ADMIN TITLE LIST
職場で私の向かいの席に座っている男が、
私に与えるストレスは大きい。
これまでも、このブログにおいて、
携帯電話のマナーモードの音が1日に数十回も鳴ることや、
パソコンのマウスについている「回転つまみ」を、
ほぼ一日中、「ガリガリガリガリ」と回していることを愚痴った。
2008.1.82008.1.232008.2.5の記事参照)
そして彼についたあだ名が「ガリガリ君」。

その後、上司がガリガリ君に対して、
「ガリガリ君のマウス、結構音がするな」、
「音がうるさくないマウス、備品の棚にあるぞ」など、
適確な指摘をしてくれたお陰で、今はかなり治まった。
しかし、マウスを取り替えたわけではなく、
ガリガリ回数を減らしたのだ。
こうした頑固さが、私との和解への道を閉ざしている。

携帯電話のマナーモード騒音回数も治まった。
どう始末をつけたのかは不明である。
ただ、パソコンの横には常に、
開いた状態の携帯電話が置かれている。
そして、しょっちゅう、携帯をいじっている。
そのうち、頬ずりしそうな気もする。

さらには、職場に一般客が来ている時でも、
携帯電話でメールをする。
彼ほど携帯モラルがない中年を知らないし、
携帯に依存し、縛られていることを
ダサいとは思わないのだろうか。

彼は、このほかにも、特異な性質がある。
例えば、「パソコンから目が離せない病」。
他の人からの決裁を受け取る時、
電話をしている時、食事をしている時、
そうした状況でも、常に目はパソコン画面を見ている。
つまり、目はパソコン画面に釘付けのため、
頭からつま先までの身体の軸の部分は動かさず、
腕だけが動いていると想像していただきたい。
異様である。

そのため、食事の時は、食べ物を一切見ていないし、
周りの人から、「お願いします」と、決裁を渡されても、
そちらに目をやることもなければ、返事もしない。

彼はそれで失敗もしている。
パソコン画面を見たまま、横に積んである書類の一部を取ろうとして、
書類を全て机から落としてしまったり、
パソコン画面を見たまま、コーヒーを取ろうとして、
過って自分の側にコーヒーをこぼし、
Yシャツとズボンを思い切り濡らしたこともある。
そのコーヒー事件の時は、午前10時頃だったにもかかわらず、
休暇処理簿に必要事項を記入した後、
誰に告げることもなく帰ってしまった。

「パソコンに目が釘付けなくらいで、
 そんなにいらつくなよ、クグエ氏」
と感じる方もおられるだろう。
なぜ私が、これほどまでに嫌悪感を表すのかというと、
彼が見ているパソコンの向こうには私がいる。
そして彼は、パソコンを見ながら、
「フッ」、「クフフフフ」と鼻で笑ったり、
「ゲッ!」と声に出して驚いたりする。
さらに、どうしてなのかはわからないが、頻繁に首をかしげる。
いずれも、私に対しての態度ではないと思いたいが、
これが一日中、さらに、毎日となると、非常に気に障るのだ。
こっちが首をかしげたくなる。
というか、ろくに仕事もしないで、
インターネットばかり見ているのだろう。

また、これは気の毒なことだが、彼は鼻が悪い。
常に、鼻がつまっているような状態にあると思われる。
そのせいか、鼻をかむ回数が多いのだが、
かなり大音量で鼻をかむ。
いつからこの部屋にBOSEのスピーカーを取り付けたのかと
探してしまうほどのサラウンドである。
そして毎回、明らかに鼻水が出ていない音がする。
つまり、乾いた大音量である。
さらに、その都度、鼻をかんだティッシュを開いて見る。
それをポケットに入れてしまう。
その一連の流れが、なんともつらい。

鼻づまり状態のため、息を吸う時は、
いわゆる「豚鼻(ぶたばな)」のような音が出る。
「いびき」みたいな音である。
これも気の毒なので責めることはできない。
ただ、あまりに回数が多いせいか、
私も変な興味をもってしまった。
自分も豚鼻ができるかな?と思い、
試しに2、3回、小さな音でやってみた。
すると、右斜め前に座る上司が、にこにこしながら、
「クグエさん、鼻の調子悪いの?」と聴いてきた。
変なところで敏感な反応はしないでいただきたい。
「豚鼻を試してみました」と答えるわけにもいかず、
「いや、大丈夫です」と短く答え、
私の豚鼻の音の余韻だけが残った。

ガリガリ君の動作は常にスローで、
表情は基本的にどんよりしている。
しかし、不思議と陽気そうな雰囲気を見せる場合がふたつある。
ひとつは、パソコン画面から印刷したものを
プリンタまで取りに行く時、「パチッ、パチッ」と指を鳴らすことである。
7、8歩の間に10回くらい鳴らしている。
一瞬、「ウエストサイド物語」を上映しているのかと
スクリーンを探してしまったり、あるいは、
ポール牧さんが来たのかと錯覚するほどだ。

腕を下げた状態で歩きながら指を鳴らす。
しかも、両手である。
ただ、気にして見てみると、右手は「パチッ」と鳴っているが、
左手での指鳴らしは、残念ながら、すかした音になっている。

もうひとつは、女性に話しかけられると、
ウハウハ・ボーイになることである。
例えば、同じ係にいるHBまゆみ(25歳・女・推定身長167㎝)が、
「あのぉ、ガリガリ君、ちょっと教えてほしいんですけど」と
話しかけると、
「なになになになに」と言って、パソコンから目を離して、
ウハウハした表情で身を乗り出す。
さらに、「そうそうそう」、「なんでなんでなんで?」、
「それでそれでそれで」など、

会話の中で、とにかく同じ言葉を繰り返す。
そのせいか、「ドリ・カムの曲の中で一番好きなのは何?」
と聞かれた時は、「LOVE LOVE LOVE」と答えていた。
スポンサーサイト

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.