ADMIN TITLE LIST
まずは、私のソロ活動「激しい雨」のライブのお知らせを。

■日時 2017年8月19日(土)
■場所 とまと畑(札幌市中央区南4条東3丁目ピープルⅢ1階)
■料金 1,500円ワンドリンク付き(ではないかと思われます)
■出演(出演順・敬称略)
     ・激しい雨(19:00~19:25)
     ・北都の平八(19:30~19:55)
     ・エロチカ(20:00~20:25)
     ・塚本茂晴(20:30~20:55)
     ・レンジオブモーション(21:00~21:25)
     ・雨(21:30~21:55)
     ・ヤマガタユウジ(22:00~22:25)

「とまと畑」は初出演だ。
それもあってか出番は一番目。
今回はアコースティックギターを弾きます。
よろしくお願いします。
20170808_00.jpg

さて今回は、久しぶりに無人駅を巡るブルーズだ。
訪問したのは「夕張支線」にある6つの駅。
うち無人駅は5つだ。

夕張支線は、括りとしては石勝線の一部であるが、
国道274号線沿いにある「新夕張駅」から
夕張の本町にある「夕張駅」までの16.1kmの区間は、
「夕張支線」として別枠設定がされている。
ここをクロスバイクで巡った。

今回の無人駅巡りのスタート地点である「新夕張駅」まで
車にクロスバイクを積んで移動したのではない。
岩見沢からクロスバイクにライドオンして移動した。
そのため、スタート地点に到着するまで4時間(約57km)かかった。

クロスバイクの一日旅の主要な楽しみのひとつが昼食。
しかし、新夕張駅に到着時点で既に12時45分であり
時間的余裕に乏しかったこと、
新夕張駅近くの食堂は満席だったこと、及び
訪問する無人駅の界隈に食事できる店などないと考えられたこと
などの理由により、
新夕張駅近くのスーパー内にあった夕張市の阿部菓子舗のパン
(あんばん、ツイストドーナツ)と魚肉ソーセージで済ました。
20170808_01.jpg
いずれも普通に美味しかった。
しかしドラマがなかった。

そしていよいよ本格的にスタート。
「新夕張駅」
20170808_02.jpg
無人駅ではないどころか、特急が停車する駅でもある。
夕張支線はここから夕張の山の中へ、
方向的には北へとレールが走っている。

ちなみに、新夕張駅から東方向は帯広、釧路方面へと
つながっているのだが、
新夕張駅から占冠、トマム、新得までの約90kmの区間は
普通電車が走っておらず、この区間のみを利用する場合は
普通料金で特急に乗れることを知った。

新夕張駅から北へ向かい、最初に表れる駅は「沼ノ沢駅」
20170808_03.jpg
到着してまずショックだったのが、
駅舎に隣接して、情趣に富み、円熟味にあふれたレストランがあったこと。
ここで昼食をとれたんだ、と非常に残念な気持ちに。

周りには民家がそれなりにあり、
駅も国道452号線沿いにあるため、特に寂しい感じはなかった。
20170808_04.jpg
ホームには原生花園っぽい花畑があり、実にフォーキーだった。

続いては「南清水沢駅」
20170808_05.jpg
この駅も国道沿いにあるのに加え、
スーパー、ホームセンター、コンビニにビジネスホテルまである。
世間で言われる夕張の廃れ感は薄い。
他の無人駅では考えられないくらい人を見かけた。

駅裏からは眼下にたくさんの団地群が見えた。
20170808_06.jpg
このうちどのくらいの住宅が使用されているのかはわからないが、
使用率が高ければ結構な集落である。
夕張は奥深い。
ちなみに南清水沢駅の近くにカレー店とパン屋があった。
ここでも食事をとることができたのだ。

南清水沢駅から1.5kmで「清水沢駅」に着く。
20170808_07.jpg
駅舎は古いが、駅前ストリートは商店が建ち並ぶ。
岩内町のメインストリートよりシャッター率は低い。
新しめの住宅も比較的多い。
20170808_08.jpg
そしてこここにも駅前に食堂がある。
無人駅の近くにこんなに食堂がある路線は珍しい。

多くの無人駅は、近辺に民家が少なく、
「この駅を使っているのは何人だろう」とか、
「かつては賑わったんだろうな」と考えるが、
夕張支線は駅があっても不思議じゃない雰囲気なのだ。

それでもかなり人口が減ったことは随所に感じる。
20170808_09.jpg
ホームは長いし、駅舎も大きい。
そもそも夕張支線は、始点から終点ので夕張市のエリアで完結している。
一市町村でひとつの路線を有しているということあり、
相当利用されていたことが想像できる。

ここからは緩い上り坂が続き、夕張の本町エリアに入る。
「鹿の谷駅」
20170808_11.jpg
無人駅らしい長閑さを感じられる佇まい。
20170808_12.jpg
次の夕張駅とは1.3kmしか離れていないのにもかかわらず
駅があるということは、
このあたりに人が密集して住んでいたということだろう。

そして15時15分、終点「夕張駅」に到着。
20170808_13.jpg
夕張駅のすぐ近くには屋台とホテルマウントレースイがあり、
ミニマムに観光風情がある。
実際、観光客もそこそこいた。

しかし、地元住民は、清水沢や南清水沢の方が多く見かけた。
開いている店もメロンを売る店とコンビニのみ、という感じで、
シナモンドーナツの「うさぎや」も閉まっていた。
というか、「うさぎや」が開店しているのはしばらく見たことがない。
20170808_16.jpg
終着駅であるため、線路が寸断されている。
これだけ建造物に囲まれた中で線路が寸断している終着駅は
ここくらいだろう。
20170808_14.jpg 20170808_15.jpg
夕張支線は早ければ2019年(平成31年)の春に廃線となる。
今回クロスバイクでまわって思ったのは、
実際に乗ってみたい、いや、乗る必要がある、ということ。
清水沢の駅前食堂か沼ノ沢のレストランで食事をしたいこと。
それから、清水沢や南清水沢を、もっとディープに探索したいことだ。
20170808_17.jpg
無人駅グルメなる新展開があってもいい。

夕張にはこれまで何度も訪れているが、
点と線でしか体験していなかったことを痛感した。
夕張は特別な衰退地域だという位置づけではあるが、
右肩下がりの角度がきついだけで、現に8,500人が住んでいる。
8,500人ならば、北海道ではそこそこの人口だ。
この10年の人口減少率は歌志内市の方が大きいという事実もある。

そういうわけで、別の視線で夕張を見られ、
ちょっとした非日常感も味わえた。
ただ、岩見沢市を8時45分に出発し、17時30分に帰宅したことは、
通常の勤務時間と全く同じであり、無意識のうち日常だった。

空知は、石勝線のほか、函館本線、札沼線、室蘭本線、
留萌本線、根室本線などJRの路線が非常に多く走っている。
これまでにひととおり訪問しているが、
空知に住んだことだし、改めて巡ってみようと思っている。
繰り返さなければブルーズは深みを増さない。

スポンサーサイト


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.