ADMIN TITLE LIST
まずはライブのお知らせを。

■日時 2017年9月30日(土)19時30分
■場所 LIVE&BAR「D-BOP」
       (札幌市中央区南1西19 山崎建設工業B1)
■料金 1,500円+オーダー
■出演 THE HEART OF STONE/マウス・オブ・ピース

ザ・ハート・オブ・ストーンの出演時刻は19時30分です。
よろしくお願いします。

                  ◆

さて、2017年9月24日日曜日、
帯広市HIPSTERで行われたライブに出演した。
20170924_01.jpg
ライブの一週間前から急に仕事が忙しくなり、
いまひとつ準備が整わないまま当日を迎えた。
準備が万全ではないのは珍しくないのだが、
今回は音楽のみならず、心と体のバランスも崩れ気味だった。
しかし、帯広市の歌屋西2条店でリハを入念にして、
それなりの状態でHIPSTER入りができた。

セットリストは次のとおり。
1 今夜ブルースを
2 魔法のブーツ
3 わりきって
4 傷ついた心の上にも
5 潮時

1曲目は初披露の曲。
ブギ―テイストのシンプルな曲だ。
粗削りな状態で臨み、プレイして更に粗削りさを実感した。
人前で演奏して初めてわかることがある。
ライブは演奏手直しポイントを知る機会でもある。
いまだにその程度のレベルなのは恥ずかしくもあるが、
曲は、歌詞とメロディと構成が決まったら完成ではなく、
ライブを通じて整えられていくものだ。
20170924_02.jpg

HOPESIGN
(ホープサイン)さんと共演できたのはラッキーだった。
HOPESIGN
さんは岩見沢市在住で、
全国レベルで精力的に活動している。

4月から岩見沢市に住み始め、岩見沢の音楽シーンを検索し、
最初に見つけたのがHOPESIGNさんだった。
観に行ったら出演した後だったり、
イベントが強風で中止になったりと、
なかなか生演奏を体験できずにいただけに、
この日を楽しみにしていた。
20170924_03.jpg
素晴しいパフォーマンスだった。
私とは志の質が違う。違い過ぎた。
覚悟をしっかり持っている人の歌であり演奏だった。

刺激になった。
一人でギターのみをバックに歌うことの可能性の大きさを感じた。
なかなか思い通りに音楽活動できず、
悩んだり、不安になったり、落ち込んだりしていたが、
とにかくギターを弾けよ、そして歌えよ、
まだまだやれることがあるじゃないか、と教えられた気がした。

今回の帯広ツアーは、歌屋でのリハとHIPSTERでの本番のみで、
十勝散歩や十勝買い出しをする時間がなかったが、
今後の活動に向けての宿題と可能性を土産として持ち帰れた。
ライブ前は、日々のもやもやから逃亡するような心持ちだったが、
ライブ後は、日々のもやもやから脱出するヒントをもらえた気がした。

スポンサーサイト


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.