ADMIN TITLE LIST
意識して納豆を食べるようにしている。
ボディ&ソウルが、激しく納豆を欲しているわけではない。
「決して嫌いな食べ物ではないので、健康管理のために」
との思いから食べている。
それだけだ。
ただ、それだけのことだ。
いや、それだけだろうか?

そこで私は、私自身の納豆に対する思いについて考えてみた。
考えた結果、「嫌いなわけじゃなくて、まあ好きだけど、
愛っていうのとは違う」と言う女の気持ちと似ていることに気がついた。
そう発言した女は八重歯であることにした。
私の好みの女性は、八重歯であることが多い。
八重歯が愛おしすぎて、顔を覚えていないこともあるほどだ。
八重歯を中心に世の中が回ってもいいとさえ思っている。
そんなことを考えていたら、何か寂しくなった。
そこで私は、しっとりしたジャズを聴きながら納豆を食べた。
流れる曲はもちろん、ナット・キングコール。

私の納豆の食べ方は、ユニークだと言われる。
私は、納豆に塩とコショウをかけて食べることが多い。
塩は、食塩でもいいが、アジシオがベスト電器。
コショウは、白コショウは不可で、必ずブラック・ペッパー。
できればGABANのがいいに決まってるだろうが!!
GABANな言い方、いや、野蛮な言い方ですみません。

そして、納豆とごはんは、別々に食べる。
ごはんの上に納豆はのせない。
つまり納豆は、私にとってはサラダ的な位置づけである。

このことを、職場の近くの席に座る同僚達に話したところ、
一様に、「どうして、アジシオ&ブラック・ペッパーなのか」と疑問の声。
私はやや傷ついた。
「アジシオ&ブラック・ペッパー」というユニットを作って、
音楽活動をしようかと思っていたほど、
お気に入り、かつオススメの食べ方だっただけに、
私のハートエッジに痛みが走り、ガラスの心はひび割れた。

その疑問の声に続いて、
納豆の食べ方について意見交換となった。
その中で特徴的だったのが、
このブログでも、すっかりお馴染みの中村NBRと山下MST。
二人とも、「納豆+生卵」を醤油で味付けするとのことだった。

山下MSTは、ごはん、納豆、生卵、醤油を全て混ぜるという。
それに対して、中村NBRは、生卵と醤油で卵かけごはんをつくり、
その上に、牛丼のように納豆をのせるという。
これが、二人の間に亀裂を生じさせた。

「全部混ぜたら、ただの飲み物になるだろうが!」、
「納豆を上にのせても、口に入れたらすぐに混ざり合うじゃねえか!」など、
中村NBRと山下MSTは、激しい舌戦となった。
ある意味、食に対するプライドをかけた戦いでもあった。

そんな時、中村NBRが、
「海苔を巻いて食べたら、さらに美味しくなる」と発言。
これに対して、山下MSTが、
「あっ、それ、わかるような気がする」と、
いきなり歩み寄りの姿勢を表し、あっさりと二人の溝は埋まった。

ちなみに、山下MSTによると、彼の奥さんは、
卵の黄身だけを混ぜるという、更なるこだわりもあるという。
さらに、山下MSTは、
「卵かけごはんに納豆を混ぜるんじゃないんですよ。
 納豆と卵と醤油を混ぜてから、ごはんと混ぜるんですよ」と主張。
私は、「それがどうした」的な対応をしたが、
山下MSTは、「この人はわかっていない」的な、
ある意味、してやったりの笑みを浮かべていた。
おそらく、焼酎の水割りを作る際、
焼酎を先に入れるか、水を先に入れるか程度の違いはあるのだろう。

どちらにしても、すき焼きの際の生卵にさえ抵抗がある私にとっては、
卵かけごはんに納豆というのは到底あり得ない。
しかし、すき焼きの生卵には抵抗がない方は、
試してみてもいいかもしれない。

このほかにも、納豆+キムチ、納豆+野沢菜などの意見があった。
おそらくほかにも、納豆と組み合わせのいいものや、
意外に美味しい味付けがあるだろう。
私は、アジシオ&ブラック・ペッパーのほか、
ポン酢で食べるのも好きである。

また、忘れてはいけないのが、納豆はカレーとの相性もいいことだ。
スープカレーの店でも、時々見かけるメニューである。
ひきわり納豆と鶏の挽き肉に加え、
オクラ、えのきなど、ネバネバ・ヌルヌル系のものが入っている場合が多い。
特に、プルプル(南2西9)の「ナット・挽き肉ベジタブル」は、
やみつきになる美味しさである。

私も、それをマネして、自宅で作ったことがある。
スパイスの量を多めにしたら、納豆の臭みが前に出ず、結構美味しくできた。
その後も何度か作った。

ある日、オクラなどの量を増やせば、よりヘルシーになると考え、
思い切ってネバネバ食材の量を多くしてみた。
しかし、味のバランスが悪くなり、全く美味しくなかった。
あまりの不味さにショックを受け、
それ以来、そういうカレーを作るのをやめた。
つまり、そのカレーは、二つの意味で「おくらいり」となった。
スポンサーサイト

テーマ:B級グルメ - ジャンル:グルメ





さっそく本日の朝食に塩と黒コショウで味付けた納豆を試してみました。

アジシオは無いので普通の食塩を入れ、GABANもないのでどこかの黒コショウを挽き、カクハンし十分に粘りを出した上でご飯に乗せていただきました。

結果、納豆かけご飯と納豆チャーハン
の中間とでも言いますか、おいしくないことは無いがご飯のおかずとは言えないのではないだろうか、という感想を持ちました。

ご飯に乗せるのであれば黒コショウよりゆずコショウの方があうかもしれません。
機会があったら試してみます。
いや、むしろ試してください。
【2008/03/12 12:31】 URL | ガミオオ #-[ 編集]

試していただき光栄です。
ガミオオ議員ご指摘のとおり、
アジシオ&ブラックペッパーで味付けした納豆は、
ごはんにのせて食べても、気の抜けたビールです。
つまり、「あわない」です。
アジ・ブラは、ごはんと納豆を別々に食べる人向きです。

本文にあるとおり、私にとっての納豆は、
サラダ的位置づけであり、もっと言えば「つまみ」です。
例えるなら、ハムでもないし、コンビーフでもない、
いわば「サラミ」みたいなものです。

ゆずコショウは試してみます。
結構いけるのではないかと思います。
ポン酢が合う食べ物は、ゆずコショウも合うでしょう。
と無責任に言っておきます。
【2008/03/12 22:41】 URL | クグエSW #-[ 編集]

後追いリポートです。
ガミオオ氏が提案した、「ゆずコショウで納豆を食べる」を
試してみました。
結構美味しく食べられます。
納豆臭さが、かなり緩和されます。
納豆が主食、ごはんがおかずにもなり得る味です。

厳密に言うと、やはりアジシオを少し入れると、
甘みが増して、よりいいです。
私は、化学調味料に完全にやられてます。
【2008/03/15 10:43】 URL | クグエSW #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.