ADMIN TITLE LIST
今日はラーメン店の紹介。
前回のラーメン店紹介は、6月23日の記事だった。
その記事の中で、職場の同僚である
エヌッチ(女・8月8日に誰かと入籍予定)のことを、
「地道にラーメン店通いをしている女」と称したところ、
エヌッチから、職場のコピー機の前で、
マイルドに苦情を告げられた。

「私、ラーメン店通いなんかしてないですよ。
 誤解されるじゃないですか。
 でも、三四郎(エヌッチが薦めた店)は
 対応が良くなかったですか…。シュン…、小栗シュン…。
 私が行った時は、まあ普通だったんですけどね」
「対応が良くないっていうより、相性が悪かった感じだね。
 でも、ラーメン自体は美味しかったよ。だから、記事に載せたし」
「きっと、永坊(えいぼう)さんだったら、
 接客態度を気に入ると思いますよ。
「ああ、円山の方にある店だよね。
 今度行ってみようと思ってるんだけど」
「塩ラーメンが美味しいですよ。すごく優しい味なんですよね」

苦情を言っておきながら、別の店を薦めているエヌッチ。
また、エヌッチとは、月に3回程度しか会話をすることが
ないように思うが、その全てがラーメンに関わる話である。
そんなエヌッチを、「地道にラーメン店通いをしている女」と
呼ばずして、何と呼べばいいのか。

■永坊(札幌市中央区南2条西24丁目)
 永坊
 エヌッチのオススメの塩ラーメンを食べた。
 豚骨、鶏ガラと魚系のダシがマイルドに醸し出されたスープで、
 山頭火のスープを優しくしたような味。
 まさに、「ラーメン」というより、「らあめん」という感じ。

 このラーメンを食べて、ひとつ確信したことがある。
 エヌッチが薦めるラーメンは、「三四郎」といい、「永坊」といい、
 基本が山頭火系のスープである。
 麺は細めのストレート。このスープならば、この麺が合うだろう。
 一口目で、「ああ、いいダシ出てるなあ」と感じる。
 それが最後まで継続する。つまり、飽きない。
 具も全て美味しかった。

 エヌッチの言ったとおり対応は良い。
 定員と客との数少ないやりとりの中で、
 小さなコミュケーションを図ろうとする努力を評価したい。
 例えば、支払いの時、「暑い中、ありがどうございました」と言われた。
 この場面で本来は必要がない「暑い中」という言葉。
 これが心をくすぐる。
 ラーメンにも、そんなプラスαが込められている気がする。
 永坊/店 ←クリックすると、大きい画像が出ます(以下同じ)。

■丸鶏庵(札幌市西区山の手6条6丁目)
 丸鶏庵
 店名は「まるちあん」と読む。
 山の手の人気店ということで行ってきた。
 「豚そば」の正油を注文、と思いきや、
 つや(あっさりめ)とコク(濃いめ)の2種類があるので、
 どちらか選ぶように言われた。
 「人気のあるほうで」と答えると、
 「同じくらいなんです」と返ってきた。
 たとえ誇大表現になろうとも、店側がオススメしたい方を示す、
 そんなアクティブなプレゼンが欲しかった。
 私のように迷走している客には、店側が導く姿勢も大事だと思う。

 結局、あっさりめの「つや」を注文した。

 一口スープを飲むと、魚系のダシのキレがあり、
 「豚そば」ならではの強烈さを感じた。
 しかし、ベースはあくまで肉系という感じで、
 魚系が強すぎて渋い味のするスープが苦手な私にとっては、
 嫌味のない、非常にバランスのとれたスープだった。

 現在、札幌では「豚そば」と呼ばれる肉系・魚系両方のダシが
 強く出た、コクのあるスープを出す店が増えており、事実、人気もある。
 その中では、間違いなくトップクラスだろう。
 麺は黄色系で太さは普通。やや縮れているしっかりした麺。
 スープとの相性もいい。

 なお、あっさりめを注文したものの、結構濃かった。
 体調がイマイチの時には、きついかもしれない。
 しかし、強烈だがバランスがとれているだけに、
 人気店であるのもうなずける味だった。
 丸鶏庵/店 

■味幸(札幌市白石区本郷通8丁目)
 味幸
 地下鉄東西線・南郷7丁目駅近くの交通量の多いストリートに、
 野暮ったく存在している。
 店内も野暮ったい。
 ラーメンを食べる以外、何もしようがないほど殺風景。
 なんとなく落ち着かず、微妙な不安がよぎる。

 正油ラーメンを注文。
 ほどなくして、ラーメンが出てきた。
 「早くね?」と、もう一人の自分に言った。
 ラーメンを見ると、やはり野暮ったい。さえない。
 スープを煮詰めているせいなのか、なぜか少しだけ「とろみ」がある。
 完全に失敗したような気持ちになる。ところが。

 美味しい。
 なんだかわからないが、美味しい。
 店の前に「とんこつ一代」の看板があったので、
 とんこつダシなのだろうが、魚系のダシも程よくあり、
 他のラーメンにはない、非常に個性的な味がする。
 まろやかでありながら、いい感じの渋さ、というか、大人の味がする。
 「どうして美味しいんだろう?」と考えながら食べていると、
 すぐに食べ終わってしまった。

 不思議な魅力がある。
 おそらく、ラーメン店選びにこだわりがない人にとっては、
 田舎の国道の過ぎゆく景色のようにしか感じない味だが、
 色々なラーメン店にトライするのが好きな人にとっては、
 田舎の国道で不意に立ち止まりたくなる景色に出会ったような
 気持ちになる味である。
 
 違う味のラーメンもぜひ食べてみたい。

 人気店ではないようなので、
 突然なくなってしまうことがないよう祈っている。
 かなり穴場です。ただ、駐車場がないので注意。
 味幸/店

■我っ天(札幌市豊平区平岸3条14丁目)

 我っ天
 店名は「がってん」と読む、と思う。
 地下鉄南北線・南平岸駅のすぐ近くにあるが、
 目立たない通りを少し奥に入ったところにあるため、
 日常的に発見される可能性の低い店だろう。

 店は普通のラーメン屋たる雰囲気だが、客が私一人だったことや、
 店内に大きな音量で流れている微妙なJ-POPが気になり、
 全ての期待を捨てた。
 ただ、店内に「当店の自慢は醤油です」と書いてあるのが、
 ありがたかった。
 迷わず、醤油を注文。

 ラーメンは「白濁+背脂」で、
 なんとなく「てつや」のラーメンと見た目は似ていた。
 一口スープを飲む。何かの味に似ている。
 また一口飲む。肉系ベースなのに、和風の香りに青ネギ。
 そう、どことなく、たこ焼きの味に似ていた。

 それが、なぜか旨い。「美味しい」のではなく「旨い」。
 見た目同様、「てつや」の味に近い部分はあるが、
 和風ダシと旨みが凝縮しているような感じがする。
 それでいて、くどくない。
 何かが突出しているわけではなく食べやすい。
 麺も独特。冷麺の麺のような、独特の堅さがあり、
 スープとの不思議な組み合わせに、夢中になって食べた。

 ただ、たこ焼き風味のするラーメンである。
 また、焼肉味も時々する。
 焼きチャーシューのせいだろうか(このチャーシューも旨い)。

 ジャンキー・ラーメンか、本物か、それを確認するため、
 再度食べに行きたい。 
 このラーメンにハマる人は確実にいると思う。

■山家(札幌市東区丘珠町86-2)
 山家
 丘珠空港近くにある店。
 以前は「一番星」というラーメン屋があったところにある。
 今年の4月にオープン。本店は滝川にあるらしい。
 店はログハウス風で、新しいせいか、木の香りが「ぷんぷん」する。
 それだけに、さとう珠緒(最近見ない)を
 取材に行かせたいラーメン店である。


 とんこつ味噌を注文。
 ネギの切り方が大きいなと思いながら、スープをすする。
 味噌味噌していなくて、さっぱりしているのにコクがある。
 そして甘みもあり、軽いニンニクの香りもいい。
 と同時に、懐かしい味がした。
 以前に食べたことがあるような味だった。

 スープを飲みながら、味の記憶をたどっていった。
 もう20年前になる。
 今はあるのかどうか不明だが、国道5号線の手稲オリンピアに
 登っていく交差点の辺りにあった「山ろく園」のラーメンの味を
 思い出した。

 王道の札幌ラーメンとは、少しラインが異なる味だが、
 正当派のしっかりしたラーメン。
 インパクトは少ないが、安心して普通に美味しく感じる。
 なお
、なんとなくだが、
 このダシなら、味噌が一番美味しいように思う。
 山家/店

以上、今回は5件を紹介した。
ラーメン記事は、6月23日以来1か月ぶりだったが、
この1か月は、ひとつも失敗をした店がなく、
全てオススメできる店だった。

夏ということで、つけ麺を食べようかと思うこともあるが、
結局は、スープを飲みたい欲求に負けてしまう。
そう、私は、暑さには滅法強い。
「ウイザウト扇風機」で夏を越せる男である。

つけ麺じゃなくても、違ったラーメンにトライしようか
と思うこともある。
例えば、油そばとか、ちゃんぽんとか。
しかし、ライブが終わったら、サミットで警察に止められ、
女子ゴルフを2日連続で見に行ったかと思えば、
職場のM美の婚約報告にドキドキして、結果的に野宿。
その間に、仕事をして、新譜を聴いて、スープカレーを食べた。
私の毎日そのものが、ちゃんぽん状態である。
そのため、ちゃんぽんを食べる気にならない。
私の毎日が、「ちゃらんぽらん」の略称として「ちゃんぽん」と
言われることがないよう、
偽りに沈むこの世界でオーイェイ、生きていきたいと思う所存です。
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ





永坊の見たが気に入りました。どんぶりあたり・・・
自分内で裏参道が熱い今日この頃。時代遅れですが・・・
【2008/07/28 21:05】 URL | マキシ #-[ 編集]

マキシさん、どうもありがとう。
マキシさんの中では、今、裏参道ブームですか。
今も隠れた名店が多いところですね。
ただ、車で行くと、裏参道も含めた円山というところは、
狭い通りが多く、交通量も多いしで、正直、不便です。

ちなみに永坊さんには、味噌ラーメンがありません。
醤油もきっと美味しいでしょう。
なんとか小さなコミュニケーションをとろうとする姿勢を
感じてきてください。
【2008/07/29 23:00】 URL | クグエSW #-[ 編集]

車はあまり乗らなくなりました。
自転車で行ける所まで行きます。
もちろん、裏参道ならバリバリ行けます。
先日は友人達とモエレ沼までレースしました。
大通りから30分で着きました。1位は23分でした・・・
【2008/07/30 21:59】 URL | マキシ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.