ADMIN TITLE LIST
何か不調だ。
くすぶっていて突破できない感覚。
職場でも色々とある。
昼間は疲れているのに、夜は冴えてしまい眠くならない。
バンドはライブがなかなかできない現状。

なので、「激しい雨」名義でソロ活動をするわけだ。
やっと今日、5月21日のライブの詳細が判明した。
■日時:2017年5月21日(日)15時~
■場所:G-HIP
        (札幌市豊平区平岸3条9丁目 平岸東栄ビル2F)
■料金:2,500円
        (飲み放題+おにぎり+餃子)
■出演:激しい雨ほか(数バンド出演するようです)

初めての会場でのライブ。
レイアウト、機材、雰囲気、しきたりなど、どんな感じなのか。
私の出番は16時頃の予定です。

                  ◆

さて、岩見沢で最もフェイマスでポピュラーな焼鳥店「三船」。
4月に一度行き、今月も少し前に行ってきた。
看板メニューは鶏の「もつ」(左)と「せいにく」(右)。
20170516_03.jpg
もう、美味しいです。
しっかりとした肉に、あっさりとした塩加減が絶妙。
鶏系の焼き鳥ならば、これまで食べた中で一番だ。

食べ物のメニューが少ない。
「もつ」、「せいにく」、「おしんこ」、「キムチ」、「そば」のみ。
最初に「もつ」と「せいにく」をオーダーし、次に「おしんこ」。
そしてまた「もつ」と「せいにく」をオーダーするのが
私のルーティン。

そばも大人気だが、私はお酒のお供に汁ありの麺を全く欲しないので
オーダーしない。
食べたことはある。美味しいと思う。
しかし、お酒とケンカするような感じがするため、
「もつ」と「せいにく」のリフレインがいい。
ちなみに、「もつ」も「せいにく」も一本100円。

飲み物もそんなに種類はない。
こうした状況を考えると、長居するタイプの店ではない。
ちょっと寄って、サクッと飲み食いしてザ・グッバイするのが相応しく、
野村義男氏も納得するだろう。

基本的に予約をしなければ席を確保できない。
18時台、19時台は曜日に関係なく満席。
21時で閉店となるせいか、20時頃から空席も見え始める。
これは、20時スタート、21時終了もありだ。
それが粋かもしれない。
20170516_02.jpg
実に昭和な店構えだ。
たのきんトリオの時代よりも前に建てられたことは間違いない。
というか、たのきんが生まれた時代、つまり昭和30’Sかもしれない。
暖簾と看板がなければ店に見えないし、住居だとも思わない。
工場か倉庫にしか見えない。

こんなにすごい焼鳥を提供してくれる店が、
住まいから歩いて25分のところにある幸運。
お酒のお供は焼鳥が一番の私にはたまらない環境だ。
また、空知は鶏もつの焼き鳥の店が多い。
「遠足からの焼鳥」の場面は必ずあるだろう。

21日のライブの打ち上げも、
岩見沢に戻ってから三船でやりたいが、
戻ってくるのは22時頃だろうし、そもそも日曜日は休みだ。
ならば「串鳥」か「炎」だな。
それもまたいいじゃないか。
打ち上げしたいぜ、何よりも。

スポンサーサイト


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.