ADMIN TITLE LIST
7月5日のライブが1週間後にせまった。
出演時刻がはっきりしたので改めてお知らせします。

■日時 7月5日(土)18時30分スタート
■場所 スピリチュアル・ラウンジ(札幌市中央区南2条西4丁目)
■出演 Noise Trafficker / Lounge Act / cradle/junjun /
      Buzz and Noisy Engine / Fungus Ooze /
         クグエ@スカイウォーカー
■料金 前売1,000円 当日1,500円
 ※私の出番は、7バンド中4番目。
     予定出演時刻は20時15分。 

今回のライブは、私のソロ名義だが、3人で出演する。
私がアコースティック・ギター、
そしてサポートとして、ベースにミチ、ドラムにオダ氏が参加する。
ミチ、オダ氏とも、THE HEART OF STONEのメンバーである。

ソロではなく3人でやる経緯は、6月9日の記事で書いたが、
最大の目的は、やりたい新曲が一人では様にならないからだ。
その曲が、「洗車のブルーズ」。

こんな曲のタイトルをつける人は、
世界広しといえど、いないのではないか。
車を洗うブルーズである。
「ブルース」ではなく、「ブルーズ」である。

 洗車のブルーズ

 洗車したその日の夜から
 雨が降り続くように
 人生なかなかうまくいかない

 その後も雨は降ったりやんだり
 予定狂って踏んだり蹴ったり
 あの娘はどこかへ行ったきり

 さえないオレのさえないこのブルーズは
 全然転がることなく
 寒い部屋の中泣いている

 洗車して汚れを落として
 陳謝して水に流そう
 そしてみんなに感謝しよう

 人生ってやつは山あり谷あり
 CCRはブラウドメアリー
 そういうもんだろう それでいいだろう

 さえないオレのさえないこのブルーズは
 全然転がることなく
 狭い部屋の中泣いている

 いつでも洗車してやるぜ
 いつでも発車してやるぜ
 いつでも感謝しているぜ
 いつでも発車してやるぜ

私は、こういう歌詞が書きたかった。
さえない自分、うまくいかない毎日。
もしかしたら無駄なことを、たくさんしているのかも。
でも、生きていれば色々なつながりの中で、
誰かが助けてくれることがある。
何かが救ってくれることがある。
今はうまくいっていないけど、
それは時がじらしているだけのことで、
自分はいつでも準備ができている。
そういう人生が見える歌詞を、ユーモアをもって表現したかった。

結局のところ、「洗車して汚れを落として 陳謝して水に流そう
そしてみんなに感謝しよう」の部分に、思いは集約されている。
汚れたら何度でも洗うし、迷惑をかけたら謝る。
何度だってやり直せる、と思いたい。
そして、やり直せるのは、色々な人のおかげである。
良いときもあれば悪いときもある。
そういうものだと受け入れて生きていこう。
今は洗車しているけど、最後には発車します。
大袈裟に言うならば、そういうことを歌っている。

私はこの曲を、事前にカセットテープに録音して、
ミチとオダ氏に渡した。
そのとき伝えたことは、「どう弾くか、どう叩くか、
一切考えないでスタジオに来てほしい」ということ。
メロディは、使用するコードが少ないロックン・ロール。
これを、はねる16ビートのリズムでやりたかった。
これには、ミチとオダ氏も、最初のうちは戸惑ったはずだ。
しばらくは、曲のフレームが掴めなかっただろう。
しかし、ライブで演奏する5曲の中で、
最もノリがある、しっかりとしたリズムに仕上がった。

私のキャリアの中で、これに雰囲気が似ている曲はない。
それだけに、ぜひ皆さんに聴いていただきたい。
トンネル餅にスープカレーやラーメンを食べ、
新譜ばかり聴いて、集客に身を入れていなかった。
新曲を、それも新しい編成でやっても、
見ていただく方がいなければ
話にならない。
皆様、どうかライブに足をお運びください。
ライブに来ていただける方は、私にご連絡を。
悪いようにはいたしません。

また、5月10日のライブで披露した曲の中からは、
「壊れたままの砂時計」、「君はもういないのさ」、
「心配いらないぜ」を演奏する。
これらもメリハリがつき、より伝わりやすい出来になっている。
多くの方の来場をお待ちしております。
よろしくお願いいたします。

080628スタジオ1

それにしても、「洗車のブルーズ」を
披露できることが嬉しい。
何年もライブをやらず、何年も曲づくりをしていなかった。
でも、今までの自分になかったような曲を書けた。
なぜだろう。
行きたいところにはたどり着けず、今も遠回りの途中、
あるいは、違う方向へ走っているかもしれない。
なんとかしたいと行動に出て、結果、たくさんの無駄もあった。
「それも無駄ではなかった」、なんてことは言うつもりはない。
無駄は無駄。
でも、そんな無駄な時間を費やした自分を否定しない。
そして、いつかたどり着けると、
わけもなく自分を信じている。
だから、こうした屈折していながも前向きな曲を書けたのだろう。
なんて、調子にのって、
カッコつけたことを書きすぎたぜオーライ。
スポンサーサイト

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽





ありがとうございます!ライブ行きます。
新曲も楽しみです!
そのライブの翌日、留萌管内に用があって
行く予定になってます。
クグエさんのグルメガイドを利用してみたいと
思います。まぁ日帰りなので時間が許す限り・・・
【2008/06/30 20:50】 URL | マキシ #-[ 編集]

ライブに来ていただけるとは、ありがとうございます。
マキシさんにとっては、演奏する全てが新曲になりますね。
「クグエ氏には未来があるな」と思えるライブになるでしょう。
お楽しみに。

また、この場を借りて恐縮ですが、
マイ本籍地である倶知安町のロック知人から、
ライブを見に来る旨のコメントをいただきました。
10何年かぶりに見ていただくことになります。
大変嬉しく、ありがたい限りです。
お待ちしております。
【2008/06/30 22:06】 URL | クグエSW #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.