ADMIN TITLE LIST

次のライブのお知らせを。

■ ライブタイトル
  「花田裕之 北流れ‘10」
■ 月日
  2010年9月20日(月・祝日)
■ 時間
  open 18:00  start 18:30
■ 出演(敬称略)
  花田裕之/山岸大輔/the Drownerz/
  ザ・ドゥエッカマーラーズ/THE HEART OF STONE
■ 料金
  前3,000円、当3,500円

↓私の名称で掲載されていますが、THE HEART OF STONEとして出演します。
100920ライブチラシ
参ったぜ。
花田裕之氏と共演だ。
10代の頃、ザ・ルースターズのファンになり、多大なる影響を与えた。
私の作る音楽にも色濃く反映されている。
そんなザ・ルースターズの中心人物だった花田氏と共演できるなんて
夢のような出来事だ。
全く想像したことなどなかった。
完全に想像の枠外にあった。

音楽が好きで良かった。
音楽活動を続けて(2年前から再開して)良かった。
私は前へ進んでいる。
身体的には様々な点で後退しているが、
それも受け入れつつ前へ進もうとしている。
なぜなら、取り返しのつかない過去に追いつかれ、
過去によって未来を潰されたくないからなのかもしれない。
振り切りたいのだ、振り切れなくとも。

未来は、過去と現在からしか生まれない。
過去は変えられない。
ならば過去に囚われない現在を作っていくことが大事だ。
だから、何かをせずにはいられない。
ところが、何かをするから大失敗が生ずるのだ。
じっとしていれば、過ちや不幸は、かなり回避できる。
しかし、それでは花田裕之氏との共演という未来は生まれなかったはずだ。

花田氏は、今年7月、札幌でライブをしている。
場所は、平岸の「フライアーパーク」というライブハウス。
私も見に行ってきた。
アコースティック・ギター1本だけの単独ライブだった。

ボブ・ディランか、ルー・リードを彷彿させるような、
メロディを崩し気味のボーカルは、実に渋く、暖かみを感じた。
ローコード中心に、ざっくりと弾くギターもカッコ良く、
ずっと見ていたい気持ちになった。

客の雰囲気も実に良かった。
ハートフルでリラックス感があり、非常に落ち着けたし、溶け込めた。
ライブが始まる前や休憩中など、花田氏がステージにいない時間帯も、
携帯電話にとりつかれている人などおらず、
初期のストーンズが、小音量で流れる中、
壁じゅうに貼られたポスターや店内にある酒を、ただ意味もなく眺め、
良い意味で空虚で静かな時間だった。
自分が落ち着ける場所は、こういうところなのかなと考えた。

ライブが終わった後、花田氏は、ライブハウスで飲んだのだろうか。
そうなる雰囲気だった。
私もその場に残りたかったし、自然に馴染めそうな気もした。
しかし、風邪が治りかけの時期で、
自らの体調がいまひとつだったし、周りの人に移してはいけないと思い、
やむなく帰路についた。

9月20日のライブの後は、
そんな打ち上げ的なことが催されるのだろうか。
もし話せる場面があるとしたら、
私はおそらく、ファンぶりをアピールすることはなく、
例えばCDを持参してサインをもらうこともないだろう。
音楽論を繰り広げることもないような気がする。
むしろ、北海道で行ったことのある街はどこか、とか、
美味いラーメン店や、健康診断はしているのか、など、
至って庶民的な話を、敬意を持ってしそうな気がする。
失礼にあたるだろうか。

なお、「今年は、山ガールとか、森ガールなんていうのが
小さなブームになってますが、去年は小沢ガールがブームでしたね」
と言ったら、確実に苦笑されるだろう。


スポンサーサイト

テーマ:ロック - ジャンル:音楽


8月12日の夜から、ブログの記事が表示されないという
不具合が発生した。
ブログのサーバに記事は保存されているのに表示されない。
環境設定を何度も確認したり、新たに記事を書き直してみたり、
色々と試してみたが表示されない。
タイトルは表示されるし、コメントもできるのに、
記事の本文が表示されない。


この状態が16日夜まで続いた。
ブログができなくとも、生活が壊れるわけではないし、
むしろ、ブログに束縛されるようになってはいけないという
スタンスで付き合ってきたつもりだ。
ところが、いざブログが使えなくなったら、結構なストレスを感じた。

極端に言えば、ブログを更新できないことで、
生活が止まってしまったような錯覚に陥ったし、
非日常的な感覚になった。
発信できなくなる怖さみたいなものも感じた。

気づかぬうちに日常は、ブログに支配されていたのかもしれない。
コミュニケーションを支えているのはブログであり、
ブログ以外のコミュニケーションは何なのかと考えたら、
すぐには思い浮かばなかったほどだ。
改めて人間としての幅が狭いことを痛感した次第。

そういう意味では、今回のブログ不具合騒動は、
生活を見直す機会だったともいえる。
と同時に、記事を書くのが非常に億劫な日もあるが、
一切できなくなると、失くした寂しさが募ることもわかった。
まるで、長くなあなあ状態にある夫婦関係のようだ。

こうしたブログ不具合病の中、
どこか気持ちが晴れないまま過ごした2010年の盆。

盆が来るたび思うことがある。
中高生は、盆でも部活をしなければならないものか。
そこまでする必要があることなのか。
盆の2、3日くらい部活を休みして、
盆とは何たるか、盆のあるべき過ごし方を考えさせた方が、
よっぽど教育になるのではないか。

親の実家に家族で行きたくないから、
盆に部活があることを歓迎する生徒も多くいるだろうとは思う。
その気持ちはわかる。
ただ、部活が言い訳に使われている気もする。
「部活で忙しいから」というのは、
絶対的な理由ではなく、相対的なものではないか。
つまり、墓参りよりも部活を優先させているだけの話である。
この傾向は、
間違いなく盆文化を崩壊させる。

嘆くべき状況だ。

それと、もうひとつ言っておくぜイェイ。
ここまでの私の主張は、
ブログの不具合だけで、相当に動揺し、
予想外のストレスを感じた
哀れな中年の主張だけに、
説得力も重みもないぜロック・ミー。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記


6月に「塩狩峠」(しおかりとうげ)という小説を読んだ。
三浦綾子氏の代表作である。
あらすじは、こんな感じだ。
三浦綾子/塩狩峠
時は、明治時代。
主人公は、鉄道会社職員の永野信夫。
彼は幼少の頃、母は亡くなったと聞かされ、父と祖母のもとで育った。
10歳の時、母が生きていることを知る。
母はキリスト教徒だった。
それを祖母は断じて許さず、母は家を出て行くしかなかったのだ。
キリスト教に対して、凄まじく偏見があった時代である。

祖母が亡くなり、母と一緒に暮らせることになった。
それはとても嬉しいことだった。
ただ、母だけではなく、父も妹も洗礼を受け、信者となった。
毎週日曜日には教会へ行く。
信夫は、そんな家族の行動に違和感をおぼえ、
キリスト教を忌み嫌うかのように距離を置いた。

大人になった信夫は、鉄道会社に就職し、札幌駅に勤務。
この頃から次第にキリスト教に傾倒していく。
やがて彼は旭川に転勤。
鉄道事務員として出世する。
と同時に、旭川にある教会の日曜学校長にも就任。
休みの日には、あらゆるところへキリスト教の講義に出向いた。

32歳になった彼は、結納のため、列車で名寄から札幌へ向かっていた。
列車は和寒駅を過ぎ、塩狩峠を上っていく。
そこで事故が発生した。
列車の連結器がはずれ、最後尾の客車が分離。
上ってきたばかりの道を逆走し始めた。
ブレーキを失った客車は、次第に速度が上がっていく。
その先には急勾配のカーブが続く。
このまま暴走すれば、転覆は必至。
信夫は、列車から飛び降り、線路に身を投げ出し、客車を止めた。
信夫は殉職した。

       ◇      ◆      ◇

壮絶なストーリーだ。
ひたむきに純粋に信仰を貫き、自ら犠牲となり、大勢の乗客を救った。
しかし、それだけではない。
主人公が大人に成長していく物語としても素晴らしい。
非常に生真面目なキャラクターで、
時に融通が利かず、面倒なところもあるのだが、
そんな彼の、10代の頃のキリスト教に対する抵抗ぶり、
キリスト教式で行われた父の死で感じたこと、
幼なじみとの友情、職場での揉め事、病床の女性との恋など、
率直に、丁寧に、わかりやすく描いている。
だから心を打つのだと思う。

また、明治という時代性や、札幌、旭川という土地の様子など、
目に見えるものを細かく描写するのではなく、
さらっと抑制を利かせて描いているのが、
読者の想像を良い具合にかき立て、逆に深みに与えている。

余計な感想ではあるが、
明治という、列車のスピードが遅い時代、
翌日札幌で結納をするにもかかわらず、
遠く離れた名寄で講義をして宿泊。翌朝、札幌へ向かった。
特急が走る現在でさえ、ハードなスケジュールである。
そこまで信仰が深かった、ということなのだろうが、
もう少し結納を優先させても、と思ってしまった私は心が狭いのか。

作品の本文を読み終えた後、
文庫の最後にある「あとがき」を読んで驚いた。
この物語は実話が基になっていたのだ。
さらに、「塩狩峠」は実在することを知った。
なんとも北海道らしい架空の地名だな、とか、
和寒なんて渋いところをチョイスしたねぇ、
などと思いながら読んでいただけに、驚きは大きかった。

そんな無知で恥ずべき自分を悔い改めるべく、
塩狩峠を訪問した。
8月7日に留萌へライブに行った翌日に訪問した。

塩狩峠1
塩狩峠は、国道40号線にある。
標高は263mと、峠にしては、それほど高くはない。
実際、国道の坂道は緩く、しかも、どこが峠の頂上なのかわからなかった。

塩狩峠2
国道から100mくらい入ったところに、JR
塩狩駅があった。
山合の、虫の声しか聞こえない小さな駅である。
この付近に民家は、ほとんどない。
1日に何人が利用するのだろう、というより、
1か月に何人が利用するのだろう、という雰囲気である。

三浦綾子旧家 
塩狩峠顕彰碑
駅の周辺に、三浦綾子氏の旧家や、

主人公のモデルとなった長野政雄氏の「殉職の地」と書かれた顕彰碑がある。

現地を訪れると、やはりなんとも言えない気持ちになる。

ただ、ほんとうに感じたいなら、車で訪問するではなく、
この路線を電車に乗ってみるべきだと痛感した。
それと、「塩狩でお叱り」を受けるようなことはしてはならない。
「しおかりでおしかり」じゃ、まさにシャレにならないぜ。

テーマ:ブックレビュー - ジャンル:本・雑誌


2010年8月7日、留萌でライブに出演した。
空は雲だらけ。
時折、小雨がぱらつく状態の中、ライブを迎えた。

詳しい話は事前に聞いていなかったが、
このライブは、開運だるま通り商店街振興組合主催の
「だるま・ふれあいフェスティバル」という、
心をくすぐるようなローカル色の強いイベントだった。

↓ライブ前の準備。左から、私、ミチ(B)、オダ氏(Dr)、TNK(G)
100807留萌2
演奏した曲は次のとおり。
1 見慣れた街を抜け出して
2 壊れたままの砂時計
3 新しいギター
4 空を見上げた昼下がり
5 洗車のブルーズ
6 さよなら電車
7 心配いらないぜ
8 あてのない旅

かなり久し振りの野外でのライブ。
しかも、念願だった留萌でのライブ。
緊張感はなく、落ち着いていたが、
静なる興奮状態にあった。

そして何より、自然と開放的な気分になった。
それが、普段のライブでは決して語ることのない、
シモネタ連発のMCにつながったかもしれない。
とはいえ、MCの内容は、曲紹介と留萌にまつわる話が中心で、
これまでのライブで最もトーク時間が長かった。

100807留萌1
演奏も、非常に楽しんでできた。
余計なことを考えることなく、
夏の真っ只中に、留萌でライブをやれている嬉しさを
かみしめながらできた。

至らない点も含め、実力どおりの出来だったのではないか。
ミスをしようが、それも呑み込んで楽しめる。
そういう意味では、この半年の間に、
バンドとしての普段力、というか、安定感が増したと思う。

100807留萌4
出番が終わり、引き続き出演したバンドのライブを観ながら、
会場で打ち上げ。
その後、飲みに出かけたのだが、
この日は、留萌の夏の最大イベントである「呑怒(どんとう)まつり」の
あんどん行列が行われており、
威勢の良いかけ声や、きらびやかな幾つもの山車に引きずられるように、
メンバーみんなで、しばらくそれを見物していた。

不思議なものだ。
身近な街で、こうした祭りの行列があっても、
まず見に行くことはないし、行ったとしてもすぐに飽きるであろう
メンバーのはずなのに、どういうわけか、
ただ何となく、流れていくあんどん行列を見ているのが心地よかった。
メンバー同士で、ほとんど会話をすることなく、ただ見ていた。
終始、小雨がぱらついていたにもかかわらずだ。

100807留萌呑濤まつり
離れた土地に来たことによる、夏の夜のマジックなのだろうか。
あんどん行列を長時間見物する自分に驚いた。
と同時に、呑怒(どんとう)まつりは、
留萌の夜が一晩だけ別物になってしまう特別なイベントなのだと
感慨深い気持ちになった。
それにしても、留萌に住んでいる時も思ったが、
祭りになると、留萌にこんなに人がいたのかと驚く。

メンバーとの飲み行為が終わり、店を出ると、
いつものように静かな夜だった。
すごく良い感じの、祭りの後の静けさだった。

留萌でライブができて、ほんとに嬉しかった。
この話をつないでくださったFMもえるに、
そして、ライブを仕切っていた金谷さんに感謝です。
ありがとうございました。

久し振りに会った方も何人かいる。
そんな方々の多くが、「おかえりなさい」と言ってくれる。
こういう地域は、私にとって留萌だけだ。
性別や年齢や職業などに関係なく、そう言ってくれる人が多い。
ある種、留萌に根づいている文化なのかとも思いつつ、
ほんとに有り難い気持ちになる。

翌朝、留萌の空は晴れていた。
海が近いことを感じさせる、すっきりとした、
留萌らしい夏の空が、とても心地よかった。
このまま帰るのがもったいないなと思った。
しかし、そんな寂しさが微妙に心地良かったりする。
良い旅だった。


テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽


8月7日の留萌ライブまで、あと2日となった。
ここへ来て、ひとつ不安が生じた。
雨だ。

なにやら7日の留萌は、雨が降るようだ。
昨日までは曇りの予報だったが、今日になって変わった。
野外ライブなので、雨がひどければ中止である。
そうなった場合は、野外ステージの向かいにあるライブハウス
「ニュー・ポート」で行うことになる。

野外だと、通りすがって、なんとなく観ることもあろうが、
急遽ライブハウスに変更となったら、
ライブがあることを事前に知っている人しか観に来ないだろう。
雨が降ってもライブができるだけラッキーではあるが、
雨よ、なんとか持ちこたえてくれ、クレイジー・ビート。

そんな状況ですので、留萌方面の関係者の皆様、
よろしくお願いします。

野外ライブだと、傘がない。
そこで、ひとつ言わせてくれ。
「傘がない」は、井上陽水氏の名曲。
冒頭の歌詞は、「都会では自殺する若者が増えている」。
当時の世相を反映した、衝撃的な歌詞である。

近頃は、都会では自殺する若者が増えている、というより、

都会では不明になる老人が増えている。

テーマ:日記 - ジャンル:音楽


8月7日(土)の留萌でのライブの
出演バンドお呼び出演時刻が判明しましたのでお知らせします。

13:30  サイマルファミリー
14:30 バニーとルビー
15:30 MAX BEAT
16:30 THE HEART OF STONE
17:30 パプヤブラザーズⅡ
18:30 道北ヤンキース

各バンドの出演時間は40分間。
我がバンド、THE HEART OF STONEの出番は、16:30~17:10。
場所は、
留萌市開運町1丁目 住友生命留萌ビルの隣の空き地ステージ。
よろしくお願いします。

なお、前回の記事の最初にも、留萌ライブのことを書いた。
その記事のタイトルは「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。」。
これは、記事の中で紹介した、辻村深月の小説のタイトルであるが、
と同時に、留萌ライブが8月7日に行われる意味も含まれていた。 
 
     ◇      ◆      ◇

それはそれとして、山登りを予定している日に限って雨が降る。
恐ろしいぐらいに、ことごとく、そういう巡り合わせだ。
「今日はゆっくり休みなさい」ということだと受け止め、
おとなしく雨の休日を過ごす。
次第に、こういう日もいいものだと思い始め、
静かに流れゆく夏の一日を楽しむ。

そんな気持ちに全くならない。
山登りのチャンスすら、そんなにないのに、
そのたびに雨に降られ、やりきれなさでいっぱいだ。
諦観も達観もしていない。
ストレスがたまっているだけだ。

そうしたイライラのせいで、せっかく時間があるにもかかわらず、
曲作りをしようにも身が入らず、読書を始めても集中できない。
旭川までラーメンを食べに行こうかと、その気になるが、
そのラーメン屋は、その日が定休日だったりする。

山に行けないストレスを根本的に解消する方法は、
確実に晴れの日に仕事を休むか、退職するかしかない。
しかし、前者をするほどの思い切りと度胸はなく、
後者をするほどの思い入れと覚悟がない。
だから、どうしようもない。
どうしようもないことだらけの世の中だ。

ただ、どうしようもないことよりも、
実は、どうにかなっていることの方がずっと多いだろう。
日常、なかなか気づかないかもしれないが、
たくさんの、どうにかなっていることがあるから、
どうしようもないと思えるのかもしれない。

日常の積み重ねは大切なのです。
たとえ、さえない日々であっても。
そんなことを歌った新曲を紹介させてくれ。


空を見上げた昼下がり

空を見上げてる ただぼんやりと
街は昼下がり 気持ちふさがり

行き詰まりの日々 色褪せていく日常が
影を落とし 負けそうになるのです

止まることのないバスの窓から
空を見上げてる 過ぎゆく季節

何にもなかったような ありふれている日常が
なんとなく愛おしくなるのです

どこまで空は続いてる
風が渡った 雲が流れた
深く息を吸い込んだ

通り過ぎただけのような 地味で平凡な日常の
その記憶が 今を支えてるのです

どこまで空は続いてる
飛ばせ 運べ 雲に乗せて
いつかたどり着けるはず

どこまで僕ら来たんだろう
忘れないぜ 同じ青春歩いた ささやかな日々

     ◇      ◆      ◇

この曲の歌詞が完成したのは5月だ。
仕事の合間に喫煙所から空を見ながら、
あるいは、帰り道に空を見ながら歌詞を考えたし、
長沼町沼田町など、空が大きく見える場所を思い出したり、
実際に、丘珠に大きな空を見に行って考えたりした。

6分近くに及ぶ、ゆっくりとしたバラードで、
ザ・ハート・オブ・ストーンには珍しく、ワイドなサウンドだ。

今の自分を支えているのは、
履歴書や公式プロフィールなどには載ることのない、小さな日々の
積み重ねなのだと、よく考える。
時々ふと思い出す、あの日のあの場面は、
忘れちゃいけない財産なのかもしれない。

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2010 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.