ADMIN TITLE LIST
午後5時ともなると、太陽はかなり傾き、
影が長くなるようになった。
夏が終わろうとしている。

今年の夏は、夕張を二度訪問した。
一度目は7月下旬にクロスバイクで行った。
夕張までは、北広島、長沼、由仁を経由する片道60数キロの道のり。
だらだらとマイペースで走っても4時間もあれば着くだろうと
気楽にスタート。

向かい風ながらも快晴で、
非常に気持ちのいいサイクリングだった、由仁までは。
由仁から夕張までは、何度か車で走ったことはあるものの、
あれを過ぎたらこれがあって、あそこで坂があって、というような
細かいことは記憶になく、
由仁からしばらく平坦な道を行き、そのうち長めの坂があって、
上り切ったところの短いトンネルを抜けたら夕張に着くという
イメージしかなかった。

ところが、その長い坂が始まるまでが予想外に長かった。
しかも、微妙にずっと上りになっており、歩道は狭くガタガタ。
また、時刻は午後1時近くになっていたが、
夕張に着いたら、「のんきや」でラーメンを、
より美味しく食べるために、あえて空腹の状態を作っていた。
これが失敗だった。
長い坂道が始まる前に、結構バテてしまった。
完全なエナジー切れだった。
エナジー確保をしようにも、もうそこに商店などはなく、
ただ前へ進むしかなかった。

その坂道は、思った以上に長かった。
とはいえ、傾斜は緩く、また、歩道は広く滑らかであり、
通常ならば決してクロスバイクで上られないことはない。
しかし、かなりバテバテで、車で通りすぎる人に、
「緩い坂なのに押して歩いてる」と思われてもかまわないほど、
プライドは皆無で、だらだらとクロスバイクを押して歩いて登った。

坂を上りきるとトンネルがあり、
トンネルを出てすぐのところにあるコンビニ「スパー」で、
メロンソーダ500mlを買い、店を出た途端、一気飲みをした。
夢中で飲んだ。
全身にエナジーが注入されていくような気がした。

ただ残念なことに、メロンソーダ一気飲みにより、
一時的ではあろうが空腹が満たされてしまい、
「のんきや」でラーメンを食べる意欲が下降してしまった。
それでも結局はラーメンを食べ、
やっぱりうまかったぜ、と思うのだろうと思いつつ、「のんきや」へ。
2011のんきや
ところが休みだった。
日曜日が定休だったとは。
失意のダウンタウンを抜け、吉野家さんで「カレーそば」を食べた。
吉野家/カレーそば1 吉野家/カレーそば2
夕張駅の辺りで、生のバンド演奏が聴こえたので、
その音を追っていくと、出所はマウントレースイ・スキー場だった。
野外でアマチュアバンドのライブが行われていた。
それを30分ほど見学。
夕張を後にする。

帰りは、長沼でアイスクリーム休憩をしたり、
北広島で寄り道をしながらも、3時間20分で帰宅。
ちなみに行きは4時間を要した。

             ◆

 
二度目の夕張訪問は、夕張岳登山。
一週間ほど前だ。
登山口がわからず、何度も道のわきに車を止めて地図を見て確認していたら、
自宅から登山口まで90kmなのにもかかわらず、2時間40分を要した。

登山口に着くと、車は10台くらいあった。
登山者名簿を見ると、15人くらいの名前が書かれていた。
ただ、登山者名簿には、過去2か月くらいのデータが記されていたのだが、
「熊のフンを見た」というメモがいくつかあり、
なかには熊自体を目撃したというのもあった。
しかし、既に15人程度が入山していたので、
なんとなく安心した気持ちで登り始めた。
2011夕張岳2  
非常に楽しめる登山コースである。
前半は、道は広めで明るく、そこを湧水が流れ、清々しい。
中盤からは視界が開けて、周辺の山々を一望できるとともに、
大きな岩がいくつもそびえ立ち、また、湿原が広がり、
ほんとに素晴らしい景色である。

その時である。
熊のフンに出会ってしまった。
緑っぽい色をして、まだ柔らかそうだった。
つまり、フレッシュで、生まれたてのようだった。
フレッシュな生まれたての朝なら爽やかだが、
フレッシュな生まれたてのフンは恐怖しかない。

それでも、先に入山している人がいるのだからと前へ進む。
しかし、下山してくる人とすれ違っていない。
名簿にあった入山時刻からすると、もうすれ違う人がいてもいいはずだ。
なのに、いない。
これは、もしかして、熊との間で何かあったのではと、また恐怖が膨らむ。

疑心暗鬼になりながらも前へ進む。
その直後、一人目の下山者とすれ違った。
それ以降、続々と下山者とすれ違う。
皆と挨拶を交わすのだが、そのうちの一人が、
「頂上の近くに熊のフンがありましたよ」と情報をくれた。
また緊張が高まる。
2011夕張岳1
頂上が見える地点まで来た。
おそらく、あと15分くらいで到達するだろう地点である。
そこまで、「頂上の近くに熊のフン」が頭から離れず、
いつ目撃するのか、そればかり気になっていた。
もうひとつ不安があった。
私よりも先に入山した人と全員すれ違ってしまったのではないか、
ということだ。
つまり、ここから先は自分一人なのではないかという不安だった。

そんな不安を抱えつつ、びびりながら登っていると、
一人の下山者に会った。
「頂上の近くに大量の熊のフンがあったんで、
頂上まで行ってすぐに降りてきた」とのこと。
頂上には他に誰もいないのかと聞くと、誰もいないとのこと。

いよいよ一人になってしまった。
この夕張岳を独り占めではない。
夕張岳に独りぼっちになってしまった。
いや、正確には、私と熊だけになってしまった。

とりあえず、頂上までもうすぐなので向かう。
確かに大量のフンがあった。
このフンもまたフレッシュだった。
トゥディのものではないかと思えるほどソフトで瑞々しかった。
ほんとに恐かった。

にもかかわらず、足は頂上へ向かってしまった。
頂上に着くなり、そそくさと写真を何枚か撮って、すぐに下山を開始。
頂上で昼食をとる予定だったが、そんなプランは破棄だ。
怖くてそれどころではない。
達成感や感激など皆無だった。
2011夕張岳3
熊に出会ってしまった時の様々なシミュレーションもした。
しかし、どんなシミュレーションをしても、
立ちすくんで何もできないという結末ばかりが想像された。
マイナス思考しかない。
最悪の事態だけを想定しながら、ひたすら歩く。
恐怖で空腹も忘れた。

素晴らしい景色があり、コースも変化に富んで楽しめるはずなのに、
フンを発見以来、全く楽しめなかった。
しかし、無事下山できたのだから、すべてはオーライだ。
2011夕張岳4
その日、私より後に登り始めた人はいなかった。
下山すると、10台ほどあった車は一台もなかった。
途中からは、近くに熊がいる環境で、独りぼっちだったのだ。
何事もなくて良かった。

私にはまだまだやりたいことがある。
それを熊はわからないし、
どんな方策を用い、努力をしても、熊はわかってくれないだろう。
だから、わかってくれとは言わないし、
そんなに俺が悪いのかとも言わない。

なお、熊のフンの写真は撮らなかった。
なぜなら、その直後、私が熊に命を奪われた場合、
私が最後に残した写真が熊のフンになるのは避けたかったからだ。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記


8月21日日曜日、留寿都村の道の駅に隣接した「ふるさと公園」
なる場所でのライブに出演した。

朝から晴れていたが、ライブが始まる頃には雲の量が増え、
我々のライブが始まった13時30分頃から突然土砂降りとなり、
1曲目で中断するはめに。

↓ライブ開始直後。まだ小雨だった。
110821留寿都ライブ2
厳密に言うと、曲の開始時点は小雨だったが、
曲の中盤で一気に雨脚が強まり、
中盤以降は、雨宿りをできる箇所へ避難する人達を前に演奏した。
途中で演奏を中断しても良かったが、とりあえず1曲はこなした。

曲が終わると、スタッフの皆さんはアンプやモニターを、
雨から守るためテントで覆った。
それを終えると、スタッフの一人に
「ライブを続けてください」的なことを言われた。
「この状態じゃできないでしょ」と、私の方から中断を申し出た。
?な気持ちになりつつも、非常に落ち着いて待つことができた。
約30分後に再開。

セットリストは次のとおり。
1 夏は終わった
2 夜をどこまでも
3 洗車のブルーズ
4 どこまで空は続いてる
 
中断により時間が押したため、
その後に出演するバンドは1曲ずつ減らすことになり、
4曲しかできなかった。
しかも1曲目は、まともな状況でのパフォーマンスではなかった。

↓再開後。ステージに水が浮いている。
110821留寿都ライブ3
そうしたアクシデントはあったものの、
再開後は、リラックスしつつ集中してできた。
最後の曲になると、一気に空が晴れてきて、
流れる雲を見ながら、実に気持ち良く歌えた。
もしかしたら、これまでで最も出来が良かったかもしれない。

ところで、ライブの出演者に焼き肉が提供されると事前に聞いていた。
バンドの数だけ炭火が起こされ、ライブ開始とともに焼き肉も始まった。
実は、この日の最大の不安は、ライブのことではなく焼き肉だった。
私は、羊の肉が極めて苦手である。
提供される肉が全て羊だったら、
「どうもこうもねえよ」と言う準備までしていた。
そして、隣接する道の駅でアメリカンドックやコロッケを買ってきて、
メンバーが焼き肉をやっている横で、わびしく食べる想像までしていた。
しかし、羊の肉を食べることに比べたら、
そんなわびしさなど大したことはない。

結果として、肉は羊のみではなかった。
豚、鶏、牛、羊とバラエティに富んでいた。
特に豚肉が充実していたのが嬉しかった。
ライブを前に、メンバーで焼き肉を食べ、満腹になった。
110821留寿都ライブ1
朝10時に留寿都に到着し、野外で待機し、
リハをはさんで、また野外で待機。
昼になり、肉が羊だけではないことに安堵し、満腹になり、
ライブを前に、ひと仕事を終えたような疲れがあった。
そして、ライブを始めた途端に中断。

しかし、気持ちは途切れなかった。
適度な疲れによって、余分な力が抜けたように思う。
肉が羊オンリーだったら、こんなふうにはならなかっただろう。

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽


8月21日日曜日、ライブに出演する。
場所は、留寿都村にある道の駅だ。
そこにステージを設置する。
野外ライブである。
雨が強ければ中止だが、現在の天気予報によると、
21日はノー・レインのようだ。
ライブが実行される可能性は極めて高い。

ところが問題がある。
出演時刻がアイ・ドント・ノウ、つまりわからないのだ。
ライブは12時から17時まで行われ、10バンドが出演する。
しかし、出演時刻がわからないためアナウンスせずにいた。
見に来てもらっても、3、4時間も待つことになるかもしれないし、
そもそも出演時刻が不明瞭ならば、足を運ぶ気持ちも失せる。
出演者よりもオーディエンスが困るのだ。

出演時刻は、ライブ当日に、なんと「くじ引き」で決めるらしい。
出演時刻について、事前に協議や調整をするための日数はあるはずだが、
どういうわけか、くじである。
しかし、そのルールの中で楽しむしかない。

出演時刻は、ライブ当日の午前中に決定する。
情報を必要としてくださる方には、メールでお知らせします。

そういえば、先日iphoneを購入した。
携帯電話からインターネットに接続できる環境になった。
ということは、留寿都の空の下から、
このブログに投稿し、出演時刻をお知らせできるのではないか。
そうしたい。

          ◆      ◆

さて今回は、椅子の話を。
7月にチェアを購入した。
使用するのは、主にパソコンに向かう時だ。
1108チェア1
それまで使っていたのは、いかにもパソコンチェアというタイプで、
背もたれの部分の面積が広く、また、手すり部分もしっかりしていた。
しかし、腰の収まりがしっくりとせず、
気づくと丸まった悪い姿勢になっており、
首と腰に嫌な痛みを感じる毎日だった。
特に、手すりが地味に邪魔だった。

首のヘルニアによる痛みは、枕によってかなり違う。
同様に、座る椅子によって、かなり違うことを日々感じていた。
医師からも、姿勢を常に良くすることが最も重要と言われており、
背すじが伸び、かつ快適に過ごせる椅子はないかと、
1年以上探していた、愛を探すように。

そして、ついに見つけた。
しかし高額だった。
48,300円だ。

思い切った。
椅子にその額を費やすことに少しビビった。
それでも買った。
首と腰の痛みによるストレスの量を考えたら、
そのプライスで緩和される可能性が高まるなら決して高くはない。
その考えが、高額によるビビリを上回ったからだ。
ちなみに、この椅子のホームページはこちら

この椅子は、背すじを伸ばして座るのが最も楽である。
逆に言えば、背すじを伸ばして座らなければ辛くなる。
使用を始めて、約1か月が経った。
効果は大いにあると感じている。
1108チェア2
ただ、坐骨が痛くなる。
この椅子は、坐骨で座り、骨盤を立たせ、背すじを伸ばす、
という仕組みなのだが、坐骨が痛くなるため、長時間座れない。
そこで、ソファに移動する。
しかし、しばらくすると、骨盤が沈み、背すじが丸まった姿勢が辛くなる。
そこで、新しい椅子に戻ると、背すじが伸びて楽になる。
ところが、少し時間が経つと、坐骨が痛くなる。
今度はベッドで横になる。
すると、気づいたら眠っている。
それが最近の早寝早起きの大きな要因になっている。

この椅子を使い始めてから、他の椅子に座っても、
自然に背すじを伸ばしたくなることが増えた。
身体がそう訴えかけてくるのだ。
なんというか、良くない姿勢をしているぜ、というサインが
早く出るようになった。
確実に効果はある。
実にナイスな椅子だ。

年齢を重ねれば、当然にガタはくる、アイ・ガッタ。
40歳を過ぎて特に実感している、君もそうだろ、ユー・ガッタ。
ガタがきて初めて気づくのだ。
失敗して失って初めて気づくのだ。
もう取り戻せない場合も多い。
イッツ・トゥ・レイトな状況も多い。
それはもう仕方ない。
しかし、そこで終わらないのがブルースだ、アイ・ガッタ。
君にもチャンスは訪れる、ユー・ガッタ・チャンス。


テーマ:日記 - ジャンル:日記


1か月振りの更新である。
取り立てて更新できない事情があったわけではない。
自然に無理せず過ごしていたらこうなった。
ただ、自然に無理せず過ごすことにより変化はあった。
最大の変化は、就寝時刻が早まったことだ。

日付が変わるまで起きていることは随分と減り、
逆に朝6時前に起床することが増えた。
何度か早朝に散歩をした。
1時間近く歩いたら空腹になり、早朝にもかかわらず、
通り道にある山岡家に入店しそうになった日もあった。

朝の空気は清々しく気持ちがいい。
その気持ち良さを味わえるだけで、
なんとなく早起きをして良かったような気になっている。
自己満足だ。
満足しているのは自分だけで、誰も満足させてやれない。

早起きが楽しくなり、8月最初の日曜日は午前3時前に起床し、
トマムまでクルマを走らせた。
6月から8月にかけての時期の早朝、
トマムの山に現れる雲海を鑑賞するために、
思い切った早朝ドライブに出かけたのだ。

出発したのは夜明け前で、完全に夜。
1時間近く走った由仁町のあたりで空が明るくなってきた。
夜明けは静かな興奮がある。
由仁の朝 

トマムが近づいてくると、朝5時台にもかかわらず、

しかも、山の奥の静かなリゾート地にもかかわらず、
それなりに車が走っていることに、ちょっとした驚きがあった。
やはりこの時期、雲海目的で早朝のトマムに出かける人は少なくないのだ。
トマム1
6時少し前にトマムに到着。
タワーホテルは雲の上に頭を出し、既に幻想的な雰囲気。
広い駐車場はほぼ満車で、ゴンドラから遠い場所になんとか駐められた。
ゴンドラ乗り場に行くと、これからゴンドラに乗る人より、
ゴンドラから降りてくる人の方が多かった。
6時の時点で、もう見終えて帰ってくる人の方が多いのだ。

トマム2
ゴンドラ乗り場から頂上に目をやると雲の中。
しかし、周辺は小規模な雲が張りだしており、期待が高まる。
ゴンドラが上に進むにつれ、雲の中に。
頂上に到着すると、そこに雲はなく、
眼下に雲の海を見下ろせるのではないかとドキドキしてきた。

しかし、頂上に到着すると、そこも雲の中だった。
残念ながら雲海は見られなかった。
とはいえ、早朝に遠い土地の山の上で、雲の中にいるのは、
非日常度が高く、少なからず興奮があった。
こんなに人が訪れていることへの驚きもあった。
トマム3

頂上付近を散策した後、ゴンドラを降り、車に戻ったのが7時30分。
その日の最大の目的を済ませても7時30分である。
なんと素敵な朝の小さな旅だろう。
自己満足だぜ、サティスファクション。
満足しているのは自分だけで、誰も満足させてやれない。

それでもいいじゃないか。
自分で買った車で走り出す。
行く先もはっきりと決めて。
暗い夜のとばりの中へ。
誰にも縛られたくないと逃げ込んだわけじゃないが、
自由になれた気がした45の朝だった。

テーマ:日記 - ジャンル:日記



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2011 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.