ADMIN TITLE LIST

今日3月16日、私は東千歳バーベキューへ行ってきた。
鶏の半身の炭焼きを提供している店である。
2月23日にも、東千歳バーベキューを目指し、車を走らせた。
しかし、前日の猛吹雪によって、国道274号線が通行止めになっており、
長沼町で引き返してきた経緯がある(詳しくは2月24日の記事にあり)。

しかし、私はくじけなかった。
この3週間の間、再挑戦のタイミングを図っていた。
東千歳バーベキューへ行くことは、年度末までの最大目標だった。
目標というより、夢だったと言ってしまおう。
この熱い思いが、ドリームズをカムトゥルーすると信じていた。
そして、再挑戦する日が来た。
それが今日だった。

東千歳バーベキュー・店

昨日の夜から、「あの道を走り、あそこで曲がる、
店に着いたら、こんな感じで、これを注文する」など
イメージ・トレーニングまでした。
というか、しようと思わなくても、
気づいたらイメージ・トレーニングをしていた。

さらには、家に帰ってから、東千歳バーベキューを絶賛したブログ記事を
書いているところまでイメージ・トレーニングをしてしまった。
そして今、そのイメージのままの行動をしようとしている。

そう、東千歳バーベキュー COME TRUE である。
ずっと心に描いた未来予想図は、思ったとおりにかなえられた。
そして、メチャクチャ美味しかった。
ほんとうに美味しかった。
一口目、「おお~、これは美味いね」、
二口目、「これは、まじに美味いって」、
三口目、「いや、ほんとすごいよ、これ」と、
興奮のあまり、似たようなことばかり立て続けに言っていた。
それだけエキサイトさせるパワーのある食べ物だった。
しかし、3分もすると、夢中で食べるあまり、会話を全くしなかった。
それだけ集中させるパワーのある食べ物だった。


↓4つあるが、2つで1人前。1人前は800円。
  量が多く感じるが、美味しさも手伝い、成人男性なら1人前を容易に食べ切れるだろう。
   成人女性でも、飽きない限りはいけるだろう。写真で見ても美味そう。
東千歳バーベキュー

生の鶏の半身を、炭の上の網に置いて焼いただけの商品である。
味付けは塩とコショウのみである。
しかも、店の方が塩とコショウをドバトバとかけ、
「肉は適当に裏返して10分くらい焼いてください」と言ったきりで去り、
あとはDO IT YOURSELFだった。
にもかかわらず、炭焼きの香ばしさ、味付けのバランス、
肉の柔らかさ、甘み、そうした全てが見事に融合していた。

「炭で焼けば、どんな肉でもそれなりに美味しいんじゃないの?」
と思う無かれ。
このバーベキューには、そうした短絡的なことは言えないサムシングがあった。
そのサムシングは、良い炭を使っているからかもしれないし、
炭と網の間の距離が絶妙だからなのかもしれない。
また、一見、適当に思える塩とコショウの量も、
実は計算し尽くされているのかもしれない。
ここまでは、いずれも「かもしれない」である。

はっきりと素晴らしさを語れるのは、鶏肉である。
見た目で鮮度の良さがわかるくらいに輝いている。
また、ぬるぬる感が全くない。
そして、特筆すべきは、内臓の処理と血抜きの完璧さである。
そのため、骨付きの大ぶりの鶏の半身にもかかわらず、
食べられない部分が少なく、嫌な味のする箇所が全くない。
また、筋(すじ)が全くない。
さらに、肉の厚さが絶妙である。
そのせいで、炭焼きにもかかわらず、しっかり中まで火が通っている。
この鶏肉の処理には、相当の労苦と工夫が見受けられ、非常に感動した。

東千歳まで足を運んだこと、畑の中にぽつんと存在すること、
知る人ぞ知るような店、倉庫の中の油まみれの壁と天井、
そうした特別な状況は、実際の味にプラスされる要素である。
だか、しかし、そうした要素を除いても、
鶏肉を焼いたものとしては、これまでで一番美味しかった。
そう言っていい。
そう言い切っていい。

東千歳バーベキュー・野菜炒め

東千歳バーベキュー経験者が口を揃えて、「必ず食べるべし」と言う、
野菜炒めも食べた。
1人前200円。2人で1人前でいい。それくらい量がある。
これも美味しい。
具はキャベツともやしだけ。そういえば、ポンポチらしきものも入っていた。
味付けは塩と塩っぽいサムシングだと思う。

家で食べる野菜炒めに味は近いが、決定的にサムシングが違う。
だが、そのサムシングがわからない。
ただ、はっきり言えるのは、キャベツ自体が美味しいことである。
炒めなくても、相当美味しいキャベツだと思う。

髪の毛や衣服には、かなりの臭いがつくし、
下手をすれば、天井から油が落ちてくる、とも聴いていたため、
店に入る前にウインドブレーカーを着用し、
頭に巻くためのタオルを用意した。
確かに煙と油の空気にまみれる。
しかし、ちょっと喚起の悪い焼鳥屋や焼肉屋程度だと思う。
ただ、店を出た後、すぐに手を洗いたくなる。

東千歳バーベキュー・メニュー

それにしても美味しかった。
また必ず行きたい。
そして、今後も知る人ぞ知る存在であってほしい。

千歳市の東のはずれ、由仁町との境界に近い国道234号線沿いに、
ぽつんとある店である。
辺りは、畑なのか田んぼなのか、とにかく土地だらけで、
農家、あるいは酪農家が点在しているようなところである。
ちょっと見方を変えれば、アメリカっぽくもある。
バーベキューということもあり、
テキサスのようなところであると言ってしまおう。
そうした全てが素敵に思える。
すてきさテキサス。

↓国道234号線を苫小牧方面から岩見沢方面に走っていると、左の看板が出てくる。
   看板の左側は、右の写真のように、坂をくだって店がある。すてきさテキサス。
東千歳バーベキュー2 東千歳バーベキュー1

スポンサーサイト

テーマ:北海道のグルメ - ジャンル:グルメ





やっと行けたんですね!!よかった。よかった。

野菜炒めのあれは、鳥皮じゃないかと…
それにしても旨いよね。ごはんの上に野菜炒めを乗っけて食べると、こりゃまたビックリするほど何杯でも食えちゃう感じがします。
【2008/03/18 09:43】 URL | モトキ #-[ 編集]

うわっ!めっちゃ鶏のアシ!
すんごい行きたいです!
献立表の横にかいてある「ビスです」とは
何がサービスなんですか?
【2008/03/18 22:30】 URL | マキシ #-[ 編集]

モトキさん、マキシさん、コメントありがとう。

モトキ氏の言われるとおり、
野菜炒めとライスで十分に一食になりますね。
それだけなら350円。
それだけでも食べる価値ありですね。

私は、満腹になりすぎると思い、
ライスは注文しませんでした。

あと、あれは、形、味、食感からして、
ポンポチだと思います。
確かに、鳥皮が入っている場合もあるとか。

「サービスです」とは、「当店はセルフサービスです」と
書いていたような気が。
飲み物は全て瓶かペットボトルで、
所定の場所に置いてあります。
それを勝手に持ってきて飲むのです。
私は、瓶コーラを飲みました。
それもまた最高です。
「瓶」というだけで、美味しく感じます。

「サービスです」は、
「今日のBGMはサニーデイ・サービスです」と
書いていたわけではありません。念のため。
【2008/03/19 07:41】 URL | クグエSW #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.