ADMIN TITLE LIST
8月30日は快晴だった。
4月に帯広に住み始めてからの休日の中で、
最も心地よく澄み渡る空だった。
そこで山に出かけた。

帯広にいると山の存在を感じない。
観光ガイドには、日高連峰が云々と書かれていたりするが、
現実的にはかなり遠くある。
しかも6月頃からは山に雲がかかっている日がほとんどである。
なので、札幌方面や後志方面に行くと、
山があまりに近くにあることに、ちょっとした驚きを感じる。

それでも十勝に山はある。
帯広に山がないだけで、十勝全体を見ると、
特に北部と西部には幾つもの魅力的な山がある。
せっかく帯広に住んだのだ。
登れる体力とハートと装備があるならば行くべきなのだ。

夏の終わりが近づき、遠くに山が見える日が少しずつ増えてきた。
登れるチャンスはこれから2か月くらいだろう。
そう思っていたら、8月30日は休日と天候とハートがかみ合った。
剣山(つるぎざん)を目指した。
ここにしたのは、そこそこ標高がある最も近い山だったからだ。
20140830剣山1 
剣山は清水町にある。
登山口に到着するまで約1時間。
2年ぶりの登山だったせいか、感覚を取り戻すのに苦戦した。
特に頂上近くは3カ所ほど梯子で登る箇所があったのだが、
あまりに急角度だったので怖かった。
20140830剣山2 
梯子を上がるのはよかったが、降りる時の一歩目が恐ろしかった。

それにも増して怖かったのが頂上だ。
この写真の中央にあるのが頂上。断崖絶壁だ。
20140830剣山3

頂上からの眺望はほんとうに素晴らしかった。
あまりの高度感に圧倒された。
直下に、これでもかというくらい十勝平野が広がる。
20140830剣山4 

十勝平野に対して、どれだけ平らなのよ、と突っ込みたくもなったが、
それに対して、頂上に平らなところはなく、突っ込む余裕はまるでなく、
恐怖におののき岩にへばりついているしかなかった。
20140830剣山5 

ちょっと気を抜けば転落しそうで、絶景を楽しむ余裕がなかった。
左の写真が頂上の左側、右の写真が頂上の右側だ。
20140830剣山6 20140830剣山7

遊園地のフリーフォールに乗ったときのような下腹部の浮遊感に襲われ、
頂上には10分しか滞在しなかった。
頂上の定員は5人が限界だろう。
恐怖が絶景の感動を上回る凄いところだ。
20140830剣山8
なお、剣山という名のとおり、頂上には剣が差し込まれていた。
どうやって差し込んだのか。
命がけだっただろう。
何がそうさせたのか。

帯広で山を感じないことを嘆いていた。
しかし、このままじゃ寂しいので、こちらから山を感じに行った。
そうすると、向こうから近づいてきてくれたような感覚にもなった。
まずは向かってみることが大事なのだと改めて思う。

スポンサーサイト

「十勝には、これといったラーメンがない」
帯広に住む前も、帯広に住んでからも、そういう話をよく聞いた。
確かに各種の媒体で、十勝のラーメンを取り上げることなどないし、
「十勝に住んだら、あそこのあのラーメンをぜひ食べてほしい」と
リコメンドしてくれた人もいない。

ところが、実際帯広に住んでみると、ラーメン店がよく目に入る。
冷静に見ても、豚丼店よりは多い。
帯広市内だけではない。
十勝管内の町村に出かけると、
ちょっと気になる店構えのラーメン店がいくつもある。

そういうわけで、地味に外でラーメンを食べている。
月に3杯くらいなので、語れる域にはない。
しかし語ってしまおう。
帯広市内のラーメンは別途やるとして、
今回は十勝管内のラーメンについてリポートさせていただく。

                   ◆

十勝には、「これが十勝のラーメン」という特徴的なものはない。
ざっくりいえば、昭和の時代からある札幌ラーメン的な味の店が多い。
平成の札幌ラーメン的な味(純すみ系、月見軒、けやき等)には
出会っていない。
それはそれでいい。
気持ちのいい雰囲気で、美味しいものが食べられれば、
昭和でも平成でも、どちらでもいい。

帯広市の東隣にあるのが幕別町。
幕別町の札内(さつない)は帯広駅から5kmくらい離れていない。
そこにあるのが、福亭(ふくてい)
福亭・店
少し多めに飲酒した翌日は味噌ラーメンを欲する。
訪問した日はまさにそういう日だった。
店に向かう道中、頭の中は麺でいっぱいだった。
聴いていたFMレディオから、「麺アットワーク」の曲が
流れてきて、気分は盛り上がった。

で、味噌ラーメン(800円)だ。
幕別・福亭
豚骨ダシのまろやかなコクのあるプースー。
すっきりとした甘味もある。
何かが強く出過ぎていないため食べやすい。
麺が固めなのも嬉しい。
もやしとタマネギもプースーにうまく馴染んでいる。
チャーシューは好みが分かれるかも。

要はちゃんとした味噌ラーメンなわけです。
美味しかったと素直に言える王道ラーメンである。
日曜日の昼に訪問したが、次から次に入れ替わりお客さんが来ていた。
回転が早い点もよろしいのではないでしょうか。

                      ◆

続いては、池田町の「再来」

いいです、この飾り気の無さ。
再来・店
仕事で池田町に行く際、その数日前から同行者に対し、
「昼食は再来でラーメンを食べたい」と懇願。
訪問が実現した。

帯広のコミュニティFMを聴きながら池田町へ向かう。
私の頭の中は、この日も麺でいっぱいだった。
そのため、レディオからビートルズの「イン・マイ・ライフ」が
流れてきた時、ビートルズを流すなら、
「タックス麺」や、「プリーズ・ミスター・ポスト麺」にしてくれないか
と思った。
同行者にこの気持ちを伝えたかったが、
ビートルズと麺を掛け合わせた、この素晴らしいロックダジャレに
ついて来られる音楽経歴の持ち主ではなかったため、
心の中で思うだけだった。

で、みそラーメンだ。
池田・再来
味噌の味が濃いっす。結構強烈だ。
ザ・味噌のラーメンだ。
もやしの量が多い。
麺は太くやわらかい。
ある意味、昭和の味をそのままに、という感じだ。

地元にあるべき味だと思う。
帰省してこのラーメンを食べたら、ああ帰ってきた、という気持ちに
なりそうな、そんな気がする。
平日の昼時、作業員ルック7割、スーツ3割で満席だった。

                     ◆

次は音更町の「藤」
音更町は帯広市の北側に隣接している。
このお店は、帯広駅近くの自宅から自転車で30分程度の距離だった。

この日も私の頭の中は麺でいっぱいだった。
ペダルを踏む私のi-podから聞こえてきたのは、
ルースターズやザ・モッズ。
そう、麺タイ・ロックだ。

そんな性急な激しいロックを聴いているうちにお店に到着。
塩ラーメン(730円)を食す。
音更・藤
十勝で初めての背脂がオンしているタイプ。
なのに、実にあっさりしている。
そして、きちんとしています。
繊細な味です。
雑味がなく、飽きがこない。
整理されていると同時に洗練されている。

これは、地元のラーメンっぽくない。
変な言い方だが、都会のラーメンっぽい。
飲んだ翌日タイプでもない。
行儀良く食べたいタイプだ。
大人のファンがたくさんいると思う。
これを食べる前に、麺タイ・ロックを聴いていたのはミスマッチだった。
リチャード・クレイダー麺の曲が似合いそうな味だ。

                      ◆

最後は広尾町の「鈴や」というラーメン店。
ここは、帯広に住む前から気になっていた。
広尾町と大樹町の中間の殺風景なところに店がある。
そこにあるのは、国道と自然とこの店だけ。

普通ならば、明らかに入りにくい。
というか入ってみようと思わない。
しかし、2年前に初めてここを通った時、
なぜか車がたくさん駐まっていて、気になる店ではあった。

今年4月、帯広に住み始めてすぐの時期に広尾町へ行った際も、
この平凡な田舎道にぽつりとある店の前にはたくさんの車。
これは美味しいに違いない。

5月に訪問がかなった。
こってり醤油ラーメン(750円)を食す。
広尾・鈴や
すごく美味しいです。
表現するのが難しい。
インパクトがあるわけではない。
ダシがいい具合に抑制されていて、
旨みとなってアウトプットされている。
普通っぽいかと思いきや、奥行きがあり、旨みを最後まで逃さない。
食べ進むほどに、違いを感じさせる。

ラーメンに特に興味がない方は、「普通」としか思わないかもしれない。
ところが、この見事なバランス感はなかなか味わえるものではない。
わかりやすい特徴がないため、大ヒットするタイプではないが、
地方の、しかも末端ともいえる地域にあるラーメンとしては
珠玉の作品だと思う。

ブルースさえ感じさせる味だ。
ブルースとラーメンが好きな人は、これを食べたら、
マディ・ウォーターズの「フーチークーチー麺」を聴きたくなるだろう。



2014年の盆が終わった。
盆の期間に実家へ行かなかったのは生まれて初めてだ。
仕事の都合上、帯広を出られない巡り合わせになったためだ。

帯広では「盆」というものを感じない。
というか、「夏」をうまく感じられない。
その最大の理由は海と山がないからなのかもしれない。
加えて、どこから日が昇り、どこに沈むのかが
わかりにくいことも影響している。
季節を気温と街を行く人の服装でしか認識できないのだ。

このことを十勝の方々に話すと、?な顔をされる。
季節は気温と服装で感じるものだよねと。
いやいや。それだけじゃ味わいがない。ブルースもない。
海や山の表情や、朝日の雰囲気や夕日の位置が季節を教えてくれる。
しかも朝日と夕日はブルースの歌詞につきものだ。

それにしても、帯広の盆は賑やかだ。
花火があったり、駅前のメインストリートは、
数百メートルにわたって丸3日間も歩行者ヘヴンになり、
様々なイベントを行う。
帯広に実家がある人は帰省する甲斐があるだろうと思う。
盆に帰省したくなる都市のアンケートを行ったら、
全道でトップクラスなのではないか。

私も帯広市内拘束の盆ならば、それはそれで楽しむべきだ。
というわけで、まずは花火だ。
尋常じゃない混雑になると聞いていたので、
打ち上げ地点より、1kmくらい東側で鑑賞。
トイレに行かなくていいように、数時間前から水分を抑制して臨んだ。

初めての帯広での花火。
一番驚いたのは、花火が上がっていない時間の方が長いこと。
これは予想外だった。
途中、花火を観に来たのではなく、
河川敷に人混みを見に来ているような感覚になり、
そのうち眠ってしまい、寒くて目が覚めた。
26081302
タイプとしては、花火ショー。
花火以外の演出やアナウンスが多い。
また、大玉が少なく、小玉、中玉がどんどん投入される。
札幌のモエレ沼でやる有料花火大会のような感じだ。

花火とともに流れる音楽はどうなのだろう。
花火を盛り上げるものではなく、
音楽を引き立たせるために花火が打ち上がっているような感じがした。
どうしても流したいのなら、歌詞がない方がいいし、
歌詞を入れたいのなら、洋楽の方がいいような気がした。
その点、前半に流れた「シュガーベイビーラブ」はいい選曲だった。
26081303
冒頭、横に800mにわたって同じ花火があがるのは迫力があった。
ラストも圧巻だった。
10か所以上の場所から、これでもかと連続して打ち上がる。
このときばかりは別世界にいるような感覚になった。
カメラにも入りきらない。
横に広く打ち上げられるスペースがあるからこその大スケールだった。

帰り道、激しく混むのかと思いきや、
それなりには混んでいたのだが、
札幌ドームから福住駅に向かう人混みクラスだった。

                       ◆

花火の翌日から、「平原まつり」なるものが始まった。
3日間、大道芸だ、盆踊りだ、阿波踊りだとイベントが目白押しだ。
私が最も楽しみにしていたのは、池田高校吹奏楽部のダンプレだった。
ダンプレは、ダンス&プレイの略なのか。

池田高校のダンプレの存在は、帯広に住んで初めて知った。
一度見てみたいと思った。
十勝管内のみならず、あらゆるところでダンプレしているようだが、
ライブ情報がないため、偶然を待ち続けるしかなかった。
そしたら平原まつりに登場すると。
ところが、平日の11時30分から。
しかし、これを逃したらいつまでも見られない。
そこで、1時間だけ休みをとり、まちなかまで観に行った。
26081501
素晴らしいです。
親でも親族でも知り合いでもないのに、
楽しそうに演奏する姿に、涙ぐみそうになるほどだった。

演奏の合間、進行役をそっちのけにした意図的な雑談も衝撃的だった。
雑談をする狙いがよくわからなかったが、
一生懸命、雑談しているところが妙に面白かった。
おそらく雑談の練習もしているのだろう。

彼女達のプレイに自然に引き込まれ、楽しい気持ちになった。
嫌なことも忘れられた。
かゆくなるような、酸っぱいような、
いい意味でできあがっていない感じが心をうつのだ。
感動のあまり、硬貨ではなく札で募金してしまった。
ぜひまた観てみたい。

26081502
生演奏も2会場でやっていて、昼休みや仕事帰りに観に行った。
広小路でやっていたブルースバンドの演奏は素晴らしかった。
年末の札幌で開催される「ブルース収穫祭」にいるようだった。
B.B.キングやポールバターフィールドなど渋い選曲も良かった。
こんなにブルースが好きで、演奏も上手な方々が帯広にいるのだ。

最初にも書いたが、帯広は、ここに実家がある人にとって、
帰省する甲斐がある土地だと思う。
帯広ばかりではなく、十勝全体がそんな感じがする。
帰りたくなる何かがあるだろうなと。
そう思うとなおさら、海に夕日が沈む故郷に帰りたくなる。



ライブ&パブ「チャボ」。
20140808ライブ1
帯広市のまちなかなのに、暗い仲通りにあるライブハウス。
2014年8月8日金曜日、私はこの店に入り、
ギターケースからギブソンJ-45を取り出し、
ステージまで歩き、椅子に座り、
ギターを弾き、そして歌ったOh Yeah

セットリストは次のとおり。
1 見慣れた街を抜け出して
2 自由
3 つれていっておくれ
4 無人駅のブルーズ
5 雨の交差点

久しぶりにTシャツが部分的に濡れるほど汗をかいた。
単純に暑かったというのもあるが、
焦りと不安によってかいた汗の方が多い。

帯広に住んでから初のライブ。一人での出演。そして初めての場所。
聞こえてくるギターの音、客席との距離感、雰囲気。
そういう点での勝手の違いに戸惑った。

1曲目を歌い始めてすぐに、「ああ、まだまだ力不足だった」という思いが
頭の中を駆け巡り、なんとかしなければと余計な力が入り、
しかもその力がマイクロフォン以外のところに
放散しているような感覚だった。
20140808ライブ2

馴染んできたと感じたのは2曲目の後半から。
だんだん伸び伸びと歌えるようになり、普段感覚になった。
しかし、これではイッツ・トゥ・レイトだ。
どんな環境で、どんな状態でも、
最初からいい感じでやれるようにならなければ。

とはいえ、すごく有意義な夜だった。
他の出演者の方々をゆっくりと客席から見ているのも楽しかった。
高校生が大人達と同じステージできちんとライブをするのも
すごいことだと思ったし、
先月、幕別町の百年記念ホールでのライブに出演していた方と
共演できたこともラッキーだった。

チャボの店内で打ち上げ後、盟友2名ともう一件。
ライブ会場に石井一久似の方がいたことから野球の話になり、
神無月の物まねの素晴らしさについて語り、
帰宅したのは午前1時近くだった。

2週間前にライブの話をいただき、
カラオケボックスにギターを持ち込んで数回練習。
ライブのために必要なものを自分にすり込んでいく。
しかし同時に、ライブに必要ではないものも知らぬ間にすり込まれていく。
打ち上げをすると、この必要ではなかったものが洗い流されていく。
打ち上げをしないと、必要ではなかったものが残っている感覚になる。

準備期間は短かったが出演して良かった。
というか、出演させてもらえてほんとうに感謝である。
少し前まで、帯広で知り合った音楽関係者はゼロだった。
この日でゼロじゃなくなった。
これは全てを通じて帯広に住んでから最大の進歩だ。
十勝ライフの楽しみが突然増えたような気がする。


帯広に住み始めてから初のライブが明日となった。
今日の夜になって出演時刻等の連絡があった。
さっきまで、「ほんとに明日、ギターを持ってライブハウスに
行ってもいいのか」と不安だったが、そのようにしていいようだ。

■日時 2014年8月8日(金)
場所 Live&Pub「チャボ」
    (帯広市西2条南10丁目 都通り地下1F)

■出演 土井隼人/ぢんぢく/かるあみるく/mitsumi/激しい雨(私)
■料金 1,500円(ワンドリンク付き)

私、「激しい雨」の出演時刻は20時40分から30分間。
帯広市在住者で、ライブに来てくれそうなのは、盟友タナカ氏のみだろう。
というか、帯広市在住者でこのブログを見たことがあるのも
タナカ氏オンリーではないか。
それで十分だ。ありがたい。
私の帯広におけるミュージックライフは今が始まりだ。

ライブのために、この2週間、数回にわたりカラオケボックスに
ギターを持ち込んで練習した。
同じカラオケボックスばかり行くと、
「またギター持って中年が一人で来てるよ」と思われそうなので、
3店も利用してしまった。

カラオケボックスにいると、他の部屋の歌が聞こえてくる。
アナと雪の女王の曲を歌う人が多い。
それはそれで結構なことだが、ひとつだけ気になる。
サビの「ありのままの姿見せるのよ」の次だ。
「ありのままの自分になるの」のうち、
「ありのまま」の後の「の」部分。
必要以上に音程を上下させる、そんな人ばっか。
少し気になった。

                  ◆

この一週間、帯広のまちなかは、
駅前のメインストリートにビアガーテンがオープンしたり、
「広小路(ひろこうじ)まつり」なるものをやっていたりで、
地元の中高生から地元の大人、観光客などで連日賑わっていた。
広小路まつり
そんな華やいだ人達を横目に、
ギターを抱え、一人カラオケボックスに入る中年。
全然気にならないぜ。
こっちの方が楽しいから。

ところで、帯広やその近郊に長く住んでいる人に話を聞くと、
この辺りでは神社の祭りは露店も僅かで大して盛り上がらず、
祭りといえば、「広小路まつり」や「平原まつり」など、
産業系、観光系の祭りがメインらしい。

岩宇(がんう)や倶知安、留萌で生活してきた私にとっては、
祭りといえば、神社の祭りであり、
普段、車が走っている道路にたくさんの露店が軒を連ねるイメージだ。
神輿をかつぐ人は、ニシン漁の網あげの掛け声を繰り返し、
神輿はなかなか神社に入らず、見ている方は飽きてくる。
そういうのが染みついている私には、
帯広の祭り事情は、「ふう~ん、そうなんだ」という感じだ。

広小路まつりでは露店が歩道に並ぶのにも驚いた。
しかも、飲み屋街のすぐ近くである。
広小路まつり・露店1
車道の両サイドに露店が並ぶのではなく、
両側の歩道に、露店同士が背を向ける形で並ぶ。
広小路まつり・露店2
露店の数は50から60くらいで、それほどでもない。
もちろんオートバイサーカスもお化け屋敷もない。
祭りの有り様も地域によって様々だ。

さて、帯広に住み始めてから初のライブはどうなるか。
どんな雰囲気で、どういう客層なのか、よくわからないが、
知らない人達に、自分の曲を数曲聴いてもらえるのは、
とても幸せなことだ。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2014 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.