ADMIN TITLE LIST

先日、酒の席のこと。
ロック知人、Y子(ワイコ)と話した。
それまで彼女とは、少しだけしか話したことがなく、
しかも、暗い場所でしか見たことがなかったため、
顔さえはっきり覚えていなかった。
当然、素性もほとんど知らなかった。

「Y子さんは、どの辺りに住んでるの?」
「八軒です。琴似駅の結構近くです」
「あ、そう。結構にぎやかなとこだよね」
「あ、そうだ! 言おうと思ってたことが」
「え、何?言っちゃってくれよベイベー」
「蘭句のラーメン食べに行って下さい」

「蘭句」は「らんく」と読む。
札幌市西区八軒4条3丁目の
目立たない場所にある小さなラーメン店である。
ほとんど知らない間柄でありながら、
彼女は、なにより最初に蘭句のラーメンを薦めてきた。
これは、相当に美味しいということだろう。

蘭句/店 
「蘭句」は、かねて気になっていた。
これまでSK新開(エスケイ・シンカイ)氏をはじめ、
何人かの人から、美味しいという話を聞いていた。
Y子は、その誰とも知り合いではない。
全く関係のない人2人以上の人から薦められたら、
その店に行く確率90%超を誇る私は、
確実に気持ちが高ぶってきた。

味のこと、店の雰囲気、場所などの基本情報を把握するべく、
私はY子に色々と聞いた。
しかし、Y子が私に伝えたかったのは、
そうした基本情報ではなかった。
彼女は言った。
「味より何より、店の男の人が松尾スズキにそっくりなんですよ!」

松尾スズキは、阿部サダヲや宮藤官九郎などが
所属する劇団「大人計画」の主宰者であり、
自らも俳優もこなし、本も結構出版している。
エキセントリックで、シュールでコミカル、
それでいてロックンロールであり、
ほのぼの、時々胸キュンな、
そんなカルチャー・シップにあふれた方である。

Y子は、蘭句の店主がいかに松尾スズキに似ているかを
一生懸命話してくれた。
私は嬉しかった。
私が松尾スズキという、一般的な知名度が決して高くはない人を
知っていると思っていたことが嬉しかった。
ただ、その時は松尾スズキの顔が、いまいち浮かばなかった。

その代わり思い出したのが、
松尾スズキが監督をした映画「クワイエットルームにようこそ」だった。
薬を過剰摂取し意識を失った女性が、
精神病院の閉鎖病棟に強制入院させられた14日間を描いた作品で、
面白くも切ない、非常にいい映画だった。
この5年間で見た映画の中では、一番好きかもしれない。
蒼井優と大竹しのぶの女優としての才能にも圧倒される。
特に蒼井優は、この年代の女優の中では、ちょっと格が違うと
思って見ているが、この作品でもいい味を出している。

松尾スズキ ←松尾スズキ氏(本物)

ところでY子は、気づくと別の話を始めていた。
JR琴似駅近くの「てら」というラーメン屋の前で
河口恭吾(何年か前に「桜」がヒット)に似た男が自転車を駐めていた。
彼は、開店前なのに店に入っていった。
だから、「てら」の店主は、河口恭吾似だという話を始めた。
「ほんと、河口に似てたんですよ!」と、
名字のみ呼び捨て状態でエキサイティングに説明してくれた。

しかし私の頭の中は、松尾スズキでいっぱいだった。
必ず近いうちに「蘭句」へ行こうと決めた。
Y子の影響を受け、正直、ラーメンを食べることより、
松尾スズキ似の店主を見たい気持ちが上回っていた。
そして、この飲み会から約1週間後、「蘭句イン」した。

店主の方は、確かに松尾スズキに似ていた。
笑えた。
松尾スズキに似ているから笑えたのではない。
Y子が、松尾スズキに似ていると気づいたことに笑えた。
しかも、そのことを私に熱く語ってくれたことに笑えた。

一番人気の塩ラーメンを食べた。
非常に美味しかった。
鯛ダシを使っているせいか、若干なべっぽい味のするスープだが、
魚系和風味と肉系ダシが融合し、
品のある香りが出迎え、後からほのかな甘みが追ってくるようで、
食べ出したら、箸が止まらなくなった。

蘭句/塩ラーメン 
麺はやや太めの白っぽい縮れ麺。
私は、細めストレート麺より、こういうタイプの麺が好みである。
チャーシューも美味しかった。
ガスバーナーで炙ったような焼き色がついた大きなチャーシューで、
くどすぎず、旨みが程よかった。
ダシの出方が丁寧で本格的であると同時に、
どこか大衆的風情のある味にはまり、
珍しくスープまで完食した。

難点を言わせていただくと、
店はカウンターのみ8席だが、席と壁との間隔が狭い。
また、松尾スズキが一人で店を切り盛りしていることもあり、
立ち待ち客のさばきがスムージーではない。
建物が古いこともあり、常にすきま風を感じることも注意である。

しかし、もう一度食べたくなる味だった。
店主松尾スズキの雰囲気もなかなか良かった。
店内は決して、クワイエットルームではなかった。
松尾スズキを知っている方には、たまらない店である。
今度は、河口恭吾を確認に行かなければならない。

スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.