ADMIN TITLE LIST
10月27日土曜日、北区の「LOG」でのライブに出演した。
セットリストは次のとおり。

1 熱いブギをくれ
2 心配いらないぜ
3 愛と風のように(BUZZ
4 白いブランコ(ビリーバンバン)
5 誇り高く生きよう(忌野清志郎)

1曲目、2曲目は自らの曲。
「心配いらないぜ」は、今年のソロ活動において毎回チョイスした。
初めてのお客さんにとっての私の名刺代わりの1曲はこれなのだと
改めて自覚した2012年のソロ活動だった。
3曲目の「愛と風のように」は、前回の記事で書いたとおり。

4曲目の「白いブランコ」は、
ビリーバンバンが1969年リリースした曲。
正直、長年ぼんやりとした曲だという印象があり、
関心を持ったことなどなかった、今年の夏までは。
8月にシアターキノで「かぞくのくに」という映画を観た。
この前売特典としてついてきたのが、
私が敬愛するシンガーの一人、アン・サリーが歌う「白いブランコ」
だった。これにいたく感動。
さらに映画の中でも、実にしみる場面で「白いブランコ」が使われた
こともあり、機会があれば唄ってみたいという気持ちになっていた。
初めて1曲を通してアルペジオ奏法で演奏した。

5曲目の「誇り高く生きよう」は、晩年の清志郎さんの曲。
個人練習では、しょっちゅう歌っていたが、
ライブで披露するのは初めてだった。

20121027ライブ2 

実に居心地が良く、リラックスして伸びやかにできたライブだった。
オール・スィッティングでアルコールのある落ちついた雰囲気の中、
それぞれの出演者もお客さんも、いい感じでシェアし合いながら、
気楽に楽しもうという大人の空気感があった。

共演者の方々からも多くの刺激を受けた。
長津さんの持つちょっとやそっとじゃ近づけないと
思わされた深い反骨性と暖かさ。
小松氏の類まれな音楽的才能と引き出しの使い方の巧さ。
鹿野氏の丁寧に構築されたアレンジと繊細で優美なボーカル。
長年の音楽活動で培ったそれぞれの根の強さを感じた。
本番でも十分に楽しませていただいたが、
リハーサルの時点で本物は違うなあと素直に感動した。

20121027ライブ 

ライブ終了後は、そのまま会場にて出演者とその関係者で打ち上げ。
古くからの知り合いということもあり、昔の話をだらだらと、
また、現在の音楽的スタンスなど、有意義な語らいの場だった。
出演者同士のこうした打ち上げはほんとに楽しい。

話していて心に残ったのは、皆、自分の音楽的現状に
満足していないということだった。
私が、自分の音楽を身の丈に合った形で披露できる場と時間があるから、
現状に満足している、ということを言ったら、
意外な顔をされ、「おれは違うよ」的な発言にあった。
ただ、身の丈を維持するのは、それなりに大変ではあるのだ。

MCでは、「フライものが重たく感じ、
全く食べたい気にならなくなった」など食べ物と老化の話になった。
その中で、時々やけに「餅」が食べたくなることも話した。
餅を食べるのは、長年、正月と稀におしるこに出会うときだけだった。
ところが、この1、2年、なんでもない春の土曜日や秋の午後に、
食べたい夕食を想像した時、ふと雑煮が浮かぶことが増えた。
そして実際、1か月に1回くらい雑煮を食べている。

当初は、正月でもないのに雑煮を食べることに違和感がなかった
わけではない。
しかし、餅は年中売っているし、誕生日やクリスマスでもないのに
ケーキを食べることはなんら不自然ではなく、
逆に、誕生日とクリスマスしかケーキを食べないと言えば、
かわってるね、などと言われる世の中だろう。
ならば、秋の雑煮も認められてしかるべきだろう。

また、日本のロックは腰抜け、という話も延々とした。
お笑い芸人「COWCOW」の「あたりまえ体操」なるものを
たまたまテレビで見た。
電車の中、携帯電話で大声で話す人から携帯電話を奪ってへし折ったり、
イヤホーンから漏れるしゃかしゃかとした音に我慢がならず、
イヤホーンを奪って引きちぎる、という内容だった。
メジャーなお笑い芸人が、こうして社会的なメッセージを発しているのだ。
出版業界はもっとすごい。
メジャーな作家が自らの作品の中で、
社会問題に触れているものは数えきれないくらいある。

それに比べて音楽業界はどうなのかと。
使い古されたフレーズのラブソングばっかりだ。
かっこいいイメージの単語をつなげただけのロックばっかりだ。
そう考えると、清志郎さんはほんとに凄いロック・ミュージシャンだった。
メジャーレーベルからのリリースだと制約が多いのはわかるし、
ラブソングじゃないと売れない事情もわからないわけではない。
だとしても、あまりに腰抜けではないかと。
海外諸国と比べると日本のロックの腰抜けぶりは、より顕著だろう。
だからこそ、完全アマチュア志向で、音楽的自由に拘る自分がまず、
根を太いものにしていきたいと思う次第である。

スポンサーサイト

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽


私のソロ音楽活動、「激しい雨」のライブについてのお知らせである。

■日時 2012年10月27日(土)19時スタート
■場所 ライブハウス「LOG」
     (札幌市北区北14条西3丁目ゼウスビル地下)
■料金 1,500円
■出演(敬称略) 鹿野ケンジ/小松ダイスケ(BAD SIGN)/
           激しい雨/ゲスト:長津宏文

ハイレベルなメンバーだ。
永きにわたり本気で音楽に携わっている人達だ。
いい機会を与えていただきありがたく思う。

かといって何か特別なことをするわけではない。
公私にわたり、良くも悪くも等身大路線を崩さないのが私だ。
適当さと本気なところを混ぜ合わせながら、
真剣に気楽にやるのだ。

このライブではカバー曲を3つほど入れようと考えている。
3つとも初披露の曲になりそうだ。
とりあえず、buzzの「愛と風のように」はやりたいと思っている。
ずっと気になっていた曲である。
1972年にリリースされ、ケンとメリーのスカイラインのCMに
使われた曲として知られているが、
幼少だった私は、そのCMの記憶が全くなく、
大人になってから、なんとなく耳にしたことはあったように思うが、
きちんと知ったのは、敬愛するミュージシャン、花田裕之氏が
カバーしているのを聴いてからだ。

澄んだ青空の下、丘に吹く優しい風のような曲である。
キーが高く、buzzは裏声前後のポジションで柔らかく歌っている。
You Tube
にもあるので、見ていただくとよくわかる。
最初は、女性が歌っているのかとも思ったほど優しく細い声である。
それでも私は原曲キーで臨む。
原曲キーでやるのが、その曲の味が一番出ると思い込んでるからだ。
裏声は使わない。
裏声寸前の細い声で押し通す、普段とはちょっと違う私を
観に来ていただきたく思います。

それにしても、ライブのお知らせがすっかり遅くなってしまった。
日々の疲れに屈し、布団への誘惑に負け、
お知らせできなかったと言い訳をするわけにはいかない。

なぜなら私は、借金を返済しないまま月へ帰ろうとし、
法律事務所に相談したらどうかとアドバイスをされるも、
「月からは遠いから」と言い訳し、
借金から逃げ切ろうとするかぐや姫とは違うからだ。

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽


もう既に10日近くも前のことになってしまった。
10月7日、黒松内町でのライブイベント、
「ブナ・ロック・フェスティバル」に出演した。
内陸部特有の秋晴れの寒い日ではあったが、
音楽の楽しさを味わうことができたイベントだった。

セットリストは次のとおり。

1 はかない季節の太陽
2 ロックンロールナイト
3 さよなら電車
4 三日月の舟
5 夜をどこまでも

121007ライブ2
1曲目の中盤で5弦が切れた。
ライブ途中で弦が切れたのは十数年ぶりだ。
5弦という太い弦だ。
どの弦を切ってもショックではあるのだが、
1曲目の中盤という極めて早い段階である。
結構なダメージ・ハートな状態だった。

2曲目ではギター・ソロを弾く。
5弦がポイントとなる箇所で使われる。
しかし、弦を張り替える作業とチューニング、
その間のなんとも落ち着かない会場の空気。
さあやるぞと始まったライブの雰囲気もダウン。
また、予定している5曲をやったら持ち時間をオーバーすることになり、
その後の出演者達にとっては愉快なことではない。
曲数を減らすのもメンバーに申し訳ない。

そんなあれこれを想像したら、
5弦なしの状態で最後まで突っ走るしかないと思った。
こうしたマイナスの事態の時こそ真価が問われるのだ。
どんなシチュエーションでも、何でもない顔をして、
いつもどおり、それなりにやるのが私の信条でもある。
弦が1本ないからロックアンドロールができないなんて
聞いたことがない。

ということで、弦を切ったことをMCで触れることもなく、
ギターソロで5弦を使う部分は適当に別のフレーズを弾き、
いつものようなスタイルで、いつものような雰囲気で、
結果、楽しくライブを終えた。

121007ライブ1
田舎町の球場での開放的なライブ。
ステージはバックネット前に設置され、
お客さんのいるスペースはマウンドまで達していない。
そんなゆとりだらけの会場で、
メンバーも気持ち良くできたのではないだろうか。

アンプの種類、モニターへの音の返り等々、
違和感がなかったわけではない。
しかし、メンバーそれぞれ、そういうことは飲み込んで、
黒松内町でのライブという、せっかくの機会を楽しむ、
そんな力が増した気がする。
これが大事なのだと思う。

121007ライブ5
初のイベントということで、主催者の皆さんは準備等々、
ほんとに大変だったと思う。
お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
こんなに楽しんだ私がいるし、メンバーも楽しんだはず。
ならば、ブナ・ロック・フェスティバルは成功だろう。

以前から、黒松内は静かな街との印象がある。
この日も、ブナ・ロック・フェスティバルの会場以外は静かだった。
日本海と太平洋の中間にひっそりとある街。
この街のことを歌った曲はないのか、と思った。

ライブのMCでも言ったが、
八代亜紀さんに、ブナの里・黒松内のご当地ソングを歌ってほしい。
タイトルは、もちろん「ブナうた」だ。
私が曲を作って提供したいくらいだ。
その際の私の作詞家、作曲家としてのペンネームは
「ブナ村徹」にしたい。

ライブは楽しんだ。黒松内の街の良さも味わった。
帰り道は、寿都方面周りで、こんな景色に足を止めながら、
連休サイコーな気分で札幌に戻った。
121007ライブ3 

ただ、弦が切れたことで、本来の形でのプレイができなかったこと

に対する悔しさは、札幌に戻ってからも心を揺らした。
5弦が張られていないギターを車に積んで帰るのは、
ケガをしているのに治療をしていないようで、
ギターがとてもかわいそうに思えた。
帰宅後すぐに5弦をつけた。
次のライブが早くやりたくなった。

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽


10月7日日曜日、黒松内町でライブに出演する。
「ブナ・ロック・フェスティバル」というイベントだ。
今回が初開催である。
黒松内の音楽愛好家の皆さんが中心となって開催される。

正式に出演時刻が公表されたのは9月29日。
本番8日前である。
「ブナ・ロック・フェスティバル」のホームページはあるものの
告知はされておらず、
ホームページとリンクしているブログで告知されている。
そうならざるを得ない様々なご苦労があるのだろう。

改めてライブの詳細を。
■日時 2012年10月7日(日)13時30分スタート
■場所 黒松内町野営野球場
■出演 長男BAND/THROW/キタガワ/いなりーず/
      PAXIL/ZERO/empty/THE HEART OF STONE

我々、ザ・ハート・オブ・ストーンの出番は
14時30分から15時まで

10月の北海道にして野外ライブである。
しかも野球場である。
思いがけず、このタイミングでスタジアムという場所で
ライブをすることになった。
観客=出演者となることが必至と思われるが、
スタジアムでやることに変わりはない。

ライブタイトルになっている「ブナ」は木である。
東北から本州中部にかけて生育し、
黒松内町がブナの北限とされている。
これを生かし、黒松内町ではブナによるまちづくりが展開されている。

2011黒松内岳 

昨年の夏、黒松内岳に登った。

ブナの林がありつつ、眼下の景色を見ながら登れる快適な山だったが、
登りで誰ひとり出会わず、頂上にも誰もおらず、
市街地から結構奥まったところにある山で完全にひとりきりなのだと
自覚し、一気に怖くなった。

ブナどころではなくなった。
必要以上に熊よけの鈴を鳴らしながら下山してきた。

ところで、熊よけのひとつの手法として、
ラジオを流しながら歩くというのがある。
私は大のAMラジオ好きである。
思いきりラジオを聴きながら登山をしてみたい。
しかし、AMラジオがきちんと受信できる山などほとんどない。
また、ラジオを外部スピーカーで聴くにはそれなりの音量が必要であり、
それなりの音量を出すには、それなりの大きさが必要である。
そんなラジオを、身体またはリュックのどこに備え付けるのか。
わけがわからないぜ。

2011黒松内岳2 

ライブの話に戻るが、雨などで野外でのライブが困難になった場合は、

黒松内町の町民センターに場所を移して行われる。
町民センターの正式名称は不明だ。
特に告知もされていないようだ。
ますます観客=出演者の割合が100に近くなる状況だ。

それでも楽しみだ。
自分達の音楽を聴いてもらえる、見てもらえる喜びがある。
どんな環境でも、楽しんでやろうという気持ちは常にある。
黒松内町でライブをやるなんて、
1か月前まで考えたことなど全くなかった。
せっかく出会った良い機会だ。
熱い気持ちでライブに臨みたい。
ブナの北限を黒松内より北にずらしてしまうくらいの熱い気持ちで。

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2012 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.