ADMIN TITLE LIST
Recent entries
2016/11/06 (Sun) 君の名は。
2016/10/24 (Mon) キャンセルの秋
2016/09/25 (Sun) 予定が立てられない
2016/09/16 (Fri) 秋もあきらめる?
2016/08/28 (Sun) 夏をあきらめた
2016/08/01 (Mon) オトナのバンドギグ
2016年12月4日日曜日、JR留萌本線の 留萌―増毛間が廃止となる。
この路線は国道231号線とほぼ平行して走っているため、
日本海を望める区間がいくつもあり、
また、ひなびた漁師町の風情を存分に味わえるエモーショナルな路線だ。

私は2004年から3年間留萌に住んでいた。
二度この区間を乗車したことがある。
いずれも増毛で国稀ドリンクをして帰ってきた。

留萌―増毛間には、留萌駅と増毛駅を含め9つの駅がある。
20161119_01.jpg
留萌駅以外は無人駅。
終点の増毛駅さえも無人駅である。

思えば、私が無人駅に対して特別の感情を抱くようになったのは
留萌本線が始まりではないかと思う。
かつては多くの人が利用したことを想像させるホームの長さや
駐車場の広さ。
その風景が今は寂しく、侘しい。
しかし、そんな寂しさや侘しさになぜか癒される。
20161119_02.jpg
留萌―増毛間が廃止になると知ってから、早く行かねばと思っていた。
それはノルマのようであり、期限があるため焦りもあった。
春夏秋冬、すべての季節に留萌を訪れたい、それくらいの気持ちでいた。
ところが、天候不良、体調不良、十勝での災害対応などによって、
全く留萌に足を運べる状況になかった。
宿泊予約も二度キャンセルした。

そうこうしているうちに廃線の日が近づいてきた。
さよならをする前に、もうすぐ外は白い冬になってしまった。
スケジュールの都合で、もう宿泊付きでの訪問は不可能だ。
帯広から留萌まで240km。
こうなったら日帰りもやむを得ない。
行かずじまいならば、 後悔の数がまた増えてしまう。
しかもこの後悔は重い。
というわけで、自分のスケジュールと留萌の天候が
うまくかみ合った11月19日、留萌に向かった。

やるべきことは留萌-増毛間の全ての駅を訪れることと、
電車に乗ること。
そこで、留萌駅を出発し、増毛駅までは徒歩で移動して
全ての駅に寄る。
増毛駅から留萌駅までは電車で戻ってくる、というプランを立てた。

留萌-増毛間は約17km。
土地勘もあるし、以前に全ての駅を訪問済であるため、
駅を見つけられなくて迷うこともない。
それに私は、大人の遠足マスターである。
何の問題ないぜ。
こうして無人駅のブルーズと大人の遠足がコラボレートすることに。

午前11時、留萌駅を出発。
20161119_03.jpg
歩き始めて3分もしないうちに違和感をおぼえた。
その正体は駅前のアーケードが完全に取り払われていたことだ。
小ざっぱりとして、しかしそのせいで閑散さと衰退が 露わになっていた。

私の中で留萌ラーメントップ3のひとつだった「ひさや食堂」が
建物ごとに無くなっていたのも衝撃だった。
留萌に来たのは4年ぶりくらいだと思うが、
この間の変わりようには胸がざわついた。

で、最初の駅である「瀬越(せごし)駅」に到着。
20161119_04.jpg
駅のホームから見えるのは、ザ・日本海。
海岸の間近を走る長い直線道路は黄金岬へと続いている。
20161119_27.jpg
ここは、海水浴場(ゴールデンビーチ)も近い。
昭和50年代半ば頃までは電車を使って瀬越駅で降りて、
海水浴に行く人も多かったと聞いたことがある。
瀬越駅から見る夕日は美しく、
海岸から見る夕日に照らされた電車の景色も素晴らしかった。

続いては「礼受(れうけ)駅」
国道231号線から民家の敷地に入っていくような砂利道の短い坂を
上がったところにある。
20161119_06.jpg
ここも海が近い。
待合室のドアのない出入口越しに海が見えるところがいい。
20161119_07.jpg

礼受を過ぎると、増毛町エリアとなる。
まず登場するのは「阿分(あふん)駅」
20161119_08.jpg
ここは阿分小学校の裏の私道のような細い道にあり、
ビギナーはなかなか見つけられないと思う。
阿分小学校は閉校していた。
私も思わず閉口した。

留萌-増毛間の線路にトンネルは少なく、あっても非常に短い。
阿分駅から増毛方向へ国道を歩いていくとトンネルがある。
20161119_09.jpg
トンネルが少ないこともあり、
ここはトンネルから出てくる電車を撮影するポイントになっている。
この日も2名が三脚付きでカメラをセットし、電車を待っていた。

続いては「信砂(のぶしゃ)駅」
20161119_10.jpg
ここもぽつんと置かれたような無人駅らしさの濃い駅だ。
ちなみに、留萌-増毛間の駅には、
留萌と増毛を除けば、トイレのある駅はない。
また、板張りのホームが多い。
それと、知っている人でなければ、
ふりがなを付さずには読めない駅名ばかり。
味わいのある路線だ。

続いては「舎熊(しゃぐま)駅」
20161119_11.jpg
内田裕也氏を連れてきたい駅だ。
きっとこんな会話になるだろう。
内田氏「これ、“しゃぐま”って読むの?」
私「そうです」
内田氏「しゃぐまベイベー」

次は「朱文別(しゅもんべつ)駅」
20161119_13.jpg
傷みが激しく使えない待合室の横には漁業用のブイの山。
20161119_14.jpg
この路線で随所に見かける漁業グッズだ。

私は確かに浜のマチを歩いていることを実感する。
朱文別にはこういう看板もある。
20161119_15.jpg
「パートレディー」だぜ。
黄色をしたビックリマークは「数の子」だ。

次の駅が近づく。
道端にはまたしても漁業グッズ。その向こうに駅が見える。
20161119_17.jpg
「箸別(ばしべつ)駅」だ。
20161119_16.jpg
「箸」は「はし」ではなく「ばし」だ。
日本に「ば」で始まる地名、駅名は極めて稀だろう。

箸別を過ぎると、あとは終着の増毛駅を残すのみ。
増毛港のある湾をぐるっと3kmほど行けば増毛駅だ。
20161119_18.jpg

実はここまですべての駅で先客がいた。
廃止日が迫った土曜日ということでマニアが訪れている。
ただ多くて一駅に5人程度だった。

で、14時50分、増毛駅に到着。
20161119_19.jpg 20161119_20.jpg
驚いた。
増毛駅はマニアであふれていた。
20161119_22.jpg
こんなに人がいる増毛駅は初めてだ。

増毛に着いて知ったのだが、
廃止間近の土曜日ということで、臨時便を運行しており、
しかも通常一両運行のところ、二両編成ではないか。
それでもこの日は全便が満員だとJR職員から聞いた。

留萌行きの便は15時41分発。
時間に余裕があったので、国稀ドリンクしそうになったが、
私は今帯広に住んでいて、朝6時20分に自宅を出発し、
車を運転して留萌まで来たことをふと思い出し、思いとどまった。

国稀ドリンクのチャンスを逸した私は、
ダイエットと名のつかない赤ラベルのコカ・コーラを飲み、
発車40分前から乗車を開始した電車に乗り込んだ。
20161119_23.jpg
結果的に早く電車に乗ってよかった。
出発時にはかなり混雑した。
福住駅へと向かう朝8時の東豊線元町駅くらいに混んでいた。
立っているお客さんが多く、窓の外の風景は完全に遮断された。

留萌駅に到着する頃には日が暮れていた。
土壇場のタイミングであり、日帰りであり、
国稀ドリンクもできなかったが、留萌に来れて良かった。
20161119_25.jpg

私にとって留萌は、行くところではなく、
帰るところのような感覚がある。
海と崖と廃屋、磯と油の混ざった匂いと波の音。
実際、現実の地元と似通っているし、
知り合いではない留萌の人と話していると、
子供の頃、近所にいた人のように感じる。
20161119_26.jpg
この日も駅にいるときや、国道を歩いている時に、
数人の留萌住民に話しかけられた。
歩いて増毛駅まで行くことや、
帯広から日帰りで来たことに驚かれたりした。
11月になってから、この日が一番穏やかな天候
であることも聞いた。
具体には「今月で今日一番ぬぐいど」と言われた。
線路がなくなっても、何度でも訪れたい場所だ。


スポンサーサイト


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2016 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.