ADMIN TITLE LIST
Recent entries
2018/06/07 (Thu) 趣味は密やかに
2018/06/05 (Tue) 自己満足という対価
2018/05/25 (Fri) 四捨五入をしたら海
2018/05/21 (Mon) 音楽と人
2018/05/15 (Tue) 水路の街
2018/05/08 (Tue) 一瞬の雲の切れ間に
2018年6月16日土曜日、
札幌市中央区「とまと畑」でのライブに出演した。

セットリストは次のとおり。
1 壊れたままの砂時計
2 さよなら電車
3 あんなに好きだったのに
4 たどり着けない雨の夜
5 傷ついた心の上にも

20180616_01.jpg
この日は、首都圏から来られたericoさんという方が
トリで出演した。
彼女目当てに来店された方々のおかげで、
なかなかのお客さんの入りだった。

erico
さんの歌唱は素晴らしかった。
お客さんを集められる歌だった。
こうした技術やパワーを持っている方のステージでは、
どうやって発声しているのか身体の使い方を観察してしまう。
肩が動かないことや腹部の動きなど、
そうなんだよなぁ、と大いに納得するところがあった。

小さな会場にて近くで見ていなければ気づけないことだ。
youtube
で映像を見たり、ライブ会場で離れた距離から
見ていてはわからない
有り難い機会をいただけた。

彼女のセットリストはバラードが中心だったが、
終盤は、「スタンド・バイ・ミー」と
リトル・リチャードの「Jenny, Jenny」をカバー。
たまーにライブをするだけなのに、
「ロックンロール!!」と殊更に言う中年男や若い男より
よっぽどロックンロールだし、よっぽど突き抜けている。
ロックンロールをできる人のノリを持っている方だ。
自分はまだまだ未熟だし不自由なのだと気づかされた。
20180616_02.jpg

「激しい雨」でのソロ活動においては、
共演した方、お店の方、お客さん、主に45歳以上くらいの方から、
「キヨシロー好きでしょ」、「何かがキヨシローっぽい」などと
言われることがよくある。
ちょっとした歌いまわしや、歌詞のメロディへの乗せ方が
ぼんやりと重なる雰囲気があるようで、私にも自覚はある。

ただ、キヨシローさんの曲はほとんど歌わないし、
というか歌えない。
キヨシローさんの色が濃く、独特のリズム感があるため、
私では気持ちのいいノリを出せないのだ。

ライブの後、少しお酒の入った年上の方から、
「空知のキヨシローだな」と冗談で言われたが、
それはちょっと違うし、世の中のロックファンに失礼だ。
キヨシローさんをリスペクトしているだけであって、
パフォーマンスもスピリットも全く近づけるものではない。

なので私は、その方にこう返した。
「空知のキヨシローだな」
「いえいえいえ、それはもう身に余るというか、
 世間に申し訳ないです。
 僕は、空知のキヨシローというよりは、
 空知のドンファンです」
 

スポンサーサイト


| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2018 トゥナイト今夜もRock Me Baby, All rights reserved.