FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
日本銀行総裁人事やガソリン税の暫定税率の問題で
国会が迷走している。
あまりに物事が決まらず、前に進まないため、
「何やってんだろうねぇ」と呆れている国民も多いだろう。

特に日銀総裁に関しては、
多くの国民にとって、直接影響を感じないため、興味も薄い。
「日銀総裁 戦後初の空席」という新聞の見出しが出ても、
「だから、どうした」と思った方も多いだろう。
私もそんな日本国民の一人である。

「日銀総裁なんて、どうせ財務省の天下りポストなんだろ、そうなんだろ」
という先入観と偏見と諦めを持つ私にとっては、
今回の迷走ぶりが、少し面白くも見てとれた。

自民党が最初に提案したのが「武藤新総裁」。
次が「福井総裁、武藤副総裁残留」、その次が「田波新総裁」。
いずれも、財務省(旧大蔵省)出身者である。
この人選は、自民党の案ではなく、財務省の案だろ、
と疑問を持たざるを得ない。
武藤がダメなら田波、というのは、
財務省の権益を守るための執念としか思えない。

それに対して民主党は、財務省出身者というだけで否決する。
感情のもつれに過ぎないとも思えてくる与党と野党の争いである。
こうなると、「つまらない争いをしてないで、歩み寄って早く決めるべき」
と意見したくなる方も多くいるだろう。
しかし、日銀総裁空席の不利益というものを、あまりわからない私は、
もっともつれてもいいので、もっと議論して、
人物本位で総裁を選ぶという当たり前の形に転換してほしいと思う。
今回は、その数少ないチャンスだと思う。

このようにもつれることを想像できず、
ぎりぎりになって人事案を提出した自民党、というか、
ヤスオ福田の指導力を批判する向きが強い。
それは新聞、テレビでも頻繁に言われているので、
私はそれ以上言及はしない。
もっとメディアで報じてほしいのは官僚のあり方である。

日銀総裁人事に、財務省官僚が大きく関わっていると仮定した場合だが、
官僚に優れた能力を持っている人は多くいるだろう。
まして、その幹部ともなれば、激しい競争の中で選ばれた人間として、
より優れた能力を持っている。

その能力の多くが、国民のために使われていない。
国土交通省にしても、厚生労働省にしても、防衛省にしても、
その能力が、組織を守ることにばかり使われている。
あるいは、特定の政治家を守るためだけに使われている。
特に防衛省は、国の防衛ではなく、
自己防衛の組織かと思わされることが多い。
こうした官僚のあり方が、今回の日銀総裁人事においても
根底にある問題だと思っている。

また、官僚の能力が、組織や政治家のためだけに使われていることは、
結局のところ、税金の無駄遣いにほかならない。
国民にとって大きな損失である。
こうしたことを忘れてはいけない。
政治家や官僚の体たらくぶりや不祥事の多さに飽き飽きしたり、
麻痺している方もいるだろうが、
粘り強く怒り続けていかなければならない問題である。

また、余談だが、
官僚は、例えば都内の一等地に激安料金で住居を借りることができる。
こうした優遇措置に対しても、
住んでいる家と同様、「かんしゃ」してほしい。

そして、
ガソリン税の暫定税率の問題である。
こちらの方は、国民にも直結してくる話なので、
日銀総裁人事よりは、関心が高いだろう。
と同時に、3月末で期限が切れるのに、
この期に及んで何をやってるんだと呆れている方も多いだろう。

ただ、与党と野党との間で決着がつかず、
問題が長引いていることによって、
逆に色々なことがわかったのも事実である。

「ガソリンが値下げになって良かった」だけで治まるものではない。
議決をしたばかりの国、都道府県、市町村の予算が大幅に不足する。
暫定税率の廃止によって、増税となるものもある。
さらに、道路特定財源は、事実上は、国土交通省特定財源だったのかなと
私のようなひねくれ者は考える。

色々と混乱は生じるだろう。
しかし、暫定税率というものを、ひいては道路特定財源というものを、
しっかりと議論する、またとない機会かもしれない。
そして、これだけ問題になると、国民も考える。
暫定税率を少しだけ延長、あるいは一時的に廃止してでも、
きちんとした徹底議論を望む。

この件に関しても、ヤスオ福田の評価は下降の一途をたどっている。
政治の停滞を招いた責任は確かにある。
また、道路予算を特定財源のままとすることにこだわっていたのに、
一般財源化も視野に見直すように指示するなど、一貫性がない。

しかし私は、良い点もあると思っている。
民主党の主張を聴き、国民世論を見て、考え直すというのは、
取りようによっては柔軟だし、
大局的に見れば、良い方向に向かっていると思っている。

ただ、ヤスオ福田はイメージが良くない。
もう少し具体的に言えば、見せ方が良くない。
危機感も緊迫感もあるだろうが、飄々と見えてしまう。
聴く耳を持つ人なのに、信念が無いように見えてしまう。
結局のところ、政治センスがないのかな、とも思えてしまう。

いずれにしても、目先のことにとらわれず、
しっかりとした議論をしてもらいたい。
時間がないからと、ぐだぐだの状態で、
数の力だけで決着がつくのだけは勘弁してほしい。
スポンサーサイト




テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.