ADMIN TITLE LIST
2017年6月23日金曜日、
札幌市平岸の「G-HIP」に出演した。

開演時刻、出演者、出演順、持ち時間等々、
基本事項が事前に何ひとつ決まっていなかった。
決まっていたのは、とりあえず20時までにお店に行くことのみ。

お店に着くと、「今日の会場は下の店」と言われた。
早速、戸惑った。
下の店はカラオケスナックの体だった。
サイドボードにはキープボトルが幾つも並び、
店の隅にはカラオケ仕様の一人ステージがあった。
20170623_01.jpg
結局ライブが始まったのは21時。
最初の出演者の出番が終わった後、
お店の方が「次は誰にします?」と言って、お店の方々が協議。
その結果、私が指名された。
えっオレなの?という唐突な展開に、テンションが上がらず。

セッティングの最中に「持ち時間は何分ですか?」と聞く状況。
「好きなだけやっていいですよ」との回答。
この自由さは逆に困る。
やりながら組み立て、雰囲気などに合わせて曲をきめるパターンだ。
成り行きを見つつも、成り行きに任せない展開にしなければ。

私の前の出演者が20分で終了したので、
それを目安に4曲演奏した。
セットリストは次のとおり。
1 いい知らせが聞きたい
2 魔法のブーツ
3 すわりのいい夜
4 潮時

難しい環境だった。
雰囲気に私が歩み寄れなかった。
ほとんどトークもせず淡々と進めた。
反応もあまり感じ取れなかった。
しかし私のり目指す形にはまた少し近づけた。
自己満足をしたということだ。
20170623_02.jpg
今回のライブが、ES335のデビューになった。
セミアコ一本の演奏で歌うという新たな試みでもあった。
クオリティはまだまだで話にならないが、
温かみのあるクリーンなエレキ音のみでプレイするのも面白かった。
見直しや工夫をしながら練習をしていけば、
色々と広げたり深めたりしていけそうな感触を得た。

環境にうまく気持ちを馴染ませていけないところはあったが、
それは私の実力不足でしかない。
いかなる状況でも変わらずに一定のパフォーマンスをできなければ。
色々な場所、様々な環境でライブができるのは有り難い経験であり、
後日、再度トライできるチャンスもある。
ラッキーなことだ。

岩見沢から札幌でのライブに出かける状況において、
最も「なんとかならんかな」と思うのは、
ライブ後の打ち上げが札幌でできないこと。
出番の時刻がいつも遅いので、
宿泊しない限り、アルコール付きで打ち上げられない

この日も、日付が変わった0時30分に帰宅し、
だらだらと2時過ぎまで自宅で打ち上げた。
タイミング的にアルコールを欲するピーク時刻を完全に過ぎており、
しかし興奮の名残があり、そのまま就寝できる精神状態にないので、
遅い時刻でも打ち上げる。
ライブの夜の収め方は課題だ。
そのうち打ち上げをするためにライブを付随的にやるような
逆転現象が起きかねない。

スポンサーサイト


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.