FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST
2019年5月25日土曜日、
札幌市澄川の「モダンタイム」で行われたライブに出演した。

セットリストは次のとおり。
1 世界は発見にあふれてる
2 心配いらないぜ
3 刺激がないとね
4 ほどほどに
5 グッときちゃう(バンドで初披露)
6 LIFE GOES ON


6月から札幌に転勤する状況で、
引越業者が決まったのはライブ当日という
落ち着かない状況ではあったが、
ライブをしたことで逆にモヤモヤやイライラが緩和されたような、
それは一時の逃避なのかもしれないが、
ライブ後は、雲ひとつない夜空のような心持ちで
岩見沢に帰った。

音楽っていいな、プレイヤーでありたい、
お金を使って消費するより、
お金を使って創り出す方が楽しいなど、
改めてそういう気持ちが明確になった気がした。
20190531.jpg
さて、岩見沢からの引越日は6月2日日曜日に決まった。
6月1日、2日は即答で無理という業者もあったが、
何とか確保できた。

新たに住む部屋と引越業者の決定に、
予想以上の時間とエネルギーを要したことで疲れてしまい、
今日現在、荷づくりは全くしていない。
段ボールは確保したが、ひとつも組み立てていない。
明日土曜日に一気にまとめる予定だ。

実は昨日まで、岩見沢を離れることに、
なぜか寂しい感情が湧いてこなかった。
これまで、帯広、留萌、倶知安から離れた時は、
転勤が決まってからずっと寂しさを感じたし、
次の土地に移ってからも、しばらく引きずった。

なぜ岩見沢に寂しさを感じないのか。
その理由のひとつは、札幌に近く、
かつ、札幌との間に、峠を越えるようなハードル的なものや、
景色が全く違う世界になるような変化に乏しいからだろう。

それと、岩見沢をはじめとした空知管内に、
職場以外の知り合いがあまりできなかったことだ。
これが大きい。
帯広、留萌、倶知安では、
音楽活動やラジオ活動などを通じて交流した方が多く、
そういう方々との別れが寂しい気持ちにさせたことを
今になって思い出した。

水路や線路の跡を巡ったり、
炭鉱閉山後のマイナーでナチュラルな廃墟施設を探索したり、
水田の中をクロスバイクで走っていたら、
どこにいるのかわからなくなったりと、
それまで知らなかった空知に深く入り込んだ。
ところが、人との交流が希薄だった。

今日になって寂しい気持ちが訪れた。
やはりやって来た。
やって来て当然だ。
やって来るべきものだ。
やって来なきゃいけない、とさえ思う。
2年間過ごしたのだ。
あの場面、あの景色、あの味を思い出す。

ただ、これまでに比べれば振り幅の小さい2年間だった。
よく捉えれば安定していたし、
悪く捉えれば冒険を控え安住気味になったところもある。

今日で空知での職場勤務は終わった。
多くの人にお世話になった。
来週からあの職場には行かないのかと思うと、
ちょっと取り残されたような気分になり、
疲れも一気にやって来た。

複数回の送別行事によるアルコール・ダメージもあり、
今日も引越作業をしないだろう。
しかしブログは更新した。
この後はもう眠ってしまいそうだ。
私はやるべきことの順番を誤っている。

明日は深刻な状況になっているかもしれない。
しかし切羽詰まると、やることは特定される。
自然に強制されることで作業に集中できる。
そううまくはいかないだろう。


スポンサーサイト


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2019 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.