投手ではない。
ロッテ監督、ボビー・バレンタインの奇策ともいえる。
できることなら、成瀬投手を打って勝ちたいところだったが、
こうなれば、明日で是非決めていただきたい。

ボビー・バレンタインで思い出したが、
私の、ある知り合いは、ビリーズ・ブートキャンプのビリーは、
しばらくの間、ボビー・オロゴンだと思っていたらしい。
笑えながらも、納得のいく話だった。

納得がいった、といえば、
ベイビーシャンブルズのセカンドアルバム、
「ショッターズ・ネーション」である。

最近、スポーツと食べ物の話ばかりしていたが、
今日は、名実ともにロック・ミー・ベイベーな内容だ。

ベイビーシャンブルズ「ショッターズ・ネーション」。2007.10.3リリース。
BABY SHAMBLES

ベイビーシャンブルズは、イングランドのロック・バンドで、
性急だけど、少しレトロ・チックな雰囲気のあるUKらしいバンドである。
なお、ベイビーシャンブルズというバンド名はついているものの、
実態は、ボーカルのピート・ドハーティのソロ・ユニットと言ってもいい。

ピート・ドハーティのドラッグ問題や気まぐれな素行などから、
セカンドアルバムのリリースは、相当に困難ではないかと見られていたが、
思いがけずリリースされた。

ちなみに、彼らのファーストアルバムは、
クグエ`スカイウォーカーの選ぶ2005・アルバム・オブ・ザ・イアの
第9位にランクインしている(右下の「リンク」から見ることができる)。

ファーストアルバムは、
THE CLASHをヘロヘロにしたような雰囲気のしょぼいサウンドで、
なかにはイカした曲もあったが、
全体として、どこか消化しきれないものが残った。
ピート・ドハーティのボーカルも、鼻歌かと思うほど適当さ全開だった。
ただ、そういう安っぽさや不安定感が好きなリスナーが多いのも事実である。

しかし、メロディ・センスは特筆すべきものがあり、
イングランドらしい「激しさ」と「けだるさ」と「湿り気」のあるアレンジは、
私のような40歳を超えたロック好きをも惹きつける。
なお、「激しさ」と「けだるさ」と「湿り気」はあるが、
「愛しさ」と「切なさ」と「糸井重里」はいずれもない。

今回リリースされたセカンドアルバムは、1曲目から驚かされた。
しっかりとしたタイトなサウンドだったからだ。
ボーカルも、かなり輪郭がはっきりとした歌い方になっていて、
すごく聴きやすかった。

そして、メロディの良さは健在で、
70年代~80年代前半を想起させるような
スタンダードなロック・フレーズを散りばめたアレンジと相俟って、
非常にいい味を出している。

私は、全ての面において、ファーストアルバムを凌駕したとの印象を持った。
思いがけず、正統派のロック・アルバムだった。
ただ、ベイビーシャンブルズの「危うさ」や「だらしない感じ」が
好きだった方は、まとまり過ぎて魅力減と感じるかもしれない。

このアルバムを聴けたのは、ロック知人であるスミス西野氏の協力による。
彼からはこれまで、コンパクトディスク以外にも、
長崎名物の「豚角煮まん」や「チョーコーのかけしょうゆ」をいただいたり、
スミス西野氏の妻と、スミス西野氏の妹の間にある
確執について
話を聴かせてもらうなど、
私のプライベート・ライフを豊かなものにする上で
多大な貢献がある。

↓長崎名物「かけしょうゆ」。右は、最近のマイ・ヒット「ゆずこしょうふりかけ」
かけしょうゆ

スミス妻とスミス妹は以前から、
サンタクロースが乗るものが小さすぎて乗れなかった、
つまり、「そりが合わなかった」らしい。

正月やお盆には、スミス氏の親元に、妻も妹夫婦も集まる。
スミス妻は大の犬嫌いであるのに対し、
スミス妹は大の犬好きで、正月やお盆にも連れてくる。
そして、スミス妻が犬嫌いなのを知ってて、部屋の中で放し飼いをする。
犬嫌いにとっては、部屋の中での放し飼いなど耐えられないだろう。
それでも我慢していた。

ある年の正月、その犬が部屋の中でフンをした。
妻は文字どおり、フンガイした。
妹はそれを掃除した。
しかし、かなり不完全だったようで、フンが少し残ったままだった。
妻はそれまでの犬放置により、うっ積したストレスも重なり、
怒りが頂点に達した。
妻と妹の間の溝は深まり、妹のみならず、その犬も嫌いになったという。

実家から帰り道の車中、妻はスミスに対し、2時間もの間、妹を嘆いた。
今、正月とお盆には、スミス夫婦と妹夫婦が実家に行く日が重ならないよう、
日程をずらしているという。
その続きが知りたくなる話である。
橋田壽賀子がドラマ化してほしい。

スミス妹の犬好きは、相当なものらしく、
好きな食べ物は「ワンコそば」、好きな飲み物は「ラッシー」、
かけるソースは「ブルドッグ」、好きな音楽は「スピッツ」、といった具合だ。
さらに、昼のあいさつは「こんにチワワ」、
ハワイの踊りは「フランダース」と言っているらしい。
これだけの犬好きと過ごすのは、
犬嫌いのスミス妻にとっては、気のドッグな話である。

このように、スミス妻とスミス妹の間には、相容れないものがある。
しかし、ひとつだけ共通点がある。
それは、二人ともタバコの煙が嫌いなことだ。
つまり、二つの意味で「嫌煙(犬猿)の仲」である。
スポンサーサイト

テーマ:洋楽CDレビュー - ジャンル:音楽





こんばんは。
昨日、札幌駅地下でクグエさんを見かけたマキシです。
ベイビーシャンブルズについて書かれてますね。
ピートといえば元リバティーンズ。
数年前、リバティーンズの来札公演を見ましたがガッカリでした。
友人の中にはアレはアレで面白かった、と言う人もおりました。
クグエさんもアレ見てましたか?
【2007/10/17 21:22】 URL | マキシ #-[ 編集]

見られていたのが、
札幌駅地下を歩行中で良かったです。
ESTAの大金畜産のウインナーを物欲しそうに見ている
ところだったら、とほほでした。
オリンピックなどで、
出場している選手の地元の老人が、
顔にペイントされているのを見た時くらい、
とほほだったと思います。

リバティーンズの来札公演は残念ながら見ていません。
今となっては、非常に貴重なライブでした。
【2007/10/22 00:46】 URL | リバ・クグエ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.