ADMIN TITLE LIST
ここ数年のことだが、日曜日の正午、自宅にいる時、
「NHKのど自慢」を見てしまうことが少なくない。

カラオケが街にあふれている現代。
いまやカラオケは、歌うことが好きな人にとっての娯楽というだけではなく、
コミュニケーション手段としての位置づけを確固たるものにしている。
とはいえ、私は未だに、人前でカラオケを歌うのは、
結構恥ずかしかったりする。
他人の歌詞を、機械の演奏で歌うというスタイルに、
いまひとつフィットできないのだ。
これは長年、自分の曲を自分の演奏で歌うことに慣れきって
しまったことの弊害であり、かつ、順応性の低さによるものだろう。

カラオケが大好きな方、得意な方はたくさんいる。
それはそれで結構なことだ。
ただ、「NHKのど自慢」というツールを使って、
テレビに出演して歌う、というのはすごいことだ。
度胸があるなあと、ある意味感心してしまう。
なにせ、のどを自慢するのだ。
自慢することを前提としてテレビに出るのだ。
中途半端な気持ちで出られるものではない。
「弟が勝手に応募して…」など、自分の意思で出演したわけではないことを
言いつつも、しっかり予選会場に行くのは、
結局のところ、自分の意思なのだ。

                 ◆

のど自慢の出演者は、あらゆる点において調整されていると思われる。
10代からお年寄りまでの年齢構成と性別のバランスが、
毎回ほぼ同じである。
その日のゲストの曲を歌う人が3、4人。
職場の仲間同士による出演者が3、4組。
保育士、看護師、教師などの余興的なノリのパフォーマンスが多い。
鐘3つの人は6、7人になるようにする。
こうした出演者選定に当たっての作為的な部分を探るのも楽しめる。

ただ、様々な疑問もある。
のど自慢は、毎週全国のあらゆる場所を転々とし、
人口規模が小さい市町村で開催されることも珍しくない。
そういう時に起こる現象が「遠隔地参加」である。
例えば、滝川市でのど自慢を開催した際に
札幌市在住者が出演するパターンである。
滝川開催であれば、砂川や深川の方が出演するのはいい。
80kmも離れた大都市札幌から乗り込むのはどうなのかと。

その地域の人を見たいのだ。
その地域の人の歌を聴きたいのだ。
鐘3つの人と2つの人との人数的なバランスや、
年齢構成が多少偏ってもいいじゃないかと。
滝川開催なら、中空知地区在住者に限定してほしいし、
倶知安開催なら、羊蹄山ろくの町村在住者に限定してほしい。
倶知安開催で岩内町や余市町から出演するのでさえ、
ちょっと縄張りを荒らすような気がする。

また、「なぜこの人が鐘3つで、あの人が鐘2つなのか」と
思うことが少なくない。
鐘の数は10代、20代に甘く、特に、最近のふわふわしたバラードを、
あやをつけて歌った人に有利に働いているように感じる。
中高年が素朴に伸びやかに歌うパターンは、「なんで?」というくらい、
評価が低い。あやがついていないと心に響かないのか。

うがった見方になってしまうが、なんとなく予選の段階で、
鐘3つの人がある程度決められているような気もする。
そのため、本番で大化けしても拾われていないのではないか。
私は、ものまね王座決定戦の審査も、THE MANZAIの審査も、
ボクシングの採点もやってみたいとは思わないが、
のど自慢の審査はやってみたい。

                 ◆
     

さあここからサビのいいところ、というタイミングで鐘2つ鳴らされ、
歌っている人が、ちょっとコケる仕草をするのも毎週ある。
がっちりレッスンを受けてます的な人や、
いかにも店で歌ってます的な人も、結構出演する。
そうした人の場慣れ感に引きつつも、心のどこかで微妙に面白がるのも、
のど自慢の醍醐味である。

さらに、いつからそうなったのかは知らないが、
ステージの後ろに控える他の出演者の有り様が非常に気になる。
ゆっくりした曲はみんなで横揺れ、
ポップな曲はみんなで手拍子して、キメの部分でポーズを合わせるなど、
リハをやっているのではないかと思うくらい、不自然に統一されている。
時々、みんなどういう振り付けをするのかと不安になり、
周りを見て合わせようとする方も毎週目にする。

演歌の曲の際、どういうわけか、漁師が網をひくような振り付けをする
パターンもよく見られる。
漁師がらみの曲ならそれでもいい。
「さざんかの宿」や「酒よ」でも網をひく。
曲の中身は関係ない。演歌ならば何も考えず網をひくのだ。
「演歌=網をひく」という固定観念は払拭していただきたい。
せっかくの名曲が冒涜されているような気になる。

そして、ここ数年のNHKのど自慢において最も気になること。
のど自慢に出演した背景や、会場に来ている家族や知り合いを
殊更に取り上げることだ。
「若い頃迷惑をかけた親に感謝を込めて」、「入院している祖母へ」、
「来月結婚する友人に」、「苦労をかけている妻へ」など、
のど自慢に出演するには大儀がなければならないのかと思うほど、
殊更に取り上げる
まるで、「ルックルックこんにちは」でやっていた「女ののど自慢」の
ようである。
苦労話を切々と語った後、感情を込めて歌う伝説のコーナーである。

さらに、歌い終わった後、司会者が聞く。
「今日はご家族の方、会場に来てるんですか?」
「職場のお仲間の方の応援がすごかったですね」
そして、会場が映し出される。
大きな横断幕や、手をふる家族や仲間。
まるで、リーブ21の発毛日本一コンテストのようである。

このコンテストも謎である。
発毛したならそれでいいじゃない、と思うのだが、
発毛したことを人前でアピールし、
入賞した方はバンザイやガッツポーズをしている。
しかも、テレビCMで見る限り、結構な観客動員があり、
横断幕まで作って、家族や仲間らしき人が応援している。
法被や鉢巻きをつけている人もいる。
まるでアイドルの親衛隊である。
内情が色々とありそうなコンテストだ。

そういうわけで今週末もNHKのど自慢を見てしまいそうだ。

スポンサーサイト

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ


5月18日のベッシーホールでのライブ、
足を運んでくれた皆さん、ありがとうございました。

セットリストは次のとおり。
1 ロックンロールナイト
2 はかない季節の太陽
3 無人駅のブルーズ
4 蛇行する川
5 夜をどこまでも
6 三日月の舟

ライブは自然体で、リラックスして、
と同時に、エネルギーを凝縮してやろうと思っている。
しかし未だに、興奮なのか、緊張なのか、
どこかしら浮き足立ってしまう。

普段の練習で確実にできていることが、
なぜかライブの一発勝負では、わけがわからなくなってミスしたり、
逆に、いまひとつ不安定で、よろめきがちだったのが、
意外にも本番では、いい具合に固まったり。
そんな不確実さに落ち込み、疲れがどっと出る。

けれども楽しいのだ。
打ち上げの席、メンバー同士で、
「しかし、俺らもよく続けてるよね」、「なんでやり続けるんだろうね」と、
しみじみ語り合ったりする。
結局その理由はわからないまま、
いつのまにか別の話題になっているのだが、
おそらくや、音を出し、それが他のメンバーの音と重なることが、
何にも代えがたい快感なのだろう。

枯れてゆくのさ少しずつ うまくいったら味がでる。
君の音と僕の音が 重なり合えば虹がでる。
そういうことなのだろう。

130518ライブ1

今回のライブでは、「無人駅のブルーズ」を初披露した。
正直なところ、まだ完成途上であり、
実は本番のリハーサルの後、スタジオ入りして、
当日なのにもかかわらず、ドラムのリズムをいじったり、
ギターのフレーズを追加したりと、直前までそんな状態だった。
そのわりに、本番では落ち着いて気持ち良くできた。
今後が楽しみな曲だ。
こう思ってしまうからやめられないのだ。

MC
は今回も手探りで、会場の空気を見ながら、
なんらかんらと話をつなげていったのだが、
結局はヤンキーの話が多くなってしまった。
「ザ・ハート・オブ・ストーンがヤンキー体質ではないのは、
内向的な性格のメンバーが集まっているから」
ライブでそんなトークをするバンドがあるだろうか。

「無人駅のブルーズ」の曲紹介の際、
「歳をとったら、なぜか寂しいところへ出かけたくなるようになった」
という言葉が自然と出てきた。
「オレって、そうだったんだ」と気づき、内心、自分で自分に驚いた。

ライブのMCでは、不思議なスイッチが入るのだろう。
知らぬ間にナチュラル・ハイ状態になっているものと思われ、
話しているうちに、いつまでも話せる感覚になる。
こんな私だが、宴会での乾杯などでの一言は極めてシンプルだ。
乾杯までのジョッキやグラスを持ったままの中途半端で微妙な時間。
それは15秒以内にしたいものだ。

130518ライブ2 

今回のライブは、いつもにも増して、
観に来てくれた皆さんのありがたさを感じた。
きちんと見て、ひと声かけてくれる。
「芋けんぴ」をいただいたりもする。
幸せなことだなと思う。
自分の思いだけじゃ音楽活動は続けられないとつくづく思う。

また観に来ていただき、
「何がどうっていうのはわからないけど良くなってる」と
感じてもらえるよう、地道に日々を過ごしたい。
「道をきわめる」や、「○○道」などの、いかつい言葉は好まない。
ただ、道は道でも、「地道」は私に相応しい言葉のように思う。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


人生にトラブルはつきものだ。
いくら自分で注意していても、外部からの突然かつ偶然の事情により、
巻き込まれてしまうことがある。
先日、そんな場面に出くわしてしまい、
現在もブルーな日々が継続中だ。

しかし、そんな気持ちを鎮めてくれるものがないわけではない。
意外や意外、BSジャパン、日曜深夜の再放送、
「まほろ駅前番外地」と「ミエリーノ柏木」に結構癒やされている。
ボブ・ディランの声とメロディにも慰められた。
そして、音楽活動をしている時は忘れられる。
だから、5月18日のライブはいいものになるだろう。

日時 2013年5月18日()19:00~
場所 ベッシーホール
     (札幌市中央区南4条西6丁目晴ればれビルB1)
料金 1,500円+ドリンク代500円
出演 六花/IBIZA WAVEMYSICCKSelfarm
     THE HEART OF STONE

私ども、THE HEART OF STONEの出演予定時刻は21時です。
よろしくお願いします。

               ◆

5月13日月曜日の北海道新聞の夕刊。
日本ではかなり有名なEXILEというグループのボーカルである
ATSUSHI
氏が、初のエッセイを出版したという記事が掲載されていた。
そこでの彼のコメント。
「『道』という字は首をかけること。僕で言えば、“歌道”を死ぬまで
ちゃんと追求していくということです」

「なるほど、やっぱりな」と思った。
なぜか。
彼は、デビュー当時から、その見た目や言動からして、
ヤンキー的な何かを感じさせる人だった。
ヤンキーというのは、「道をきわめる」的な言い回しが好きであり、
「首をかける」という言い回しもお気に入りだと思う。

EXILE
のメンバーは、非常に礼儀正しいという話を聞くし、
自分に厳しく他人に優しいとテレビで誰かが言っていたのも見た。
その点では、身内にはとんでもなく寛容で、他人には極めて不寛容な
ヤンキー的なあり方とは違う。
見た目はどうあれ、「しのぎ」として音楽に真剣に取り組んでいるとも思う。
ただ、ATSUSHI氏の心の底には、
ヤンキー的な何かがあるのだなと感じさせるコメントだった。

ここで、読者の皆さんにお断りしておかなければならないのは、
私はヤンキー体質でも、ヤンキー気質でもないということだ。

ヤンキーの全盛期は80年代初頭からの10年くらいだろう。
その時期は、私が中学から社会人になる頃であったため、
間近で多くの実例を見てきた。
強面の格好をしているのに、なぜかファンシーなものを好む。
車高を下げたイカツい車の中は、ぬいぐるみ好きの女の子の部屋のよう。
ボンタンに女性もののサンダル。
中学卒業後、田舎を離れたのに、お祭りには必ずいる。
こうしたヤンキーに苦しめられたことも少なくない。

ヤンキーは90年代後半には、地方でさえ見かけなくなったと言われた。
現在はほぼいなくなったと言われる。
ほんとに、そうだろうか。

80年代的なヤンキー・ファッションを身にまとった人を
見かけなくなったのは事実だ。
しかし、ヤンキーの流れをくんでいるものや、
ヤンキーから派生しているものは、形を変えて実に多く存在している。
そして、そうしたヤンキー的なものに対する支持層も少なくないことを
常に感じている。
ヤンキーは絶滅などしていない。

例えば、初期のよさこいソーランまつりのファッション。
例えば、ダボダボのスウェットで郊外のドン・キホーテ。
例えば、海や公園での、周りにガンをきかせたバーベキュー。
例えば、駐車場に駐めず、スーパーの入口に横づけする車。
私には、ヴィトンのバッグや財布もヤンキー体質に思えるし、
アイドルやジャニーズも、どことなくヤンキー的な人が多く見えてしまう。
皆さんも、日頃、ヤンキー気質な人、ヤンキー体質の行動を目にすることが
結構あるのではないか。

21世紀に入ってから日本レコード大賞を多くの受賞したのは、
浜崎あゆみ、倖田來未、EXILE
いずれもヤンキー的な何かを感じる人でありながら、
セールス的にも、ポジション的にも多くの支持を得ているということだ。

私は、女性にもてたくて音楽を始めたクチではなく、
ただ純粋に、ザ・モッズやザ・ルースターズのような音楽を
やりたかっただけであり、その後も、こんなサウンドの曲をやりたい、
こういうことを歌いたいという欲望がなくならないので活動が続いている。
いい歳をして音楽を続けていても身近な女性は喜ばない。
相当理解のある女性でなければ活動を見守ってくれない。
30歳以降、女性にもてたいなら音楽なんかやめた方がいい。

ロッカーとヤンキーは、比較的対極にある。
80年代から90年代にかけてはヤンキーみたいなバンドマンも多くいたし、
ザ・ルースターズのファーストアルバムのジャケットにしても、
井上富雄氏と池畑潤二氏は、実にヤンキーあがりな雰囲気がある。
しかし、ヤンキーのままではロック・バンドは滅多に成功しない。
なぜなら、ロック活動は、内向きな作業に費やす時間が実に多いからだ。

それに対して、ヤンキーは基本的に外向きであり、
まずは目立つことであり、言動もストレートである。
この点において、私が常々思ってきたこと。
ロック・バントよりもヤンキーの方が女性にもてる。
なぜなら、シンプルにエネルギーが外に向かっているからだ。

ところで、元ヤンキーの夫婦が、子供にイカツイ名前をつけ、
幼少時からヤンキー的な髪型にし、ヤンキー的なファッションを
身にまとわせているのを目にしたことがある方は多いだろう。
彼らは自分の子供をヤンキーにしたいのだろうか。

私がヤンキー体質ではないからこそなのだろうが、
2013年にして、ヤンキーに対する疑問と興味は尽きない。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記


まずは5月18日のライブのお知らせを。

日時 2013年5月18日()19:00~
場所 ベッシーホール
   (札幌市中央区南4条西6丁目晴ればれビルB1)
料金 1,500円+ドリンク代500円
出演 六花/IBIZA WAVEMYSICCKSelfarm
    THE HEART OF STONE

私ども、THE HEART OF STONEの出演予定時刻は21時です。
よろしくお願いします。

さて今回はブックレヴュー。
よろしくどうぞ。

■樋口毅宏「ルック・バック・イン・アンガー」(2012年)
  ルック・バック・イン・アンガー
アダルト本出版社に勤務する、どこか壊れている4人の社員の物語。
どこまで真実なのかわからないが、そこまで自分たちでやるのか、という
アダルト本出版業界の仕事ぶりに驚かされた。
登場する4人の社員の歪みや屈折が激しく、
また、エロチックな描写とバイオレンスの場面が多いため、
目をそむけたくなるような抵抗感をおぼえる方は少なくないだろう。

私は、このデストロイぶりに結構引き込まれた。
というのは、単にエロチック、グロテスクなのではなく、
その人物の境遇や壊れるに至る背景などが念入りに描かれており、
短編ではあるが、なかなか厚みのある構成になっている。
一般人の感覚とはかけ離れたストーリーではあるが、
それはそれで妙に納得できそうな不思議な世界を表現できている。

また、随所にコミカルさと皮肉を織り交ぜているのも面白い。
例えば、連日嫌味を言い続ける上司に対する我慢にも限界がきて、
そこにあったゴルフクラブでフルスイング。
上司の脳天から鮮やかな血が吹き出すとともに、
カツラが天井を叩く場面など、強烈かつ滑稽である。

なお、この作品を読もうと思ったきっかけはタイトルである。
オアシス・ファンでなければつけないタイトルだろう。
どういう形でオアシスが絡んでくるのか楽しみに読んだが、
引き合いに出されるところも、
オアシス的な何かを感じるところもなかった。
ただ、「あとがき」で、この作品を書くに当たり、
引用、オマージュ、リスペクトなどをした人や作品の中に、
「オアシス」と書かれていた。
ブランキー・ジェット・シティ、佐野元春なども書かれていた。
しかし、彼らの音楽に通ずる何かは感じなかった。

とはいえ、ロックが好きなことも随所に感じるし、
政治や古い世代へのアンチテーゼも感じる。
忘れ去られたロックの反逆性が内包されている。
ちょっと追いかけてみたいなと思う作家ではある。

■桜木紫乃「ホテルローヤル」(2013年)
ホテルローヤル 
釧路湿原を背に建つラブホテルを巡る物語。
ホテルの建設に至った経緯から、ホテルを利用する人達の様々な人間模様、
ホテル従業員の閉鎖的な生活、そしてホテルの廃業後など、
7つの短編で構成されている。

やはり桜木作品にハズレなし、である。
桜木さん独特の、庶民の生活に隠された「陰」の部分が、
この作品でも際立っている。
現状から抜け出せない苦しさと歯がゆさ、
それを受け入れ、流されてしまう暗澹たる気持ちを書かせたら、
桜木さんはほんとうに巧い。

檀家からのお布施や寄付金が減り、
生活苦に陥っているお寺の住職の妻が、
複数の檀家と援助交際をして、生活費を捻出するという話は
特に印象に残った。
お寺に嫁ぐということ、お寺を運営していくということの大変さ、
核家族化や過疎化による、住民とお寺との関わりの変化など、
切り口が冴えており、非常に面白い読み物になっている。

ホテルのオーナーの妻は愛人を作って逃げ、
やがてオーナーは他界し、20歳そこそこの娘が経営を引き継ぐも、
新しくできたホテルの攻勢と、自らのホテルの老朽化、そして、
ホテル内で起こった事件によって、一気に廃業に追い込まれていくのだが、
この作品は、最初の短編が、ホテル廃業後の話で、
最後の作品が、ホテルを建設するときの話である。
つまり、時系列に並べているわけではない。

散々な状況で廃業したホテルだが、作品の最後にきて、
ホテルを建設する際の希望に満ちた揚々たる気持ちが描かれており、
それがまた実に切なく哀しい。
胸にずっしりとしたものが残る。

■木内一裕「神様の贈り物」(2012年)
神様の贈り物
職業は殺し屋の韓国人、「カン・チャンス」の物語。
彼は難病を抱えていた。
頭の中に腫瘍があり、それが扁桃体(へんとうたい)というところを圧迫。
痛みはなく、身体的には何の不自由もないのだが、
感情が全くない、という病気だった。

彼は、軽井沢で殺人を実行。
しかし、相棒と揉め、軽井沢から東京へは一人でバスで帰ることに。

そのバスの中でバスジャックが起こる。

犯人はバスの中にガソリンをまき、ライターに火をつける。

カン・チャンスは、隣の乗客が持っていてボールペンを奪い、

犯人の眼球から鼻骨に向かって突き刺し、殺してしまう。
カン・チャンスは、絶体絶命の状況で乗客を救ったとして、

いきなりヒーローになってしまう。

しかし、感情を持たないカン・チャンスは、そのことが理解できない。

やがて、カン・チャンスは、所属先のヤクザの親分に頭を撃たれてしまう。
しかし、彼は死ななかった。
命が助かっただけではなく、頭を撃たれたことで、
神様から贈り物が与えられる。

面白い。ノン・ストップでの展開に、読むのをやめられなくなる。
カン・チャンスの人物像が際立っているし、
周辺の人物のキャラの棲み分けも上手い。
特にヤクザの下っ端の精神構造や言動は、
他の追随を許さないリアリティさとコミカルさがある。

惜しむらくは、エンディングが唐突なこと。
ここからでしょ、というところで終わっている。
9合目で終わったのではない。5合目で終わった感じである。
これの後編としてもう一冊あってもいいくらいである。

木内作品はこれまで全て読んでおり、
どれもスピーディな息をつかせぬ展開で面白いのだが、
後になってみると心に残らない。
よって、読み終わった時はすごく面白かったと思うのに。
毎年恒例のブック・オブ・ザ・イアの時は、印象度が低いという難点がある。
ただ、これは面白かった。

木内作品のレヴューではいつも触れてしまうことだが、
映像化すると、より面白さが表現できると思う。
これまでの、どれかの作品が映像化されないかなと期待していたが、
木内氏の処女作、「藁の楯」が映画化され、少し前に公開となった。
この原作も面白い。気になる。

■川村元気「世界から猫が消えたなら」(2012年)
  世界から猫が消えたなら
主人公は郵便配達をしている30歳の男性。
2週間以上も頭痛がひかないため病院に行く。
脳腫瘍と診断され、余命はわずかだと告げられる。
放心状態のまま帰宅。そのまま眠ってしまう。

目を覚ますと、そこには自分と同じ姿をした他人がいた。
彼は「悪魔」だと名乗り、「明日あなたは死にます」と宣告。
と同時に、「この世界からひとつだけ何かを消す。
その代わりあなたは一日の命を得ることができます」と告げる。
その日から、ひとつずつ自分の身の回りの何かを消していく。
その中で、ほんとうに大切なことに近づいていく物語である。

展開がごちゃつくことはなく、淡々と進んでいくため読みやすく、
素直に感情移入できる方は少なくないとは思う。
ただ、なんというか、良くも悪くも全体的にさらっとしている。
迫りくる死への恐怖や、愛したものへの強い思いなどが感じられず、
ちょっと表面的であるというか、もう少し説得力があればと感じた。
とにかく死が翌日に近づいているとは思えないくらい行動的なことに
なにがしかの違和感をおぼえながら読んだ。

時々、死が近づいたときのことを想像し、
そのとき何をしたいだろうか、と考えてみる。
私の場合、まずは、後で誰も困らないように身辺整理をする
それと、人に会うことと、人に伝える作業をすると思う。
少なくとも、あれが欲しい、どこへ行きたいという欲求は生じないだろう。
つまり物欲だとか遊びの欲求はなくなる。
ならば逆に、元気なときにこそ、
そうした欲求をもう少し許してもいいのかなと思う。

しかし、日々生きていくのは辛いものだ。
目の前の物事に追われていかざるを得なかったりする。
それを「充実」と感じてしまうかもしれない。
だが一方では、目の前のあれやこれやによって、
本当に大切なことから、どんどん遠ざかっていってるのかもしれない。
だから私は前だけを見て、どんどん突き進む気持ちが強くない。
しょっちゅう立ち止まっている。
横を見て、後ろを見て、結構引き返している。
それはそれで結構辛いものではあるが。

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2013 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.