ADMIN TITLE LIST
まずはライブのお知らせを。

2013年3月2日(土)18:30
■スピリチュアル・ラウンジ
  (札幌市中央区南2西4 ラージ・カントリービルB1)
■ACT
LSDthe Dranckers/ギルチ/Juilliard
         No Color ActorTHE HEART OF STONE
adv:前1,000円→当1,500

2013年になって初のライブである。
先日、約50日ぶりにメンバー4人が揃ってスタジオ・イン。
寒さと雪の中、メンバーは小樽、共和、釧路から集まってくれた。

昨年12月から新しい曲に取り組み始めた。
4人全員が集まらなくとも、2人あるいは3人で音を合わせ、
次第に曲の骨組みができていく。
それをiphoneに録音し、来られなかったメンバーに、
時には自作のタブ譜とともに音源をパソコンで送る。
なので、約50日ぶりにスタジオ・インしたギターのTNK氏も、
新しい曲なのにもかかわらず、毎回練習に来ていたかのように
それなりに弾けてしまう。
遠距離活動をしている我々にとっては、
ほんとに便利な世の中になった。

そういうわけで新しい曲だ。
雪の街のちっぽけなアマチュアバンドが、
40半ばを超えそうな年齢になってもなお、
定期的に新曲に取り組む。
世間から新曲のニーズはない。
しかし、自分たちにウォンツがある。
つまりは新曲をやりたい欲求だ。

                 ◆

袋小路のブルーズ

考えて 考えて 考えることに疲れ
行き止まり 追い込まれ しぼり出した言葉こそ
それが袋小路のブルーズ
乾いた欲望のブルーズ 聴こえてくる

行けど虚しく 待てど辛く 探してるものはなくなった
ページはめくれていこうとも 戻るのさ 迷った場所まで

何かある 中にある けれど見つけられぬまま
もう忘れかけた頃に にじみ出てくるメロディ
それが袋小路のブルーズ
ざらついた情熱のブルーズ 聴こえてくる

もう会えなさそうで会えそうな気がしてた 胸の片隅で
雲はちぎれて月が見えた 戻るのさ 迷った場所まで

これが袋小路のブルーズ
埋もれてた本能のブルーズ あふれてくる

もう見えなさそうで見えそうな気がしてた だから生きてきた
あてはなくとも踏み出したら 遠い空 呼吸を整え
もう会えなさそうで会えそうな気がしてた 近づいてきてる
川は流れる 海が見えた 開いてゆく そしてその中へ

                ◆

この曲は昨年の春くらいにほぼ出来上がっていた。
ほぼ一年前に、「三日月の舟」という曲を作っているときに
浮かんできた様々なメロディのうち、
「三日月の舟」で使われなかったメロディをベースにして
作った曲である。
したがって、使われているコードはほとんど一緒で、
コードの展開が異なるだけである。

ところがリズムが決定的に違う。
曲の前半のリズムは、ツェッペリンの「whole lotta love」で、
間奏後半のアレンジは、ジミ・ヘンの「HEY JOE」である。
12月から1月までアレンジを考えている最中、
この2曲はとにかく聴かないようにした。
聴いてしまうと、この2曲に引っ張られて
同じようになってしまうからだ。
ちなみにメロディは全くツェッペリンでもジミヘンでもない。
和風テイストなうねりのある私らしいものになっている。

歌詞にしても、作っている間はいつも、他の曲を聴かないようにするし、
他の曲の歌詞を見ないようにする。
何かの曲に引っ張られて似てしまうことを避けるためだ。
歌詞は、自分の内側から引っ張り出してくるというか、
わき上がってくるように思いを巡らせるような感じで積み重ねていく。

袋小路にぶつかって、どうしようもなくなった。
じゃあどうする、そしてどうした。
そんなことを歌詞にしようとした。
袋小路にはまった要因を描き、
袋小路にはまったこと自体をオチにするパターンもあるだろうが、
その選択肢はすぐに消した。

この曲はとにかく歌詞ができるまで時間がかかった。
なかなかメロディにのるフレーズがなく、
この一曲のためにノート8ページに言葉を埋めた。
とにかく、一字多い、あるいは一字足りないに悩まされてまとまらない。
結果、歌詞を作るのに苦労したことが、この歌詞のベースになっている。

乗り遅れたくない、少しでも前進したい。
でも、この迷走したフラフラの状態ならば、
乗っても、前に向かっても、おそらくうまくいかないだろう。
時間が過ぎ、季節は巡っていこうとも、
今は迷った場所まで戻ることが、自分にとっての前進なのではないか。
そして考えるのだ。戻った場所から、今度はどうするかと。

その時、空転して、混乱して、何もしなかったり、
余計なことをやっていた日々の中で、
知らぬ間に頭の中のタンスに収納されたものが引き出されてくるのだ。
近づいてきて、開いてゆくのだ。
そんな、閉鎖と開放、混迷と覚醒の曲だ。
こんなことがノート8ページに脈絡なく書かれている。

休日にずっと歌詞を考えているのに一行もできず、
イライラしたり、何をやっているんだろうと空しくなったり。
それでも完成までもっていくのは、結局のところ喜びがあるからだ。
ニーズはないのに、製作欲はすこぶるお盛んだ。
いや、メンバーからのニーズはある。
メンバーが自己満足だけに終わらせないでくれる。

ただ、自分にとっての「満足」のほとんどは自己満足だとも思う。
相手が満足したのを嬉しく思うのも実は自己満足なのかもしれない。
自己満足を恐れるな。

スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


1月27日日曜日、大阪国際女子マラソン。
福士選手に注目が集まっていたが、終盤に失速し2着。
優勝は、ウクライナのガメラシュミルコ選手だった。

終盤まで福士選手がトップを走っていたので、
テレビカメラが彼女を中心に映すのはいい。
ただ、あまりに「福士」、「福士」と、
彼女のソロ・マラソンであるかのような放送はどうなのかとは思った。
それでも、女子マラソン界で最も視聴率を稼げる選手の一人なので、
世の中はこういうものなのだと、やむなく受け入れよう。

我慢ならなかったのは、優勝したガメラシュミルコ選手へのインタビュー。
インタビューをしたのは関西のテレビ局の女性アナウンサー。
最初の一言が、「優勝おめでとうございます」。
それに対してガメラシュミルコ選手は、「ありがとうございます」。
問題は次の言葉、最初の質問だ。
「ゴール手前で福士選手をとらえましたが、
福士選手はどんな選手でしたか」

これはひどい。ひどすぎる。
ここでもまず福士なのか。それはないだろう。
優勝者への敬意が全くない。
失礼にもほどがあるし、無神経で不謹慎。
この質問に対して、ガメラシュミルコ選手は明らかに戸惑っていた。
そして、福士選手の名は出さず、淡々と自分のレースを振り返っていた。
ガメラシュミルコ選手がいたたまれなかった。
その後すぐにインタビュー・シーンを打ち切って、カメラは福士選手へ。
やり過ぎだろう。

ここまでのことは、福士選手自身に何らの責任はない。
過酷な練習を積み重ねてレースに臨み、精一杯走ったと思う。
ただ、レース後の福士選手の異様ともいえる陽気さは何なのか。
照れ隠しみたいなものであり、表面的なものなのかもしれない。
また、あれが彼女の人気の大きな理由だとも思う。
しかし、レース後の態度から感じられるあれだけのエネルギーを
レース中に使い切れないのが残念に思う。

スポーツのインタビューでは、イライラすることがよくある。
例えばオリンピックでは、家族を持ち出し、
泣かせの方向へ導こうとするパターンがよく見られる。
日ハム戦のヒーローインタビューでは、
質問と応答の関係になっていないことも多い。

「今日はどんな気持ちでマウンドにあがりましたか」の次の質問が、
「今年は大黒柱としての期待もあると思いますが、
 どんな気持ちで試合に臨んでいるのでしょう」のように、
同じ応えにしかならないような質問を繰り返したり、
選手が、「ファンの声援のおかげで打てました。
明日からも一生懸命がんばります。ありがどうございました」と
言った後に、
「では、最後にファンの皆さんにお願いします」と投げかける。
選手はどうしたらいいのだろう。
選手の話は聞かず、流れも読まず、台本を読むだけなら、
アナウンサーじゃなくてもできる。
鈴木福くんでもできる。

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ


今回は、毎年恒例のアルバム・オブ・ザ・イヤー。
2012年によく聴いた、あるいは特に心に残ったアルバムを、
私個人の狭い視点で選出するものである。

ただ、困ったことがある。
2012年にリリースされた、いわば「新譜」というものを
ほとんど聴いていないし、
過去の作品にしてもヘビーなローテーションで聴いたアルバムは
ごく僅かである。
したがって、例年にも増して偏った内容になることを
ご容赦いただきたい。
それではどうぞ。

【新作部門】
新作部門は、2011年半ば以降にリリースされた洋楽アルバムを
対象とする。
昨年までは、「ベスト盤やライブ盤は除く」というルールを設けていた。
しかし今回はそんなことを言っていられない。
それほどに新譜を聴かなかったということだ。

そんな状況を踏まえつつ、筆頭にあげられるのが、
ジミ・ヘンドリックス「Live at Berkeley」である。

ジミ・ヘンドリックス「Live at Berkeley
  ジミ・ヘンドリックス「Live at Berkeley」

このアルバムは、元々1970年にリリースされたものだが、
ジミヘンの生誕70周年を記念し、2012年に再発された。
ちなみに、ジミヘンと私の誕生日は1日違いである。

実はこれまでジミヘンを熱心に聴いたことはなかった。
もちろん有名な曲はそれなりに知っていたが、
あまりの創造性と混在性、複雑さのせいで、
手が届かないというか、受け入れるだけ素養が私になかった。

ところが不思議なもので、昨年の春、バンドの練習中、
新しい曲をいくつかメンバーに聴かせた際、
そのうちの一曲について、ドラムのダーオ氏から、
「ジミ・ヘンみたいなリフだ」との言葉を頂戴した。
私自身は全くジミヘンを意識していなかったリフだけに、
いつ、どこで、頭の中のタンスにジミ・ヘンを収納し、
なぜ突然、引き出しから出てきたのかと不思議な気持ちになった。

それから3か月ほど経った夏の土曜日。
たまたま聴いていたHBCラジオで、このライブアルバムが紹介された。
「とにかくすごい。ジミヘンの感情がほとばしるプレイだ」みたいな
ことを言っていて、ほんとにそうか?と思いながら聴いてみると、
ほんとにそうだった。

その時流れたのは、「パープルヘイズ」だったのだが、
6弦の6フレットと4弦の8フレットで始まる冒頭のリフの後の
ドラムだけで
一気に引き込まれた。
ギタープレイのテンションがすごかった。
これ以上やりすぎるとメチャクチャな演奏になる、
その一歩手前の
壮絶なプレイだった。

ラジオからもう一曲流れたのは、「HEY JOE」だった。
ほんとに歌いながら弾いているのかという信じられないプレイ。
心を持っていかれる凄まじい演奏に圧倒された。
やっと自分もジミヘンを感じることができるところまで
リスナーとしてのキャリアが積み重なったのだと思えた。

ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ
 
Noel Gallagher’s High Frying Birds

  Noel Gallagher’s High Frying Birds
2011年10月にリリースされた作品。
一聴したところ、特に目新しさはなく、刺激もなく、
オアシス時代のノエル・ギャラガーの延長線上にある作品で、
別に悪くはないのだが、繰り返して聴く気になれず、
昨年のアルバム・オブ・ザ・イアにおいて選考から漏れた。

ところが評価が一変したのが昨年のゴールデンウイーク。
連休を利用して日高方面へ無人駅巡りに行った時だ。
シャッフルで音楽を流していたら、ふと妙に馴染む曲が現れた。
それがこのアルバムの曲で、それ以降は、
このアルバムを繰り返し聴きながら日高路を走った。

ノエル・ギャラガーが元来の持つ叙情的なメロディと、
キャリアを積んだ大人の余裕が感じられる安定感が心地よく、
派手さはないが、きちんと作り込まれたアルバムである。
新たなサウンドへのトライも見受けられる。
なのにそれが野暮ったい、というか、
ノエル・ギャラガーの濃いキャラクターによって打ち消されている
加減が丁度いい。
その結果、当初は、オアシス時代の延長線上にあることがプラス要素に
思えなかったのだが、逆に良かった。

【旧作部門】
ジミ・ヘンドリックス「The Best Of Jimi Hendrix

  ジミ・ヘンドリックス「The Best Of Jimi Hendrix」
2012年に最も聴いたアルバムはこれだろう。
この不健康さ、怪しさ、色気。
ほんとに唯一無二の存在だと改めて思う。

どうしてこういうギターフレーズが浮かんだのか。
どうしてこういうクリーンな歪みを出せるのか。
どうして逆さまのギターで弾けてしまうのか。
紐解いてみたいことが多すぎて、どうにもならないくらい凄い。
ジミヘンのボーカリストとしての素晴らしさにも感嘆する。

朝の時間帯に聴くにはフィットしないサウンドである。
朝、職場のビルに足を踏み入れた時、「FOXY LADY」が流れ始め、
イヤホーンから、「フォクシー」と囁かれたときは、
このまま家に帰ろうかなとの考えが頭をよぎるほど、
仕事をする気をなくさせるので注意だ。


■クリーム「The Very Best Of Cream
  クリーム「The Very Best Of Cream」
クリームは以前から聴いてはいたが、
熱中するというところまではいかなかった。
しかし、2011年からフィットし始め、
2012年には、ぐっと私の中に入り込んだ。
おそらく、この2、3年の自分の作る音楽の断片が、
クリームのサウンド感にリンクするようになったからだろう。

このアルバムの選曲は素晴らしい。
きちんとクリームの代表曲を収録している。
「ベスト・オブ」の前に「ベリー」とつくのも納得だ。

クリーム時代のエリック・クラプトンの年齢は20代前半だった
というのが信じられない熟練チックなプレイの連続。
フレーズも大人で貫禄すらある。
驚くべき才能と、そもそものブルース偏差値の高さを感じる。
つかむどころか、触れるのがやっとだ。

■アデル「21」
  アデル「21」

2011年にリリース。セールスは全世界で2,500万枚。
グラミー賞を何部門も受賞したアルバムである。

極めて平凡な表現になるが歌がうまい。
ひっかかりのない伸びやかな声は、
白いソウルというか、適度なスモーキーさがあるというか、
こなれ加減がちょうど良く、聴いていて実に落ち着く。
全くストレスを感じない。

曲にどことなく懐かしさがあるのもいい。
逆に言えば新鮮味はなく、こういう曲ってあるよね、
という感じではあるが、それで何の問題があるのかと思わせる。

ただし、朝のミュージックではない。
特に通勤時に聴くにはなじまない。
自分自身が身体的に動いていない状態で聴くのがいい。
少し遠出した夜の帰り道の車中で聴くのがベスト。
いつまでも聴いていられるような安らぎがある。
できれば一人で聴いた方が感じ入ることができるだろう。

              ◆

以上が、2012年のアルバム・オブ・ザ・イヤーである。
簡単に言えば、遅れてきたジミヘン・イヤーだった。
ロック・ミュージックを中心に様々な音楽を聴いてきたが、
この年になってようやくジミヘンの凄さに驚いている。
音楽を聴くのもキャリアが必要だとつくづく思う。

繰り返しになるが、ジミヘンの「
FOXY LADY」を
イヤホーンで聴く時は注意すべきだ。
思いがけないところで、「フォクシー」と囁かれる。
ほんとに耳のすぐ近くで囁かれているような感じだ。
これほどスーツ仕事に合わないロックはない。
ついでに言えば、これほど海が似合わないロックはない。

テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽


昨年の暮れに風邪をひいた。
鼻づまりの症状が近づいてくるような上あごの違和感から始まり、
翌日には嫌な寒気がまとわりつくようになり、
その翌日には肩や腰が変に重たくなるとともに鼻づまりが本格化した。

こんな感じで風邪は非常に遅い速度で進行した。
いつピークがくるのか見当がつかないまま、
年末年始はほとんど室内で過ごした。
連日、一日16時間くらい眠っていた。
それでいて箱根駅伝はほぼ全部見た。
今の大学生世代は、「しょうた」、「ゆうき」、「かずま」
という名前が多すぎやしないかと思ったりしながら全部見た。

以前から気になっていたのだが、大学生にしても社会人にしても、
本格的に長距離走をやっている選手は、
声がすべるように高い人が多い。
これは厳しい食事制限と、できるだけエネルギーの消費を抑えて
パワーを持続させるという競技の質が影響しているのではないか。
それに対して、瞬発力やパワー勝負の競技では
声がしっかりしている選手が多いように思う。
日ハム中田氏やレスリング吉田選手は
歌を歌わせたらおそらく上手だろう。

風邪はなんだかよくわからないうちに快方に向かい出した。
ところが、良くなっていく速度も遅い。
仕事には行けてるが一日中マスクをして過ごしている状態だ。
体質とともに年齢のせいもあるだろうが、
一旦風邪をひくと、抜けてくれるまで時間がかかる。
二週間くらいはまとわりつく。

さて、新年になったのだ。
だからといって、何かがリセットされるわけではない。
現実的な話、この世に「無礼講」というものがないように、
リセットというものもないのではないか。
リセットしたつもりが、実はリセットする前のことを引きずっている。
でも、それはそれで仕方ない。人間だもの。

新年は、「節目」という点では大きな意味がある。
リセットなどできるわけがないと言いながら、
「節目」というのは結構重要だと思ったりしている。
節目が来ると気分が変わる。
つまり、リセットはできずともリフレッシュできるのだ。
気分というものは、実はなかなか自分の意思では変えられない。
気分屋にはならないように。
気分屋に気分は売っていない。
アンテナショップにアンテナが売っていないように。

なんらかんら言いつつ、無事ニューイヤーを迎えられて
ハッピーだと思っている。
今年も新たな出会いがあり、同じことの繰り返しがあり、
無駄な作業があり、忘れていた何かを思い出したりするだろう。
そして別のことを忘れていく。
それは悲しいことじゃない。
忘れてしまわなければ新たな積み重ねをする場所がない。

私もある人からは忘れられていくだろう。
それだって悲しいことじゃない。
いや、人によっては悲しい。
しかし、たとえ心の中に雨が降っても、そのあとに虹を見たい。

今年も皆さんに、近くから遠くから、直接的に間接的に、
助けてもらったり、ちょっと背中を押してもらったりすることでしょう。
今年もよろしくお願いします。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2013 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.