ADMIN TITLE LIST
帯広から初の投稿だ。
この日まで時間がかかった。

段ボールをあまり開けられないまま仕事に追われ、
足場が固まらないまま出張が連続。
定時帰りをしたのは18日金曜日が初めてだった。

住んだ場所は、帯広駅の南西、歩いて7、8分のところだ。
帯広駅南口を出て、西方向に目をやると、こんな景色。
2014041201
中央部に写っている赤い看板は長崎屋のマークだ。
長崎屋の向こう、長崎屋からは300mくらいのところに住んでいる。

住居は快適だ。
窓が北と東と南にある2階の角部屋。
居間と寝室は南向きで、丁度いい広さだ。
2014041202
そして、人生初のバルコニーだ。
特にバルコニーを望んでいたわけではなかったが、
そうか、ここに洗濯物を干せるわけだ。
ただ、バルコニーがあると、日当たりがかなり減少することを知った。

                     ◆

3月半ばにマンション探しに帯広を訪れたとき、
なんとなくだが住みやすそうな街だという印象を持った。
住み始めてからも、帯広という街に何の違和感もない。
空気感というのか、雰囲気というのか、
穏やかで、澄んでいて、それだけではなく活力みたいなものも感じて、
居心地がいい。

1週間前に札幌に2日間出張した。
その際も、まだ部屋が片付いていないという事情もあったが、
もう既に、早く帯広に帰りたいと思ったほどだ。

衣食住、何も不自由はない。
帯広は色々なものが揃っている。
しかもそれらが手に届く範囲にある感じがする。

札幌にあるチェーン店的なものは一応に揃っているが、
その中に、ザ・帯広、ザ・十勝なものが多く有り、
ミニ札幌な感じが全くしないのが良い。
札幌とつながっている都市というより、
別の県、もっといえば別の国にいるような感覚になる。
それほどに十勝らしさを感じている。

また、この3週間の印象として、帯広のサービス業の方々の対応が良い。
特に30代半ばより上の女性は総じて気持ちのいい対応をしてくれる。
これも風土が作り出しているものなのだろうか。
まだ新参者だが、十勝気質みたいなものは確実にあると見た。
そのあたりは、この先随時お伝えしていきたい。

                     ◆

このように不満はないのだが、
強いて帯広にあればいいのになあ、と思ったもの。
それは、音楽スタジオと坂道と無印良品だ。

音楽スタジオはないわけではないが、
混んでいるため結構前から予約が必要であり、
さらに難点なのが一人、二人での利用では結構な額になることだ。
スタジオミルクの3倍くらいの料金だ。
それでも、同じく4月から帯広に住み始めたギターのタナカ氏から、
「ほかにないんだから、高くても行かなければならない」
と言われたときは、彼の音楽活動への思いに少なからず感動した。
しかし、この土・日のどちらかで二人で練習しないかと打診したら、
即座に断られた。

こんなにスタジオ・インをしないでいたら、
鈍るし衰えてしまうことを懸念した私は、
一人、徒歩で、帯広駅近くにあるカラオケ店「まねき猫」へ。
20140420
「飲み物はいらないし、カラオケもしない。部屋だけ使わせてほしい」と
伝えた私に、若い男性店員はどきまぎしっぱなしだった。
帰るとき、ギターを弾くために店に来る人はいるのかと尋ねると、
高校生でごくたまにいるが大人の人は初めて、と言われた。
「それならまた来ます。よろしく~」と言って店を出た。
また行くことになりそうだ。

帯広に坂道がないことは、以前から気になっていた。
坂道がないことが、ある種の特徴でもあり、それが良いのだが、
住み始めてみると、坂道を見たい欲求が高まった。
そこで昨日坂道を探しに自転車で出かけた。
そしたら小規模ながら坂道を発見した。
緑ヶ丘公園内にある動物園に向かうところや、
帯広の森運動公園に行くところで坂道に出会った。
毛穴が開くような興奮を感じた。
ついに私は、坂道という趣味ができてしまったようだ。
帯広市内の坂道情報があればぜひ教えていただきたい。

それと無印良品だ。
札幌で頻繁に行ってたわけではないし、
帯広にないとすごく困る、というわけではないが、
帯広くらいの規模のところならばあってもいいんじゃないかと。
引っ越しをすると、部屋に合わせて収納用品的なものなどは、
買い換えが必要になる。
そうした場合、私は無印良品派なのでこう思っただけだ。

                     ◆

先日、帯広で飲みに行ったら、
旭川に住んでいるという、やや観光業界的雰囲気のある中年女性が、
こんなことを言っていた。
「帯広の人に、十勝の良いところはどんなところですか、と聞くと、
 みんな、何々です、と必ず答えるんですよ。
 ほかの地方都市の人は、何もないとか、わからないと言うんですよ」

これはほんとに素晴らしいことだ。
そこに住んでいる人が、自分のマチを誇れているということだ。
私も同じことを聞かれたら、まだ帯広市民歴3週間の分際だが、
何々です、と答えられるような気がする。

しかし、十勝地方ゆえの厳しさもあるだろう。
夏から秋の大雨も、冬の寒さも、地震も、
ここぞという時の札幌との距離の壁も、まだ経験していない。
なかなかオールライトにいかない場面もあるだろう。

それでも楽しめそうな気がしている。
それはつまり希望があるということだ。
そして、十勝が私に歌詞とメロディを与えてくれるだろう。

スポンサーサイト

テーマ:とかち - ジャンル:地域情報


いよいよ引っ越しだ。
1日に帯広入りし、一旦札幌に戻っての引っ越し作業。
引っ越し前夜は準備もほぼ終わり、
微妙に暇でセンチメンタルになるのかと思いきや、
早速帯広で業務に追われ、札幌に戻るタイミングもずれ、
現在もバタバタしている。

一時的とはいえ帯広で仕事をしたら、早く住居を移さなければ、
何も腰をすえてできないことに焦りをおぼえ始めた。
全くセンチメンタルではない。
早く行かねば、という気持ちしかない。
そこからでなければ次が始まらない。

札幌での7年間、いいことも悪いこともあったが、
とにかく音楽活動を再開したことが大きかった。
帯広でも新しいブルーズが生まれるだろう。
しかし、
それを音楽活動に反映できるのか。
短期間で帯広を行き来したら、
定期的に札幌に来るのは簡単なことじゃないと痛感したし、
業務的にもなかなかフリーになれない中で、
どう音楽と付き合っていくのか。

それにも増して引っ越し後の最初の不安は、
テレビとパソコンをつなげるかどうかだ。

これまでの人生でテレビを自分でつないだ経験が一度もない。
7年前、留萌から札幌に引っ越した時は、
テレビの接続がわからず1週間以上見られなかった。
最終的には業者に依頼した。
パソコンは1か月くらいつなげなかったような記憶がある。

帯広に行ったら、テレビはもう既にあきらめている。
パソコンは自分でなんとかできないか努力したい。
でなければ、ブログをいつまでも更新できない。

今起動しているパソコンも、4日でインターネット接続が終了だ。
もうすぐだ。
この7年間の札幌生活、様々な方々にお世話になった。
札幌の方のみならず、当別や新篠津や石狩や恵庭の方々にも。
助けてもらい、励ましてもらい、笑わせてくれて、
それで今の私があるのだと思っている。
心から感謝しています。
ありがとうございました。

帯広では、これまで同様、華々しいこともダイナミックなことも
思い描いていない。
予定どおりにならないことが多々あると思うし、
無理をすることもあるだろうが、
なんとなく「いい感じ」に過ごしているように見られればいいと思う。

お世話になりました。
しかし、これからも、ドント・フォゲットでお願いします。

テーマ:日記 - ジャンル:日記



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2014 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.