ADMIN TITLE LIST

11月4日、札幌の街に初雪が降った。
平年より1週間ほど遅い初雪だった。
初雪は、ほとんどの場合溶けてしまう。
それでも、「寒い季節がやってきた」という、
なにがしかの心のざわめきがある。
なぜか、ちょっと切なくなったりもする。

韓国では「初雪の降る日」は特別な日であるらしい。
「初雪の日にデートした人は結ばれる」など、
初雪は、TO BE HAPPYな存在であるとの言い伝えがあるらしい。
韓国人が思う、そうした「初雪ロマン」は、とてもよくわかる気がする。

さて、皆さんにとっては、どんな冬になるのだろう。
私がこの冬、まず目指すべきところは、ライブである。
12月6日(土)にライブを行う。
今回は、ザ・ハート・オブ・ストーンとして出演する。

つまり、バンドの一員としてライブを行う。
ライブの詳細は次のとおり。

■日時 2008年12月6日(土) 開場17:30 開演18:00
■場所 スピリチュアル・ラウンジ(札幌市中央区南2西4)
■出演 ホッパーズ29/SSS/鹿野健治/サルミアッキ/
      THE HARD FOLK STATION/HAPPY CANDY DSK/
      ザ・ハート・オブ・ストーン
■料金 前売1,000円 当日1,500円

ザ・ハート・オブ・ストーンとしてのライブは、今年の3月以来である。
それ以降は、アコースティック・ギターを手に、
新しい曲を中心にライブを行ってきたが、
今回は久しぶりのエレクトリック・ギターでのステージとなる。

演奏する曲については、ちょっとわがままを言って、
クグエ・ソロで披露してきた曲も、エリクトリック・アレンジにして
はさませてもらうが、
基本的には、10年前くらいに作った曲が中心となる。

そのなかの1曲が、「LIFE GOES ON」という曲である。

ザ・ハート・オブ・ストーンを代表する曲である。
この曲が今、ザ・ハート・オブ・ストーンのホームページでフルに聴ける。
著作権の関係?
そんなこと問題ないぜ!
作詞・作曲は自分。録音は低料金スタジオで行ったものの、
それ以外は完全自主制作リリースだ。
オレは小室哲哉とは違うぜ!
ていうか、著作権自体が発生していない音源たぜ!
しかし、売るべき著作権を有していない点では小室哲哉と同じだ。
いずれにしても、ぜひ聴いてみてください。

思えば、ザ・ハート・オブ・ストーンは1992年に結成。
精力的に活動したのは2000年まで。
小室哲哉プロデュース・ミュージック全盛時と時は同じだ。
しかし、小室ミュージックに全く興味がなかった私は、
小室哲哉逮捕も、「へえ~、そんな悪いことしてたんだぁ」程度の
感想しかない。
むしろ、小室等が逮捕された方が驚いただろう。

ミルク0811 

さて、今度のライブはどんなライブになるだろう。
アコースティックに慣れた方には、うるさく聞こえるかもしれない。
しかし、「それは仕方のないこと」で片づけることはできない。
でなければ、中年男のうるさいだけの親睦行事に終わる。
雑なレクリエーションにすぎなくなる。
アコギ・サウンドとは違ったパッションを感じていただけると思う。
少なくとも、「40歳を過ぎてからの成長」というものを見せたい。
そして、何かを感じてもらえるものにしなければならない。
でなければ、
やる意味がない。

今年の総決算のライブです。
ぜひライブに足を運んでいただきたいと思います。
よろしくお願いします。

スポンサーサイト

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.