FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
昨年後半以降、外で昼食をとるときは、
圧倒的に蕎麦を食べることが多い。

年齢のせいなのか、環境のせいなのか、
生活スタイルのせいなのかは定かではないが、
麺類に限れば、蕎麦以外のものに食欲が発動されなくなった。

蕎麦の本質や真髄は全くわからないし、
知ろうともしていないが、
ひたすら蕎麦を好むようになった。
土日は自宅で朝食を蕎麦にすることも珍しくない。

一方、夕食ではなぜか食べたくならないし、
年越し蕎麦を食べる慣習も、食べたい欲求もない。

空知管内は、たくさん蕎麦屋があるわけではないが、
おいしい店や人気店が多い。
で、今回は、岩見沢市内にある蕎麦屋の人気店のひとつ、
福松(ふくしょう)」さんだ。
20190112_01.jpg
チェーン店が立ち並ぶ国道12号線と
岩見沢市の飲み屋街の中間あたりの住宅街にあり、
12時台は行列にならないまでも、
代わるがわるお客さんが来店する。

蕎麦は「並粉(なみこ)」、「更科」、「田舎」の
3種類から選択するシステム。
20190112_02.jpg 20190112_03.jpg
右の
写真上部の「並粉蕎麦」の下に「福松メーイン蕎麦」と
書かれている。
初めて訪問したとき、お店の方に「メーイン」とは何かと質問。
「うちの基本的な蕎麦です」との回答。
「ワイン」を「ワーイン」と表記すると同じ用法だ。
これが、こちらのお店のアイデンティティだ。

鳥もつ蕎麦(950円・税込み)
20190112_04.jpg
ここは岩見沢。
鳥もつ蕎麦がメニューにあれば、それにしてしまう。

蕎麦は結構白っぽく、柔らかめ。
なぜだか、ほんのり柑橘系の香りがする。
つゆの味ではなく、蕎麦から香りがする不思議。
20190112_05.jpg
つゆは柔らかく、まろやかなタイプ。
正油味の強い武骨なタイプではない方が好みなので有り難い。
鳥もつのダシが利いていて、風味もいい。
ただ薄味だ。
薄味好みの私でも薄味だと感じるかなり薄味だ。
なので、つゆを少し濃くしてもらったら、
輪郭ができつつ旨みも増した。
安心して食べられる間違いのない蕎麦だ。

                       ◆

ところで、モノ減らしムーブメントの中にいる私は、
自宅にカップラーメンの類はもう何年もない。
ただ、乾麺の蕎麦とそうめんはある。

蕎麦を食べるための丼ぶりもひとつしかない。
他の丼ぶりは全部捨てた。
事実上、使っていたのはその丼ぶりだけだったからだ。
足りなくて困ったら、ダイソーに行けばいいと考えた。
その後、足りなくて困ったことはない。

そんな感じで、食器のほか、コップやタッパー類なども
必要最低ライン+ほんの少しの予備くらいの量に減らした。
その結果、全く不便がない。
それどころか、よく使い、よく洗い、ちゃんと置くなど、
食器を労わるようになった。
食器も使ってこそだと思う。

災害に備えての予備を除けば、
過剰な予備はスペースも時間も心も奪う。
スペース、時間、心こそ予備がほしいものだ。

スポンサーサイト






















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.