ADMIN TITLE LIST
17日、月曜日、私がかつて活動していたバンド(ローゼンフェルン)の
「1日だけの再結成」として、
クラブ・カウンターアクションにてライブに出演した。
少し前に帰ってきて、日付も完全に変わっているが、
気持ちが高ぶって眠れそうにないので書いてます。

今回の「1日だけの再結成」の経緯の詳細は、
9月13日のブログに書いているが、
1年前に亡くなった、かつてのライブ仲間である「浜さん」の
一周忌ライブだった。

IMG_1387.jpg

「バンドっていいな」と素直に思った。
メンバー4人のエナジーが結集し、
ひとつの曲を作り上げていく素晴らしさを実感した。
あのパワー、あのグルーブ感というものは、
ほかの何にも代え難い衝動である。
カラオケなんてものが、アホらしくてしょうがなくなる。
カラオケで感情を込めて歌える人の気が知れなくなる。

ライブでは、とにかくお客さんの目が優しかった、暖かかった。
16年ぶりというのがあったからではあるが、嬉しかった。
16年ぶりに見る顔もあった。
ライブのMCでも喋ったが、
すごく久しぶりなのに、みんな変わっていないのだ。

もちろん、この16年の間に、
例えば結婚して、子供が出来て、今は子供中心の生活で、
すっかり太ってしまったとか、
例えば大怪我をして、今も後遺症があるとか、
例えば、今は仕事中心の毎日で、ロックなんてとても…、など
生活や見た目は変わっている。
しかし、ひとつの音楽に対する、人それぞれの想いは、
さほど変わっていないのだ。

しかし、ライブに行き着くまでは不安だった。
なにせ21世紀に入ってから、
エレクトリック・ギター、略してエレキを握っていなかったからだ。
「オレ、エア・ギターでもいい?」と本気で打診しようかとさえ思った。
一週間前も何も準備せず、「田舎に泊まろう」かなんか見ていて、
「そんな頼み方をしても、誰も泊めてくれないよ」と、ぼやいていた。
でも、こんな番組見ていていいのか?と本気で不安になった。
「焦り」が日増しに大きくなった。
「焦り」を抑えるため、「パセリ」を買いに行こうかと思うほどだった。
ジャスコにマイ・バッグを持って、買いに行こうかと思ったくらいだ。

でも、ライブは無事に終わった。
気持ち良かった。
そして、なによりお客さん、メンバー、バンド仲間の暖かさが嬉しかった。
人と接し、何かを成したことは、
こうして十何年経っても、生きているということなのだ。

そして、忘れてはならない。
こういう場をつくり、こういう気持ちにさせてくれたのは、浜さんである。
浜さんが引き合わせてくれたのだ。
浜さんは亡くなったけど、
浜さんのことを考えたり、浜さんの話題で酒を飲んだり、
そういう時って、実は浜さんと会っているのだと思う。
浜さんが、そこに来ているんじゃないかと思う。
だから、今日のライブも、間違いなく浜さんは見ていただろう。
浜さん、ほんとにありがとう。

※楽屋
IMG_1385.jpg
スポンサーサイト

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽





このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/09/19 20:13】 | #[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.