FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
クロスバイクで滝川市まで行ってきた。
国道は車の音がうるさいし、
車の運転手と私の双方のストレスを軽減するため、
できるだけ走行車両が少ない道を選んで走った。

この2年間で滝川市へは
クロスバイクで5、6回行ったので、
クロスバイクが走りやすい裏道をかなり押さえた。
もしかしたら空知に関してもっと把握した情報は
これかもしれない。
20190429_01.jpg
田植え前の準備が着々と進んでいる。
田植え前は畑のようだ。

20190429_02.jpg
奈井江町内も砂川市内もほぼ裏道ばかりを走行。
車はほとんど走っておらず、地域住民は適度に見かける。
カントリー具合がちょうどいい。

20190429_03.jpg
空知川を渡って、滝川市に入る。

目的の場所は、うどんとそばの「まるかつ」。
1971年創業のザ・滝川なお店だ。
20190429_04.jpg
昭和の魅力にあふれた店がまえ。
空知に住んだならば、
どうしても訪問しておかなければならない店だった。

ここで通常の流れならば、メニュー表だったり、そばだったり、
なにがしかの写真が登場する。
しかし登場しない。
なぜならば、店内に「写真撮影禁止」と張り紙が
複数掲示されていたからだ。

店内に入ったからには、店内ルールは守りたい。
これを無視して写真撮影をする嫌な人にはなりたくない。
というわけで、写真なしでそばを説明する。

そばは、温かいのしかない。
かけそばをはじめ、天ぷらそば、カレーそば、かしわそばなど
7種類あったと思う。
いずれも330円だ。
かけそばは、何らかのオプションがあるのかと気になった。

たぬきそばをオーダー。
1分くらいで登場。
そばを提供された時点で支払いをするシステムで、
おつりは無言で渡された。
ちなみに、お店の方との会話は、
たぬきそばを出された時の「330円です」に対して、
「今、払うんですね」と返したやりとりのみ。
不明瞭な滑舌で「ごちそうさまでした」と発言した際も
ノーリアクション。仕方ない。


小ぶりな器に、天かすと長ネギで表面が覆われ、
最初はそばが見えなかった。
いわゆる「駅そば」っぽいルックスなのだが、
つゆがとても美味しかった。
どちらかといえば甘め寄りながら、ダシが利いていて、
深みを感じた。
つゆとそばの融合度も高く、これで330円なら相当お得だ。

すぐにそばが提供され、
そばの量がやや少なめなこともあるが、
美味しいので、なぜかスピーディに食べてしまい、
店内滞在は6分くらいだったのではないか。

他のお客さんもそんな感じで、とにかく回転が速い。
そして次から次にお客さんが来る。
こんなに熱い支持を得ているお店だったとは。

お店はカウンターのみ。
カウンターの中央に、おにぎりが30個くらいあった。
実際、おにぎりをオーダーする人が続出していた。
それとカレーそばをオーダーする人が意外に多かった。
20190429_05.jpg
また訪問したい。
今度はカレーそば+おにぎりを食べてみたい。
「330円です」以外、あいさつも何もされなくてもいい。
というか、むしろ次回は、「330円です」と言われる前に
330円を支払ったとしたら、
一切、一言もなく終わるのかを試してみたい。
そこまでしたくなるのは、
価格に対する価値やクオリティが極めて高いそばだからだ。
ごちそうさまでした。

スポンサーサイト






















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.