ADMIN TITLE LIST
今回はブックレビューとして3冊を紹介。
いずれも読みごたえのある良い作品でした。
それでは、どうぞ。

■桜木紫乃「ラブレス」(2011年)
  桜木柴乃/ラブレス
昨年、北海道新聞にこの作品の書評が掲載されていた。
その中で、「この作品を読んでいたら、村上幸子という演歌歌手の
ことを思い出した」と書かれていた。
それが強く印象に残った。
村上幸子は1980年代に活動していたが、
1990年に31歳で亡くなっている。
この演歌歌手を想起させる作品とはどういうものか、ずっと気になっていた。

主人公の女性は、昭和10年ごろの生まれと思われる。
標茶町で極めて貧乏な生活を送り、中学を卒業すると奉公に出される。
奉公先でもこき使われ、あげく店主から凌辱まで受ける。
そんな生活に耐えられず、彼女は標茶町に巡業で訪れていた
歌芝居の一座に加わり、その後は歌手として各地を転々とする。

やがて一座は解散し、彼女は結婚、弟子屈町で暮らすことに。
子どもを授かり幸せな日々がくるかと思われたが、
夫の借金のせいで、弟子屈の温泉ホテルで働き始める。

とにかく壮絶な物語である。
前半は田舎の極貧物語を淡々と描いているが、
一座に加わる頃から一気に動き出し、どんどん引き込まれていく。
不運を引き寄せるような展開の連続は実に濃い。
脇を固める人々も、それぞれに個性が強く、
ストーリー上の使い方が非常に上手い。
彼女が出会った男性達に対する微妙な感覚も、よく描いていると思う。

終盤の彼女の娘にまつわるくだりは、
息が止まるほど胸が締めつけられ、自然に涙がこぼれてくる。
そしてザ・ピーナッツの「情熱の花」を無性に聴きたくなる。
やりきれなくて悲しくて、こうなるしかなかったのかと、
苦しみに近い切なさでいっぱいになる。
読み終えると、圧倒的な映画を観た後のような疲労感があり、
何日間も余韻が残った。

■中村文則「王国」(2011年)
  中村文則/王国

彼女の仕事は、
社会的要人の弱みを人工的に作ること。
例えば、ターゲットの男に睡眠薬を飲ませ、
ホテルの一室で情事があったかのような写真をとり、
それをネタに男を揺さぶる、というもの。
ある時、「あの男には関わらない方がいい」と忠告を受けていた
要注意人物がターゲットになり、事態は急転していく。

スピード感がありながらも、
施設育ちという彼女の過去や彼女を追う黒い組織が絡み、
スリルのある場面の連続で、ページをなかなか閉じられなくなる。
相変らずのスタイリッシュな文体も魅力だ。
ただ、これまでの作品に比べて、
良くも悪くも角がとれて読みやすくなった印象を持った。

彼女の職業や、月が随所に引き合いに出されることや逃亡劇など、
どことなく村上春樹氏の「1Q84」と重なる気がした。
それでも素直に面白く読めた、と言える。
読み終えると、ちょっとあっさりしていたかと思うところもあるが、
刺激的な独特の世界観を楽しめた。

■葉室麟「蜩ノ記」(2011年)
  葉室麟/蜩ノ記

第146回(平成23年度下半期)直木賞受賞作。
タイトルは、「ひぐらしのき」と読む。
時代は江戸時代の後期。
側室との密通により、藩の家譜編纂と10年後の切腹を命じられ、
貧しい農村に幽閉されている戸田。
彼の監視をするよう、そこに送り込まれた武士の壇野(だんの)。

壇野は、戸田と生活を共にすることで、彼の清廉さや慈愛に触れ、
また、密通は事実ではないことを知り、
なんとか切腹を免じてもらえないかと考えるようになる。

整然としていながら、音が聞こえ、香りがしてくるような豊かな文章。
穏やかな心で読み進められる。
理不尽で不条理な世界に凛として立ち向かう姿や、
切腹を前に娘と息子の将来に道筋をつける戸田の有り様は強く美しい。
そこまでしなければならないかと思うところもあったが、
そこまでするからストーリーに厚みと温かさが出るのだろう。

エンディングで、蜩(ひぐらし)が不意に一斉に鳴くシーンの使い方は、
なんともいえずジーンとくる。
柔らかな満足感を得られる素晴らしい作品である。

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


ライブがあります。よろしくお願いします。
■日時 201254日(金)1830スタート
■場所 スピリチュアル・ラウンジ(札幌市中央区南2西4)
■料金 前売1,500円 当日2,000円/ドリンク代別途500
■出演 快楽亭ブラック/3MOON/鹿野ケンジ/またたび/
      THE HEART OF STONE

            ◆

先週、ラジオを聴きながら夕食を食べていたら、
突然、かぶせていた奥歯が抜けた。
10日ほど前から、ほんの少しだけ、ぐらつきを感じていた歯ではあったが、
気持ちがぐらついていたわけではなく、痛みもなかった。
なので、ぐらつきが大きくなったら歯医者に行こうと思っていたのだが、
その日は予定よりだいぶ早くやって来た。

抜けた歯をくっつけて、すぐに終わるのだろうと思っていた。
ところが、抜けたところを見て、歯科医師が渋い感じになった。
渋い男を演じて、次の舞台に備えているのかと思ったが、
その歯科医師は劇団員ではないので、そんなことはないなと
己の浅はかな予想を打ち消していたら、
かなり深い虫歯になっていると告知された。


即座に撮影されたレントゲン写真を見ながら、
その歯の半分は抜歯して、隣りの歯と一緒にかぶせなければならないと
説明された。
その日から、微妙にゆううつだった。
抜歯するということは、麻酔の注射をされるわけで、
抜くにしても、工事をするかのごとくハードな作業が
狭い口内で繰り広げられるのだ。
そうした痛みや我慢を想像すると、ちょっとハッピーなひとときがあっても、
「あと3日後には抜歯するんだ…」と、アンハッピーになったりした。
痛くないのに抜歯されることが、消極的な気持ちにさせていた。

そして今日夜7時に抜歯した。
真夜中の今も、抜歯した箇所から血がにじんでくる。
しかし、抜歯するしかしょうがなかったのだ。
抜歯を拒んで、バッシングを受けるよりいいだろう。

            ◆

さて、今回は、私が選ぶ「2011・アルバム・オブ・ザ・イア」。
洋楽部門は、概ね2010年秋から2011年にリリースされた作品から、
邦楽部門は、2010年と2011年にリリースされた作品から、
それぞれ3枚を選ばせていただいた。
それではどうぞ。

【洋楽部門】
RED HOT CHILI PEPPERSI’m With You(2011)
  レッドホットチリペッパーズ「i'm with you」

私はこれまで、レッドホットをほとんど聴かずに生きてきた。
それは見た目のせいであり、また、アメリカ性が強すぎるような
先入観があったからだ。
ただ、2006年リリースの前作を聴いてからは、
もしかしたら結構好きかも、という気持ちは生まれていた。

そして2011年リリースの本作で完全にはまった。
紛れもなく、2011・アルバム・オブ・ザ・イアの№1アルバムだ。
いつ聴いても、どこから聴いても、しばらく聴いていたい気分になる。
タイトなサウンドと、抑えの利いた渋みのあるメロディは、
何度聴いても飽きが来ない。
むしろ聴くほどに、サウンドの奥深さが見えてくる。

なんというか感触が実にいい。
自然に音楽神経の中に染み込んでくるような感じで、
気持ち良くなるというか、リラックスできるような。
まさかレッドホットを聴いて、こんな感覚になるとは、
2010年までの私は思いもしなかった。

R.E.MCollapse Into Now(2011)
  r.e.m「collapse into now」

R.E.M
の曲は、夜明けや深夜に、
走行している車が少ない地方の国道を走っている時に聴くと良い。
国道275号線の当別・北竜間、国道231号線の石狩・浜益間などは、
特に世界に浸れるスポットであり、R.E.Mのサウンドに酔いしれる。
音楽酔い運転が禁止されていなくて良かったと思う。
ちなみに、国道5号線と国道230号線は、なんとなくフィットしない。
それが私なりのR.E.Mの解釈だ。

昨年の夏、夜明け前に札幌を出発し、トマムに向かった車中。
由仁町から日高町にかけての道で聴いた時も最高だった。
今このアルバムを聴くと、あの日の朝霧や夏の朝の冷え込んだ空気を
思い出す。

決して大衆性のあるサウンドではない。
インパクトがあるわけでも斬新なわけでもない。
ロックをあまり聴かない人からすれば、
あまりロックを感じない退屈なアルバムかもしれない。

しかし、とにかく味わい深い。
クールでエッジが効いているのにメロウで、
自然に寄り添えるような柔らかさがある。
ロック・ミュージックのない生活は考えられない私からすれば、
ロックの良心が凝縮された素晴らしいアルバムだ。

COLDPLAY「マイロ・ザイロト」(2011)
  コールドプレイ「mylo xyloto」

「静」の部分が多いアレンジのせいなのか、
シンセサイザーが前に出すぎてるせいなのか、迫ってくるものがない。
詰め込みすぎたがゆえに焦点がぼけてしまったような。

憂いのある魅力的なメロディに癒される曲もあるし、
コールドプレイらしい清々しい温もりがある曲もある。
しかし、全体の流れからすると、地味というか、物足りないというか。
ロック・テイストからさらに遠ざかったのも個人的には残念。

ただ、コールドプレイの曲は、何回も聴くことによって
良さが増すような不思議な力がある。
また、「コールドプレイを聴くぞ」と思って聴くと持て余すのに、
テレビやラジオから思いがけず流れてくると、
すごくいい曲に感じる凄さがある。

先週NHKで、水泳のロンドン五輪代表選考レースをやっていたが、
その番組テーマ曲はコールドプレイの作品だった。
これがすごくフィットしていた。
まさに水と親しむには最適なサウンドである。
と言いつつも、海や川とはマッチしない。
プールやモエレ沼公園の噴水ショーが最高に似合う気がする。

【邦楽部門】
■斉藤和義「45STONES(2011)
  斉藤和義「45stones」

斉藤和義氏のナチュラルな充実ぶりが伝わる作品。
いつものアルバムのように、ロックの教科書のような曲が並ぶ。
全体的な曲の構成は、近年リリースのアルバムと似ているが、
決してマンネリな感じはなく、安定感の中にきちんとした刺激がある。

アコースティックギターとオーガニックな感じのドラムとの絡み方が
すごい良い。特に一曲目の「ウサギとカメ」の感触は最高だ。
前奏のギターの音とフレーズだけで、これはいい曲だと思えた。
ふらっとドライブに出かけたくなる開放感がある。

最後に収録されている「ギター」という曲もいい。
「寂しい時にはギターを弾こう、下手でもいいから」と、
素朴な日常に寄り添いつつも、ギターが持っている希望を、
さり気なく歌っている。
そして、メロディが素晴らしい。
サビの「イェーイ、イェーイ、イェーイ」など、
優しさと懐かしさと温かさで、ちょっと泣けてきそうになるほど
素敵なメロディである。

■ロックンロール・ジプシーズ「Rock’n Roll Gypsies Ⅲ」(2010)
  rock'nroll gypsies「Ⅲ」
現在の日本の音楽シーンにおいて、
これほど真っ当なロックンロール・アルバムがあるだろうか。
一曲目の最初のギターの音とリフだけで、
ロックンロールへの矜持を見せつけられる気がする。
そのリフの後に重なってくるギターの歪み具合もちょうどいい。

実に黒っぽい曲が並ぶ。
それが花田氏のライトにねばつくボーカル、
そして下山淳氏の白っぽいブルース感といい感じで融合している。
「穏やかな時」と「そんなとこ」という曲のギターのリフなど、
40代半ばにしてストレートにしびれてしまう。

この手の音楽はセールス的には厳しいものがあるだろう。
なにせ大衆音楽とは完全に一線を画している。
何にも迎合していない。
だから私は、そして、ザ・ハート・オブ・ストーンは
ロックンロール・ジプシーズをリスペクトせずにはいられない。
ライブを観たい。

OKAMOTOS「オカモトズに夢中」(2010)
  okamoto's「オカモトズに夢中」

昨年、オカモトズの音楽に出会った。
20歳かそのぐらいで、この古く、黒く、激しいサウンドはすごい、
というのが、ロックリスナーの一般的な感想であり、
私もそういう部分はあるが、若さに関係なくすごいと思う。

単に古く、黒いのではなく、切り口は結構現代的である。
言葉の詰め込み方にヒップホップっぽいところがあったり、
ベースラインは、シンプルな古いロックとは全く異なり、
実に動きのあるテクニカルなフレーズの連続である。

彼らは、アルバムにカバー曲を入れてくる。
このアルバムには、RUN D.M.Cバージョンの「walk this way」と
ジョー・ジャクソンの「one more time」が収録されているが、
これが実に良い。素直にかっこいいと思える。
ライブを観たい

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽


まずは、次のライブのお知らせを。

■日時 201254日(金)1830スタート
■場所 スピリチュアル・ラウンジ(札幌市中央区南2西4)
■料金 前売1,500円 当日2,000円/ドリンク代別途500
■出演 快楽亭ブラック/3MOON/鹿野ケンジ/またたび/
      THE HEART OF STONE

実はチケット代が安くはないので、観に来ていただける方は、
ぜひ事前に我々に声をかけていただければ思います。
優待できます。よろしくお願いします。

今回のライブも前回と同様、古い曲(1520年前の曲)と最近の曲を
組み合わせたセットリストになるだろう。
ただし、3曲くらいは前回のライブとは別の曲を用意すると思う。

この2年くらいのライブは、ライブまでの調整や当日の状況によって、
良い面も、良くなかった面もあるが、
大きな視点で言うと、ライブをやるたびに良くはなっていると思う。
次のライブは、その前のライブよりも良いものにする。
そういう気持ちを繰り返して活動を続けているのは
悪いことじゃないだろう。
大好きなことと長く付き合っていくには、がむしゃらなだけじゃダメで、
ときに距離を置き、たまに変化させ、ちょっと無理する日々もありつつ、
楽しむことを忘れてはいけない。

そういうわけで、次のライブでは、
また少しの成長を見せられるのではないかと思っています。

よろしくお願いします。

                  ◆

さて、先日まで水泳のロンドン五輪代表選考レースが開催されていた。
それを見ていてふと考えたのが、世界で水泳競技に力を入れている国は、
それほど多くないのではないかということだ。
強豪国は米、豪、ジャパンのほか、欧州の国々であり、
アフリカ、中央エイジア、南米などの国々は、
あまり見かけないイメージがある。イメージだけかもしれないが。

プールは室内にあるが、水泳の原点はやはり海だろう。
なんとなく水泳の強豪国は、圧倒的に海がある国のように思える。
日本は面積的に小さな国かもしれないが、海に面している距離は結構長い。
世界地図を見ていると、アメリカと大して変りないように見えるし、
おそらく世界トップクラスの延長距離ではないだろうか。

ところで、水泳が夏季五輪の種目であることに誰も疑問を持たないだろう。
ただ、室内プールで競技をやるのであれば、冬だってできる。
しかし、そんなことで議論するのは時間が惜しい。
それよりマラソンだ。
マラソンは、夏季五輪の種目でほんとにいいのだろうか。
なぜ30度くらいまで気温が上がる季節にやるのか。
記録とか勝負とか以前に、身体に悪すぎる。

日本では、マラソンや駅伝の大きな大会は、
11月から3月に集中している。
なにせ、ニューイヤーになったその日に社会人の駅伝があり、
その翌日には大学生が箱根の山を登るのだ。
どう考えてもウィンタースポーツである。
ならば、冬季五輪の種目に変更してもいいのではないか。

仮にニセコ冬季五輪が開催されるとしたら、
マラソンは伊達市でやればいい。冬場でも車で2時間だ。
大豪雪地帯とほとんど雪がない地域が車で2時間とは、
北海道はやはり素敵で神秘的なところだ。

テーマ:日記 - ジャンル:日記


3月31日、ひそやかにライブに出演した。
アコースティックギターでのソロ出演だった。
場所は、アフターダークカフェ(南2西7)。
ちょっとしたゲスト扱いという立場に対する遠慮と、
忙しさにかまけた怠惰ぶりのせいで、
ライブ出演を数人にしか話さなかった。


120331ライブ1
セットリストは次のとおり。
1 氷雨
2 嫁に来ないか
3 スローバラード
4 歌うたいのバラッド

1曲目に「氷雨」を歌うこと以外、何も決めずに臨んだ。
氷雨を歌う前に、ぼそぼそ話し出したら、
次第にリラックスしてきて、私のトークのひとつのパターンである
「サラリーマンの悲哀、そしてミュージック」のような話を延々とした。

ライブの2週間前、適当にギターを弾いていたら、
どういうわけか突然「氷雨」を歌い出している自分がいて、
思いのほか抵抗がなく、というより、気持ち良く歌えたので、
ライブでも披露した。
特に「傘がないわけじゃないけれど」のところは、
歌詞とメロディが見事にマッチした珠玉のフレーズだ。


「嫁に来ないか」は、以前からチャンスがあればライブでやろうと
目論んでいた曲である。
メロディがきれいで、歌詞に希望があり、
私は日本屈指のロッカ・バラードという位置づけをしている。

「氷雨」も「嫁に来ないか」も(他のカバー曲もそうだが)、
あやをつけず原曲に忠実にメロディに詩をのせて歌うのが、
私のこだわりである。
考えているのは、自分にフィットさせることだけだ。
全く演歌には聴こえなかったはずだ。

「スローバラード」は、アコースティックギター一本でやると、
また味わいが違う。
この曲を知らない方は、RCサクセションの曲とは思わなかっただろう。
そして、斉藤和義氏の「歌うたいのバラッド」。
会場にいた若者世代も聴いたことがあるような曲もやろうかと、
そんな考えがふと頭をよぎり演奏した。

120331ライブ2
この週は送別的な飲み行為が複数あり、
また、この日は朝10時からレコーディングがあり、
それでも、まずまずいい状態に整えてライブに臨めた気がした。
リラックスして楽しんでできたとも思う。

その反面、どこか上ずっている感じがあり、
果たして届いているのかと途中から微妙に緊張してくるなど、
まだまだ実力不足であることを認識した。
正直、ライブの終盤は、歌に疲れを見せてしまった気がして、
そんな自分を残念に思った。
その影響か、ライブ後はエビスビールが非常に苦く感じ、
その次に飲んだアーリータイムスの水割りは半分残した。

ライフワークである音楽活動に対する力不足を感じつつ歩く、
春まだ遠い3月31日の夜の帰り道となった。
これじゃあ、ただのしがないサラリーマンでしかないと滅入った。

しかし考えてみる。
私は、しがなくはないサラリーマンになりたかっただろうか。
また、この先、しがなくはないサラリーマンになりたいだろうか。
「しがない・しがなくない」の選択をするならば、
私は若い頃から、しがない方になりたかったと思える。
そしてこの先も、しがない方を目指すことだろう。
その方が、音楽活動をライフワークにする自分に合っているし、
そうでなければ、曲からも声からも人生がにじみ出てこないように思える。
そして、ブルーズも生まれてこない気がする。
私はおそらく無意識のうちに、
望んでしがないサラリーマンになっているのだ。

ある意味、理想の姿なのだ。
なりたかった自分になっているのだ。
そう思えたこの日は、私の日常の中で、
グッドタイムスだったとしか言いようがない。
LIFE GOES ON

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2012 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.