FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
おそらく2018年、岩見沢市で外出してお酒を飲む機会は
これが最後になっただろう。
岩見沢だけで超有名な焼鳥店「鳥勢(とりせい)」へ行った。

2018
年の鳥勢に関して記しておかなければならないのは
看板事故だ。
まず、20188月の鳥勢。
20181227_01.jpg
長年使われてきたこの看板が、
9
4日の暴風によって倒壊し、撤去された。
そしてしばらく看板は設置されなかったが、
建物に直接取り付ける方式で新装された。
20181227_02.jpg
看板を再設置しても、このお店を知らない人にとっては
相変わらず入りにくい店構えだ。

今年は7、8回、鳥勢へ行った。
二度、満席で入店できなかった。
二度とも土曜日だった。
以来、常に予約をして訪問している。

SNS業界では、ほとんど登場しない店だが、
岩見沢では大人気店だ。
焼鳥は絶品で、常にお客さんが多く、
なのになぜSNS野郎は取り上げず、拡散もされない。
素晴らしい状況だ。
20181227_03.jpg

何度食べても美味しい。
昨年、鳥勢のもつに出会ったせいで、
次第に他の店で焼鳥を食べても物足りなくなり、
ついに今年は、「鳥勢」、「三船」、「たつみ」以外で
焼鳥を食べなかったような気がする。

そして鳥勢といえば、お通しの「キャベツの漬物」。
これは食べ放題だ。
20181227_04.jpg

私の味覚では、漬け過ぎ感と塩気がやや強いため、
一味唐辛子をかけて食べるのだが、
これと鳥もつがあれば、他のメニューはいらない。

このブログの昨年最後の記事を見てみたら、
タイトルは「今年の締めは鳥勢で」だった。
思いがけず2018年も、
岩見沢での外食飲酒の締めは「鳥勢」になった。

これはもう完全に、岩見沢におけるマイ文化でありマイ風習だ。
年越し鳥もつを食べなければ年を越せない気持ちに
自然になっているし、身体も求めたのだろう。

この日は、鳥勢を出た後、
「ドラゴン」(敬称略・以下同)という、もんじゃ焼きの店へ。
店内はE.YAZAWAの装飾であることを聞いていた。

ちなみに岩見沢では、居酒屋の「玄太」、「ママズキッチン」も
E.YAZAWA
ワールドのお店で、
特に「ママズキッチン」の店主の真田さんは、
E.SANADA
というE.YAZAWAのコピーバンドのボーカルだ。
真田さんのボーカルのクオリティは非常に高く、
それと同様に凄いのが、
真田さんの下の名前は「ひろかつ」さんなのに、
E.SANADA
と名乗っていることだ。

で、ドラゴンだ。
20181227_05.jpg
E.YAZAWAが視覚に入り、聴覚にも入ってきた。

メニューにホッピーがあると、反射的にオーダーしてしまう。
20181227_08.jpg

十数年ぶりにもんじゃ焼きを食べた。
20181227_07.jpg 20181227_06.jpg
これはホッピーに実に合う。
もんじゃ焼き以外の居酒屋的メニューもあるのだが、
もんじゃ焼きのリピートで大満足だ。

E.YAZAWA
好きの人と飲んだので、
E.YAZAWAの話で盛り上がった。
E.YAZAWA
の曲を、アメリカのスタジアムバンドのような
サウンドではなく、
ギター、ベース、ドラムだけのアレンジでやってほしいことと、
E.YAZAWA
ファンは、自分がE.YAZAWAファンであることを
視覚で訴える方が多いのはなぜなのか、という、
私にとってのE.YAZAWAに関する二大定番ネタで、
同じことを何回も喋っていたことだろう。

一週間くらい前は、かつて札幌のジャングルハウスという
バンドのベーシストだった方と、
二人で鳥もつを食べながら、
6ペンスがどうした、マディ・フランケンシュタインと
こんなことが、ミンクスはこうなったなど、
昭和終盤から平成初頭の時期の
札幌のインディーズシーンについて語り合った。

私は「こういう飲み会がしたいんだよなぁ」と
何度も言っていたらしい。
鳥もつとお酒、そして音楽の話で、
ストレスを解消したのだろう。

ただ気をつけよう。
状況によってはお酒がストレスになることも少なくないだろ。
それはお金の問題ではなく、
時間だとか、体調だとか、精神的なものとか、
そういう点で何か負債を抱えたような気持ちになることが
少なくない。

ストレスという借金を返済したいのに、
お酒でストレスが増すことは珍しくない。
仕事のストレスは、その仕事に取り組むことで
解消するのが一番すっきりする。
単に、真面目にやることだよ、
と言っているのような話ではある。
しかし、真面目にやることが最も楽な生き方だと思う。

スポンサーサイト






















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2020 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.