ADMIN TITLE LIST

職場の同僚、中村NBRに聞いた。
「中村家はスーパー銭湯に結構行くの?」
「スーパーセント?」
「5%とか6%っていう意味じゃないから」
「なんすか?スーパーセントって」
「レジャー施設っぽい銭湯っていうか、
 風呂以外にも食堂とか床屋があるみたいな」
「生鮮食品とか冷凍食品が売ってるとか」
「そのスーパーじゃないんだよ」

ほんとに「スーパー銭湯」というものを知らず、
しかも、食いつきが悪い中村NBRに見切りをつけた私は、
同じ質問をM美にしてみると、彼女はこう答えた。
「ほとんど行かないですね」
M美も食いつきが悪かった。

「ああ、そう。温泉もあまり行かない?」
「そうですね。化粧をおとして、またするのが面倒で…」
ここで中村NBRが口をはさんだ。
「化粧、全然濃くないよね。
 化粧をおとしても、そんなに変わらないよね」

「眼力(めぢから)に影響が出るんですよ」
「眼力(めぢから)ねえ…。違うのかねえ…」
「それが結構違うんですよ!」
そんなことで男が女を見る目は変わらないと思うが、
女目線の美意識は男と異なるのだろう。

大打撃の雨の中にいる私にとって、
こうした彼らとの会話は、傘になってくれる。
恐らく私に気を使っている部分もあろうが、
特にM美は、雨が降る前と変わらない普通の雰囲気を
自然に醸し出すセンスを持っている。

彼女なら、雨で化粧が落ちても大丈夫だろう。
そして、いい嫁になることだろう。

私は大打撃を受ける前から、確実に弱っていた。
そのうち、とんでもないダメージを与えられるような、
漠然とした不安と恐怖があった。
自分のキャパシティを超える荷物を抱え、

よろめきながら歩いていた。
負のオーラを自ら感じていた。
それを気づかれないように、
目立たない道の端っこばかり歩いていた。

油断すると、道を踏み外してしまいそうだった。
いや、時々踏み外してもいた。
しかし、道の横には歩道があったり、草むらがあったため、
ダメージは小さかったのだ。

良い時をプラス10、悪い時をマイナス10とすれば、
この2、3か月の間、ずっとマイナス4くらいのところにいた。
「ゼロに戻すんだ」と、自分を奮い立たせて、
無理矢理マイナス4をキープしている状態だった。
がんばってもマイナス4から上昇しない虚無感と、
もがいてもマイナス4から抜け出せない閉塞感が、
私の中の何かをむしばんでいったのかもしれない。

そんな毎日の中で、たまたま道を踏み外した時、
そこは歩道や草むらではなく、今回は崖だった。
巡り合わせやタイミングでこうなったのか、
自分自身の弱り方が崖を導いたのかはわからないが、
なんとかキープしていたマイナス4は、
一瞬にしてマイナス10まで急降下した。

そして今日もマイナス10の位置にいる。
気持ちは重たい。
目線を変えれば、マイナス10の世界に安住し、
それなりに生きていくことはできるだろう。
しかし、ゼロに戻したい気持ちがある。
ゼロに戻れば、運やタイミングで、プラスに転じるはずだ。

そのためには、自分に力が備わってなければならない。
崖を登るのには相当な時間とエネルギーが必要だが、
崖でしか見られなかったものと、
崖でしか感じられなかったことを力にして、
焦らずじっくりと登りたい。
もしかしたら、マイナス10からマイナス9への上昇は、
マイナス4をなんとかキープしているよりも、
レベルは低いものの楽しいかもしれない。
まあ、それほど単純でも容易でもないけれど。


また、自分ではマイナス4だと思っていた状況が、
実はゼロだったのかもしれない。
それを認識できず、焦ったり憂鬱になっていたのが、
マイナスを呼び込んだのかもしれない。

なんてことを書いたが、
どうなったらプラスで、どうなったらマイナスかなど、
本当はわからない。
レベルなんてものも、本当はよくわからない。
共感し合えること、感謝できること、笑えること、
嬉しくて泣けること、達成した喜びを感じられること。
結局はそういうことなのかもしれない。

崖下を歩いている今も、足を踏み外さないよう注意している。
いわば二次災害が起こらないよう張りつめている状態だ。
だから毎日へとへとになっている。
歩いていく過程では、

一旦踏み外して、休んでおかなければ、
翌日から歩いていけない時もあるだろう。
そういう時は、道の横にスーパー銭湯があってほしい。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記





お久しぶりです。
スーパー銭湯、大好きですよ~メイクを落としても、すっぴんでお買い物とか平気で行ってしまいます
腰をあげるまでに時間はかかるのですが、行ってしまえば2時間は余裕で…
家ではあまりしない垢こすりしてみたり、あちこち念入りに洗ったり(笑)してます気持ち良くて癒されますよね家と同じシャンプーやソープを使ってるのに、風呂上がりはなぜか匂いが違う気がします

【2009/01/25 05:51】 URL | 団地妻 #-[ 編集]

団地妻さん、コメントありがとうございます。
確かに、スーパー銭湯で家のシャンプーなどを使っても、
匂いは違いますね。
お湯と戯れるのは、ほんとにリラックスになりますね。
「煮詰まったらスーパー銭湯」を、ちょっと続けてみようかと思います。

【2009/01/26 07:53】 URL | クグエSW #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.