ADMIN TITLE LIST
帯広の桜が満開になった。
20150429_帯広・桜
4月25日、26日の週末は、ほとんど咲いておらず、
この2、3日で一気に開花したような気がする。
本格的な春の訪れだ。
実際、終日ストーブいらずになったのは26日からだし、
27日はどういうわけか帯広は真夏日になった。

そんなウェルカム・スプリングな4月29日、
桜だけではなく、立川談春氏も帯広に来てくれた。
帯広市民文化ホールに彼の落語を観に行ってきた。

談春氏に関しては、2009年にこのブログで、
彼の著書「赤めだか」を紹介するなど、かねて興味を持っていた。
札幌に住んでいた2年前か、3年前か、彼の落語を観ようとするも完売。
今では首都圏においてはチケット入手が極めて困難。
札幌公演も即日完売。
そんな彼が帯広に来てくれるのである。
観ないわけにはいかない。

ただ帯広では、3月はおろか、4月になっても
新聞に広告が載っていたので、
慌ててチケットを購入する必要はないのかと思い、
仕事と音楽活動の忙しさにかまけて、チケット入手を怠っていた。

で、4月上旬に、藤丸のプレイガイドにチケットを買いに行くと、
「今日完売しました」とのこと。
慌てて、ローソンチケットにアクセスするとこちらも完売。
これはやばいと帯広市民センターに問い合わせると、
「完売したけれど2枚なら取り寄せられる」とのこと。
そんなギリギリセーフの状態でなんとかチケットを入手した。

20150429_落語1 
公演は休憩15分をはさみながら3時間に及ぶ実に濃い内容だった。

前座なし、最初から最後まで談春オンリー。
間延びや飽きるようなことはなく、
かといって、押しつけ感もなく、
実に心地良い流れで、淀みなく楽しめた。

落語を生で観るようになったのは10年くらい前。
留萌に住んでいた頃である。
それ以来、7、8回観た。
特に印象に残っているのは立川志の輔と柳家花緑である。

ただ、落語には結構当たり外れというか、相性みたいのがあり、
つまらないものは徹底的につまらない。
落語の最中に寝てしまうことも数回あったし、
大喜利でテレビに出ている落語家も、
話し方や話の運び方の技術に疑問を感じたことも少なくない。

その点、談春は素晴らしかった。
オープニングの雑談的トークから落語に入る流れが絶妙だったし、
何より発声がしっかりしており、声に張りがあり通りが良い。
かむこともないし、「まあ」や「あのぉ」など全く使わない。

落語家に限らず、一般人のトークや説明において、
「まあ」や「あのぉ」が多いとイライラしてくる。
内容に集中できなくなり、
「まあ」と「あのぉ」を言うタイミングを予測したり、
言った回数数えたりしてしまう。

20150429_落語2  
談春の話しぶりは強弱のバランスか良く、表情の使い分けも見事だった。
ストーリーの補足説明的なフォローも巧かった。
顔も声も展開も迫力がある。
迫ってくるし、引き込んでいく。
これがプロの芸だな。
芸もないのに「芸人やってます」と、
何の羞恥心もなく言ってしまうお笑いタレントがはびこる中、
談春は、まさしく真の芸人であることを証明してくれた。

六花亭など帯広ネタを嫌味なく導入しつつ、
地元政治家ネタも臆せず挿入してくるところも、
ライブならではの味わいだった。

そして何よりオチが鮮やかで、
オチにつながる伏線の組み立ても自然で巧みだった。
ほんとうの「芸」を観せてもらえた。

スポンサーサイト

4月上旬にJR帯広駅から清水町の御影(みかげ)にある
トンカツの店「みしな」まで歩いた。
約23kmを4時間20分かけて歩き、
人気メニューである「カツスパ」を食べ、JRに乗って帰ってきた。

これが思った以上に楽しかった。
歩ききった達成感よりも、長時間歩いたことによる食事の美味しさや、
普通電車に乗ってぼんやり景色を見ながら味わう疲労感の心地良さが、
なんかいいな、と思えたのだ。

ならば第二段にトライしてみようかと。
そこで、池田町のうどん店「麦笑」(むぎわら)を目指すことにした。
「みしな」へは帯広からひたすら西へ向かう経路だったが、
池田町へはひたすら東だ。
推定距離は25kmか26kmくらいだ。

20140422_01 
長時間歩くため、朝からカレーチャーハンを食べるなど強気な朝食をとり、
午前8時30分にJR帯広駅を出発。
やや遅めに出発したのは、帰りのJRの時刻との兼ね合いだ。

天気は快晴で風は弱め。
条件には恵まれた。
しかし、清水町を目指した時もそうだったのだが、
歩き始めて60分から90分くらいのところで、
中途半端な疲れと、残りの距離を想像しての不安のせいか、
なんとなく気持ちがのらなくなる。

そういう時は迷わず休憩だ。
幕別町の札内を過ぎ、本町までの間にあるセイコーマートで、
あんパンとコーヒーによりエナジーを注入。
これで安定した。
前奏が終わり、歌入りした感じだ。
11時15分、幕別町の本町に到着。
20140422_04 20140422_06
私にとって幕別本町の印象といえば、
牛尾建材センターの建物であり、NITTAXの工場である。

20140422_07 20140422_08
そして幕別チップの木材を見て、十勝川をわたる。

20140422_09 20140422_10
池田町の利別(としべつ)を過ぎると、
ひたすら畑のど真ん中を突き抜ける国道を進み(写真左)、
やがてオレンジの看板が現れる(写真右)。

20140422_11
そして目的地である「麦笑」に到着。
この時、13時10分。
JR帯広駅から4時間40分を要した。

池田町郊外の民家が点在するエリアにあるうどん店である。
店主の方は徳島県出身。
オープンは2011年8月。
複数の人から、ここのうどんは絶品だと話を聞いていた。
土日は激混みだと注意喚起もされていた。
昨年訪問した際は、品切れ終了という残念な経験もした。

で、かけうどん(490円)登場。
念願の出会いを果たす。
20140422_13 
とんでもなく美味しい。
間違いなく、これまで食べたうどんの中で一番美味しい。
写真ではわかりにくいが、
実に瑞々しく、とろけるようでありながらモチモチ。
これまでに出会ったうどんとは別物といってもいい。
出汁も品良く、しみ入る深みがある。

うどん店は量が少ないのがありがちだが、
こちらのは、きちんと一人前として納得のいく量だった。
つゆまで完食。
十勝にはこんなに凄いうどんがあるんだな。
札幌に住むことになっても食べに来ることだろう。

20140422_14
強気に小天丼(500円)もオーダー。
「小」でありながら、ライスの量は茶碗一杯よりも多かった。
これも良い。奇をてらわず、いい意味であっさりとしていて、
それでいて香ばしく、これまた絶品だった。

20140422_12
店の前の喫煙スペースで一服した後、JR利別駅を目指す。
胃袋は満たされ、ぽかぽか陽気の中、少し眠気も感じながら、
だらだらと歩く。
こういう時も妙に気持ちいい。
約50分かかってJR利別駅に到着。
20140422_16 
元々は駅員がいたと思われる大きな駅舎。
待合室では、頭の中で新しい曲の歌詞を整理していた。
というか、歩いている時間の三分の一くらいは歌詞のことを考えていた。
歌詞づくりは、環境を変えると、別の切り口で考えられることがあるので
結構効果的である。

20140422_17
畑の中にある長閑な駅だった。

20140422_18
誰も来ない。
ただ電車を待つ。
寂しくない。
退屈でもない。
むしろ心が洗われていく。

20140422_20 20140422_21
15時18分の電車に乗る。
車窓から時々歩いてきた道が見える。
帰りも歩けと言われても無理だなと思う。
お気楽に過ごしているな。
なぜに歩いて行くのか。
深い意味はない。
なんか面白いからだ。
達成感など求めたら楽しくなくなる。

20140422_22
15時50分、JR帯広駅到着。
うどんと天丼で満腹になったのに甘いものを欲する。

早速、長崎屋内の柳月で「どらパンケ」を購入。
20140422_23 20140422_24
夕方は売り切れになっていることも少なくない商品だ。
帰宅後、着替えもせずに食べる。
美味しい。
嬉しくなる。
柳月のお菓子の詰め合わせだけで夕食にするのもいいかもしれない。
夢のような話だ。
ただ、やろうと思えばすぐに叶う夢だ。
いずれやってみよう。
きっとやるだろう。

帯広から、西方面と東方面の遠足を果たした。
こうなったら南と北も行くべきではないか。
目的はより美味しく高カロリーな昼食をとり、
帯広に戻ったら甘いものを味わうこと。

歩いて消費するカロリーはしれたものだろう。
遠足をすると摂取するカロリーの方が完全に多く、
遠足翌日は手足がむくむ。
健康のための遠足ではないことは確かだ。



2015年4月24日金曜日、
帯広のライブハウス「チャボ」で行われたライブに、
「激しい雨」名義で出演した。

セットリストは次のとおり。

1 夏は終わった
2 何かが足りない
3 トビラ
4 古びた喫茶店
5 ゆとり

2015042401 
ライブは夜9時スタートということで、
普通に夕食をとってから会場入り。
お客さんはほぼ知り合いオンリー。
とてもリラックスした状態でライブはスタートし、
充実した気持ちで終えた。

とはいえ、ライブに臨むにあたり、
練習していても、荒さやノリの無さが気になり、
また、「激しい雨」のもう一人のメンバーである盟友タナカ氏との間での
センスや能力の違いからくる「機微」みたいなものが、
なかなか折り合わず不安が大きかった。

タナカ氏はかなりのストレスがあっただろう。
ライブ直前一週間は、一日おきに二人で練習した。
タナカ氏の方から「もっと二人で練習しないとやばい」と
申し出てきたからだ。
練習中も練習後も、タナカ氏はため息をついたり、
話しかけても放心状態になって反応できなかったりするなど、
私のオーダーに相当苦しんだと思う。
熟睡できない、とも言っていた。

オーダーに応えられなければ、その箇所は私が弾く。
あるいは、その曲をセットリストからおとす。
しかし、タナカ氏のプライドがそれを許さなかったのだと思う。
それだけに、タナカ氏の方から、「もっと二人で練習したい」と
言ってきたことは大変嬉しく、
その時点ではぐだぐだだったが、
最終的にはいいところに収まるような確信を得た気がした。

2015042402
結果的に、いい形、いい色、いい雰囲気でライブを終えられた。
タナカ氏と二人での「激しい雨」活動の中で、
最も達成感と充実感のあるパフォーマンスとなった。

そうなると、ライブ後の打ち上げも深くなる。
最初から濃い酒を欲した。
炭酸も要らなかった。
カウンターに置いてあった、ニッカのシングルモルトウイスキー「余市」の
ラベルの引きこまれ、迷わずオーダーし乾杯。
自然にウイスキーを求めたのは久しぶりだし、
これほどウイスキーを美味しいと感じたことも最近はなかった。
ウイスキーが沁みる夜は良い日なのかもしれない。

共演したMITSUMIさんと池田正樹さんとも、
また少し親交が深まった気がして、実に有り難かった。
彼らのおかげで、良い空気感でライブができたし、
彼らのパフォーマンスにも心地よく溶け込めた。

チャボを後にしたのは午後11時30分。
そこからは二人で改めて打ち上げ。
私が、「ウイスキーを飲みたい。今日は日本酒や焼酎を全く欲しない」と
発言すると、タナカ氏は、
「洋酒から飲み始めると、洋酒から離れられない」と、
妙に説得力のあることを言い、なぜか気分が盛り上がった。

そういうわけで、この日はウイスキーと赤ワインづくし。
料理も、通常ではあり得ない洋テイストなものを求め、
「海老とペンネのなんとかサラダ」を二度オーダーした。

午前2時過ぎに打ち上げ終了。
タナカ氏はやっと解放されたのだろう。
飲むペースが早かったし、帰るときは相当ぐったりきていた。
私が言うのはおこがましいが、
タナカ氏がやり抜いたことに感心するし敬意を払いたい。

タナカ氏をタクシーに乗せた後、
私はローソンで、あんドーナツとピーナッツチョコを買って歩いて帰り、
帰宅してから、それをつまみに小一時間ウイスキーを飲みながら、
その日のライブ映像を見ているうちに、そのままソファで眠った。
最高だ。ほんとに最高のひとときだった。

2014042404   
ライブ翌日、朝7時に目か覚めた。
結構飲んだ後、4時間も寝ていないのに
やけにすっきりしていた。
私も、ライブのことに加え、仕事や私生活も含めて、
様々なプレッシャーやストレスがあったのだと実感した。
色々と取りついていたものが、
洗い流されてすっきりした感覚だった。

実際、この二週間くらいは、
食べても食べても満腹にならない違和感があり、
そのせいか手足がむくんで不快感があったり、
なんとなく身体がかたくなって、ひとつひとつの動作が面倒だったり、
そうしたことをひっくるめてイライラしたりと、
ずっと体調が良くなかった。

街の片隅における少人数でのライブにすぎない。
それでも、とても大きな思いを持って臨んでいる。
まさに自己満足。
それでもいい。夢中になれるものがあって良かった。
だから、なんというか「救われている」気がする。

ゴールデンウイークが始まったばかりだが、
私にとっては、このライブがゴールデンウイークの最大イベントだった。
取りついていたものが落ち、解放された。
これから数日は風まかせに過ごそうと思う。
楽しみが終わったことの寂しさがあり、虚脱感もある。
しかし、メリとハリのバランスが大事だ。

客観的に見ると、「おめでたい中年」と思われるかもしれない。
たかがライブではあるが、
されどライブであり、やっぱりライブである。
それに、「客観」といっても、
純粋な「客観」はこの世にはないと思っている。
あくまで、その人が感じる「客観」なのであって、
結局、「客観」は「主観」の一部に過ぎない。

そう思いつつ、大イベントが終わった後なので、
当面は欲を出しすぎず、客観的に謙虚に過ごしていこうと思う。
メリがあってのハリなのだ。


寝起きの部屋の窓から外を見ると雨だった。
天気予報では曇りのはずだったが雨だった。
ただ、路面は濡れているものの、
ワイパーを作動している車もあれば、そうでない車もあった。
つまり、水たまりができるほどではなく、
霧雨と小雨の中間のような雨だった。

この日私は、歩いて遠出をする予定だった。
具体に言おう。
帯広の自宅から、清水町の御影(みかげ)まで歩いてみようと考えていた。
その最大の理由は、十勝におけるトンカツの有名店「みしな」の
カツスパを最高の状態で食べたかったからだ。

JR帯広駅から「みしな」までの距離は約23km
車で行けば、なんてことはない距離だし、
もう少し暖かくなれば自転車でも行ける。
なのに私は歩いて行くことにこだわった。
まだ寒いこの時期、明るい時間帯に疲労と空腹の状態で、
カツスパを食べたらどれだけ美味しいだろう。
その想像が欲望に変わり、そこから逃れられなくなったというわけだ。

1時間に5kmのペースで歩けば5時間で着く。
5時間歩くのは登山なら珍しくはない。
しかも、みしなロードは登り坂などほとんどない。
ならば行けちゃうんじゃないかと単純に思った。

この日を逃したら、またしばらく日中フリーになる日はこない。
小雨だが傘がなくても歩けそうだ。
しかも天気予報は終日曇り。
ならば、じきに雨はあがるだろう。
そう判断した私は、自宅を出て小雨の中へ。

スタート地点はJR帯広駅にした。
自宅から「みしな」の方向とは逆になるが、
JR帯広駅までは歩いて10分弱だし、
明確なところからスタートした方が、今後の基準になると考えたのだ。

で、朝7時44分、JR帯広駅を出発。
2015041101
ひたすら白樺通りを西へ。
雨よりも寒さの方がこたえた。
歩き始めて1時間。西帯広のセブンイレブンで
甘ったるいホットコーヒーを飲んで休憩。
今振り返ると、ここまでの道程が一番きつかった。
朝のせいか、寒さのせいか、濡れた路面を走る車の騒音のせいか、
エナジーの出方が消極的で、戻ろうかと何度か考えたりもした。

それでも足は「みしな」へと向かった。
歩き始めて2時間半を過ぎた頃、JR芽室駅に到着。
2015041102
長時間歩くため、強気に朝食をとったが、
芽室に着くまでの間に強烈に甘いものを欲した。
まだ半分くらいの距離しか来ていないのだし、
ここで無理に我慢をするのはよろしくないと考え、
芽室のセブンイレブンで大好物のバタースコッチを食す。

これが良かった。
次第にエナジーが沸いてきた。
菓子パンの即効力に感謝だ。

JR芽室駅を後にして、国道38号線に出た。
途中、歩道のない区間が数キロあり、
危険感と車の騒音の近さのせいでストレスがたまった。
しかし、菓子パンパワーでそれを払いのけた。

次第に足は重たくなったが、
歩き始めて3時間半くらいになると、
もう確実に「みしな」にはたどり着けるだろうという確信が生まれた。

そして12時5分頃、無事「みしな」に到着。
2015041103 2015041104
所要時間約4時間20分。
菓子パンのおかげか、いや、菓子パンのせいか、
それなりの疲労はあったが、それほど空腹ではない状態で
カツスパと対面することになった。
もう少し腹ぺこな状態でこの時を迎えたかったと
ほんの少し残念な気持ちになった。

ところが、だ。
カツスパが目の前に現れ、一口、二口と食べるにつれ、
逆に猛烈に食欲が増した。
食べ進むほどにもっと食べたくなる現象だ。
2015041105
オーダーしたのは、ヒレカツのカツスパ。
クセのない優しい甘味のあるミートソース。
豚肉もクセがなく、飽きのこないあっさりとした旨みが食を進めた。
強烈さではなく、偉大なる普通感がたまらなく良い。
美味しい。実に美味しい。
もっと食べたい。なくなって欲しくない。
そんな気持ちで食べ終えた。

歩いて消費するカロリーなどしれたもので、
しかも、途中で菓子パンを食べているし、
4時間20分も歩いた後でもカツスパなら満腹になるだろうと
思っていたが、やはり結構エナジーを消費したのだろう。
食べ終わったとき、もう一人前食べられるのではないか思った。

ちなみに、「みしな」さんでは、
トンカツのお店であり、カツありきであるため、
メニューは「スパカツ」ではなく「カツスパ」だ。

満足した。
大いに満足した。
ただ、心は十分に満たされたが、胃袋はまだ欲した。
ウォーキングパワー恐るべしだ。
しかも、またしても甘いものを欲した。
そこで、「みしな」を出た後、
近くのセイコーマートでスニッカーズを購入。
これまた美味しかった。

スパカツの後のスニッカーズ。
通常の昼食では考えられない重たく、濃い組み合わせだ。
なのに、4時間以上も歩くと、極上の組み合わせに思えた。
スニッカーズのある時代に生きていることに感謝したほどだ。

帰りは迷わずJRに乗車。
さすがに帰りも歩く気にはならなかった。
雨は朝より強くなっていた。
2015041106 2015041107
「みしな」から十数分歩いてJR御影駅に到着。
今は無人駅だが大きな駅舎であり、ホームも広く長く、
さらに切符を売る窓口も二つあるなど、
かつては多くの利用者がいたことを思わせた。

車内では、程よい疲労感と満腹感の中、
長閑な風景をぼんやりと眺めていた。
至福の時だ。

そして、午後2時20分過ぎにJR帯広駅に到着。
2015041108
またしても甘いものを欲し、駅構内のセブンイレブンでどら焼きを購入。
自宅まで10分弱にもかかわらず、そこまで待てず駅構内で食す。
これまた美味しかった。

帰宅して、ソファに座ってコーヒーを飲んでいたら、
いい感じで眠くなってきた。
この瞬間がたまらなく気持ちいい。
午後のまどろみだ。
ビートルズにそれっぽい曲があったな。
なんて曲だっただろう。
ペーパーカップとか歌詞に出てきたな。
いや、ゲットバックホームとか歌ってる曲だったか。
そうやって曲名を思い出す前にソファで眠った。

最高だ。
こういう休日を求めて日々耐えているのだ。
それにしても、カツスパをより美味しく食べたいという目的だけで
あえて4時間以上も歩く。
これが大人の遠足だ。
ちょっとクセになりそうだ。




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2015 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.